『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

ブッダ『ネガティブ・ブラックホールを生み出すな。』(超訳)

仏教の開祖 釈迦画像

内省

『ネガティブ・ブラックホール』とは、私が考えた言葉だ。ネガティブ、つまり、悲観的、消極的、反応的な人間は、まるでブラックホールのように、自分も、周りも、その負に引きずり込む。その逆で、『ポジティブ・ビッグバン』というのも私が考えた言葉だが、 ポジティブ、つまり、楽観的、積極的、主体的な人間は、まるでビッグバンのように、無から有を生み出す。

 

このことについては、エジソンと記者とのこのやりとりが、全てを物語っている。

 

記者

どうしてあなたは1万回もの失敗をしたのに、途中で諦めずに、こうして結果を残すことが出来たのですか?

 

 

同じ現象。同じ現象を目の当たりにして、思うことが違うのだ。これがポジティブとネガティブの圧倒的な差である。私は長年このテーマについて実体験で検証してきたが、どうも『ネガティブ』な人間は、『エゴイスト』の傾向が強い。『エゴ(我)』が通ると思っているのだ。そして、当然通らない場合が圧倒的に多い。そしてその都度、(やっぱりダメか)と鬱になり、たまたまうまくいくと(やっぱりこれでいいんだ)と浮つきだす始末。『悪循環』とは、まさにこのことを言うのである。

 

以前書いた『藤木と山田』では、ネガティブ代表の藤木、ポジティブ代表の山田についてまとめたが、まさに彼らの生き様を見ればよくわかるだろう。ネガティブな人間は『ナルシスト』でもあるのだ。だが私はそこに『歪んだ愛情』も深く関係していると思うから、本人だけじゃなく、育ての親や、上司といったあらゆる指導者は、『悪循環』に陥るような方向に、導いてはならない。その為に、たくさんポジティブな経験をさせるのだ。ネガティブな人間に育てることが正解だと、聞いたことがあるだろうか。もし聞いたとしたら、それはただの間違いだ。誰一人得をしない。それどころか、ネガティブな人間は、ときに『有害』ですらある。

 

エジソンのやりとりを見たとき、ネガティブな人間は相変わらずこう思うだろう。

(何が一万回の失敗だよ。同じことじゃねえか。屁理屈にも取れるわ。失敗は失敗だろ。それのどこがポジティブなんだよ。)

 

それに対しポジティブな人間はこう思うだろう。

(そうか。さすがエジソンだ。エジソンが先に、『説明書に載せる一万通りのダメな方法』をやってくれたのだ。これで、他の全ての人間が、彼と同じその『ダメな間違い』をしないで済む。『説明書の余白』を埋めた。

有るはずの無い場所に、道を創った。これが天才・エジソンなのだ。)

 

ネガティブ・ブラックホールであってはならない。ポジティブ・ビッグバンであれ。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

仏典
法句経117。

関連する黄金律

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』

ブッダに関する他の記事

ブッダ(Buddha)とはどんな人物か ブッダ(釈迦)の名言・格言一覧