名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ブッダ『表裏的な人間の罪深さを知れ。』


ブッダの言葉


仏教の開祖 釈迦(画像

 

私のごく身近にも、『迷惑をかけたくない』などというセリフを言って、『出来るだけ努力する』とか、『頑張ってみます』などというNGワードを連発する人間がいる。

 

なぜ『NGワード』かというと、彼のこの言葉には何の魂も込められていないからである。命が込められていない。だから結局、努力をしないで迷惑をかけることになる。

 

最初から(どうせ無理だろうが)と決めてかかっているのだ。それなのに『迷惑をかけたくないので』などと、同情を誘って、頑張っている人、悲劇のヒーローを演じる。

 

こういう人間を『偽善者』という。こういう人間のセリフを『綺麗ごと』という。その言葉自体が『綺麗ごと』なのではない。綺麗ごとというのは、『本当は思っていないのに、上辺を取り繕ってそう言って見せる』という意味だ。

 

これは思っている以上に罪深い。なぜなら関わった人間関係と自分に対する背信行為だからだ。自分を信じない。人を裏切る。そのくせ、出来ている様に、努力している様に振る舞う。いずれ押しつぶされる日が来ると覚悟した方が良い。溜め続けたツケに。

 

まだそこまでは行っていない?それはチマチマと溜めているだけだろう。時間の問題だ。

 

 

参照:経集127

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ブッダ『表裏的な人間の罪深さを知れ。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『そもそも、人と競うな』

 

『優越感と劣等感。この二つは、本当に必要か?自問せよ』

 

『思考を切り替える訓練をせよ。それには人生経験が必要だ。』

 

『”自信”と”過信”の違いを知れ』

 

『本来は、特定の宗教や人への信仰は必要ない。』

 

『逃げても無駄だ。だが、なぜ絶望に浸る必要がある。逃げなければいいだけだ。』

 

『”ある”のは本当に幸せなのだろうか。』

 

『死んだら終わりだ。それは暗い話ではない。だとしたらやるべきことは一つだ。』

 

『この世界に拠り所などない。それを探すのではなく、それを理解することに目を向けるべし。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP