名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ブッダ『負の連鎖を断ち切るのは自分だ、という矜持を持て。』


ブッダの言葉


仏教の開祖 釈迦(画像

 

他人から攻撃されたとき、理不尽な環境に精神を踏みにじられたとき、困難な試練が立ちはだかったとき、自分の心に渦巻くのは、間違いなく、負のエネルギーだ。

 

だが、もしこれが正のエネルギーが生まれるように転換することが出来れば、この世はなんと、生きがいのある人生になるだろう。

 

『他人から攻撃された』とき、

(これは自分の器を決める試練だ。この程度の怒りに感情を支配され、相手の影響を受けてしまうのは、自分がその程度の人間だということだ。

 

彼が一体、どれだけの人間だというのか。歴史に残るような人間でもあるまいし。道を歩けば野良犬が吠えている。それとの違いは、さほどない。哀れな彼のために祈ろう。私が微動だにしないことで、彼の人生にいずれ光がさすのだ。)

 

『理不尽な環境に精神を踏みにじられた』とき、

(こういう状況を経験することは、自分にとって『プラス』だ。自分がこういう経験を知ることで、同じような思いをする人たちに、的確な助言が出来る。

 

『寒さに凍えた者ほど、太陽の暖かさを知る。人生の悩みをくぐった者ほど、命の尊さを知る。』byホイットマン

 

まさにこれは、『教育実習』。自分はその実習を受けた身として、迷える人々に手を差し伸べる責任があるのだ。)

 

『困難な試練が立ちはだかった』とき、

(迷路。迷路ぐらい皆やったことあるだろう。これは、迷路だ。もし迷路で、今までと同じ道を進んでいて行き止まりにぶつかったとき、そこでリタイアする者がいるだろうか?もしいたとしたらそれは、『迷路』をやっている自覚がないだけだ。壁にぶつかったら今までの道を見直せばいい。あるいは、引き返して違う道を探せばいい。それだけのことだ。

 

人生とは、答えのない迷路だ。自分で、納得のいく答えを胸に秘めながら、永遠にゴールのない迷路を歩き続けるのだ。

 

だが、同じ迷路でも『さまよう』人と、『ひた歩く』人に分かれる。

 

後者であれ。

 

どうせ歩き続ける宿命なのだ。自らの足で、ひた歩くべし。)

 

 

参照:法句経5

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


>>続きを見る

 

18.『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人間には聖性と魔性の両面がある。聖性を優位にし、魔性を劣位にする、という闘いこそがジ・ハード(聖戦)なのである。』

 

 

 

ブッダ『負の連鎖を断ち切るのは自分だ、という矜持を持て。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『負の連鎖を断ち切る者が人間を制す。』

 

『自然型であれ。他然型になるな。』

 

『理不尽に支配されるな。逆に、支配するのだ。』

 

『悪口を言われない人はいない。』

 

『見栄とプライドの意味をはき違えるな。』

 

『外ではなく、”内”を観ることができるかどうか、問われている。』

 

『自分を傷つけるのは他人?環境?はたまた運命?…違う。自分自身だ。』

 

『人の態度は自分の心を映した鏡だ』

 


広告

 

↑ PAGE TOP