名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ブッダ『平等に考えよう。公正に考えよう。』


ブッダの言葉


仏教の開祖 釈迦(画像

 

『我他彼此(がたぴし)』とは、物と物とがぶつかり合って慌ただしそうな音を立てるさま。また、その音。あるいは、人間関係や組織の機構などが円滑でないさま、を表す表現である。

 

『この考えは、俺のオリジナルだ』
『これはあの人のアイディアだ。負けたなぁ』
『これはあいつの意見だ。けなしてやろう』

 

とかく人は、自分の人生を有意義にしたいあまりに、他人と比べたがるものだ。それを『社会的比較』というが、その社会的比較によって、人は幸福にもなれば不幸にもなるジレンマを抱えている。

 

例えば10組の家があって、その10組の主人がもらう月給が、みんな同じ50万円だとしたら、皆は、社会的比較によって、幸福になるだろう。また、自分だけ60万円の場合でも、幸福になるだろう。だが、自分だけ30万円の場合は、人はその劣等感を正当化し、表面では気にしないふりをしても、心底では妬み、嫉む気持ちに侵されているだろう。そういうものだ。

 

ここで、『我他彼此(がたぴし)』を思い出そう。そもそも『我他彼此(がたぴし)』とは、違う物と、違う物がぶつかり合うことによる、支障の話である。『我他彼此(がたぴし)』してはいけないのだ。そのためには、自分のことも、他人のことも、同じひとくくりの人間として、公正に見る器の広さを持つべし。

 

かつて、私と一瞬仕事をしたある公認会計士がいたが、彼は、自分の手柄のことで常に頭がいっぱいだった。彼は幾多もの小細工を仕掛け、私の主導権を取ろうとしたが、当然無駄に終わった。

 

だが、向こうは『当然』だとは思っていなかった。むしろ、向こうの思い通りにいくことが、『当然』だと思っていたのだ。その採算を合わせる為、損の穴を埋めるために彼は、私の資産を横領し、逃げた。

 

彼がその後、この真実についてどう歪曲して正当化しているかは知らないし、眼中にもない。ただ一つ言えるのは、『自分の手柄』を考えすぎた彼は決して、幸せそうには見えないのである。

 

私としては、私の方にも責任があるはずだ、と考え、教訓にするしかない。とにかく、我がぶつかり合うのは、人として醜い。在るべき姿ではないのだ。

 

 

参照:経集951

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

ブッダ『平等に考えよう。公正に考えよう。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『自我を支配し、それを”延長”させるな。』

 

『無敵のバリアを手に入れよ。』

 

『幻に浸りたければ、みんなからの評判に耳を傾けよ。』

 

『勝って奢らず、負けて腐らず。』

 

『一人前と一流。その溝は、普通の人では見えない。』

 

『浮ついた自己アピールによって、自分の格を下げるな。』

 

『専門用語でまくしたてる人間は、自分に自信がないことを公言しているようなものである』

 

『人と張り合う虚しさを知れ』

 


広告

 

↑ PAGE TOP