名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ブッダ『”執着”は最大の罪。だが、”執着”の意味を知っているか?』


ブッダの言葉


仏教の開祖 釈迦(画像

 

『ドリームキラー』という言葉がある。意味は文字通り、『夢を壊す者』だ。『夢を見る人間の足を引っ張る者』。悪気の有無は関係ない。そう考えたらこのドリームキラーとは、そこら中にわんさかいることに気が付くだろう。そして意外にもこのドリームキラーは、無意識のうちになっている場合が多いのである。

 

 

まずは親だ。

 

『あの道にしておきなさい』

『この道を歩きなさい』

 

本人は、罪の意識などない。教育のつもりでやっている。 もちろんそれが、本当に『教育』になるときもあるだろう。だが同時に、『罪』になる場合もある。

 

どの『道』を指示したかどうかだ。そこに、本人の意思があったのかどうかも、大きく関係する。子供だけじゃない。教え子、パートナー、部下、ありとあらゆる『教育の対象』が、その対象である。

 

そこにあるのは、『執着』ではないか。自分のその『執着』がなければ、相手はもっと自由に羽ばたかないか。自問するべし。

 

もしかしたらいつの間にか ”鳥かごに入れて大事にしていたつもり”が ”大空に羽ばたく本来の鳥の自由”を、奪っているのかもしれない。その『執着』さえ捨てれば、自分も相手も、真の意味で自由になれるかもしれないのだ。

 

 

参照:法句経345

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人間には聖性と魔性の両面がある。聖性を優位にし、魔性を劣位にする、という闘いこそがジ・ハード(聖戦)なのである。』

 

 

 

ブッダ『”執着”は最大の罪。だが、”執着”の意味を知っているか?』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『ストレスの原因は、その”欲”の正当化かもしれない。』

 

『”執着”は最大の罪。だが、”執着”の意味を知っているか?』

 

『歪んだ愛情は、文字通り人の人格を捻じ曲げる。』

 

『執着には気を付けろ。厳重に警戒せよ。』

 

『依存すれば楽になれる?実際は逆だ。』

 

『根っこと枝の原理を知れば解決する。』

 

『足りないと思う以上は、足りないのだ。』

 

『一切行苦(いっさいぎょうく)。これすなわち、すべての衝動は苦しみの根源であることの悟り。』

 

『諸法無我(しょほうむが)。それすなわち、全ての物は、自分の物ではないという悟りである。』

 

『悩みの根源になっているなら、その好き嫌いに囚われないようにしよう。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP