『後悔したくない方』はこちら

今のカツラはもう人から見破られない?メリットとデメリットを見てみよう

かつらについて教えて!

かつらは昔と異なり自然で、一見してかつらとわかりにくいものへと進化しています。

それでも利用者には一目でかつらであることを見破られてしまうため、更なる進化が望まれます。薄毛を意識してすぐに増毛や育毛を始めれば、周囲に気づかれずに薄毛対策ができるかもしれません。

 

またカツラの数ですが、すでに男性型脱毛症でクリニックに通っていて、発毛の兆しが見えているような状態ならカツラは最低限でも十分な気がするかもしれませんが、実際には1個では相当に困ります。1個をひたすら使い続けるのも不可能ではありませんが、カツラを傷つける結果になりかねないので、スペアを用意しておけば安心です。

 

カツラのメリットは、やはりすぐに薄毛対策ができる点にあるでしょう。フルウィッグであれば、起床後に地毛を整えてそのうえにカツラを被れば、それで薄毛を改善できます。部分カツラであっても、初めのうちはクリップの留め方および位置を決めるのが思う様にいかない場合もあるかもしれません。

 

デメリットは、まず、元からある髪の毛が痛んでしまう点が懸念されます。カツラをクリップで固定する際には、自分の毛に固定しなければいけません。その際にいつも同じ部分にクリップを留めていると、その部分はいつでも引っ張られることになったり、圧力がかかってしまうのです。そうなると、頭皮や髪の毛が痛んでしまう可能性があります。頭皮および髪の毛がダメージを受けると、余計に薄毛が進んでしまうことも考えられるでしょう。

 

「植毛とカツラとどっちがおすすめ?」という疑問があるかもしれませんが、一概には言えません。金銭的な余裕がないならカツラの方が向いていますし、お金や時間をかけてもいいなら植毛の方が向いているといった感じで、明確な正解はないのです。どれくらいのお金を出せるのか、薄毛をすぐに隠さないといけないのか、そもそも薄毛が改善する見込みはあるのか、この辺りとも相談する必要があります。

先生

ただ、2017年末ごろにカツラの人を当てるクイズで、タレントが当てられなかった事例があったよ!進化しているんだね!
親分に任せれば大丈夫っす!

ハニワくん

記事の詳細を見ずに他の関連記事を探す

増毛・発毛が期待できるのは育毛シャンプー?それとも育毛サプリ?育毛シャンプーは男性と女性で違う?抜け毛を減らすためのブラッシングと適切な髪の拭き方・乾かし方は?タオル選びも重要!ハゲはモテない?それは『半分事実』。でも薄毛でもモテる人がいる!ハゲで死にたい…辛い…。あるいは若ハゲでうつ病になる前に読むべき薄毛対策の記事。今のカツラはもう人から見破られない?メリットとデメリットを見てみよう

その他のカラダ系記事を見る

  1. 食事・ダイエット
  2. ワキガ・体臭
  3. 睡眠・不眠症
  4. ニキビ・肌荒れ
  5. 口臭・歯周病
  6. 便秘・デトックス
  7. ストレス・血流
  8. 入浴・冷え
  9. 細菌・ホルモン
  10. その他

遺伝する薄毛

薄毛は、男女問わず受け容れ難い症状であり、ありがたくない現象です。薄毛の原因は、体質的なものから病気まで様々です。髪の毛はホルモンが大きくかかわることは知られていますが、昔から女性ホルモンが少ないと薄毛になり易いと言われています。ヒゲやスネ毛などの体毛が男性ホルモンの影響を受けるのに対して、頭髪は女性ホルモンが関係しています。

 

AGA-男性型脱毛症という言葉を聞いたことがあるでしょうか。薄毛の原因が男性ホルモンが関与しており、遺伝する薄毛なのです。男性型とは言え、男性に限らず女性も遺伝による影響を受けます。遺伝的薄毛は、男性では母方の祖父が薄毛だった場合に遺伝する確率が高くなります。母親の母方と父方双方の祖父が薄毛の場合、薄毛が遺伝する確率は格段に高くなるわけです。女性の場合は父母双方から遺伝しますが、女性ホルモンの働きで薄毛になりにくい傾向が見られます。

 

 

先生

まあ、遺伝しやすいのは男性で、女性はホルモンバランスが原因で薄毛になると言われているね!だけど遺伝率もそう高くはないよ!
なるへそ!

ハニワくん

女性の薄毛の原因

女性にとっては男性以上に薄毛は重大事です。更年期障害前後から髪質が変化していき、ボリュームがなくなります。つむじや分け目あたりの地肌が目立つようになり、老化を意識しないわけにはいかなくなるのです。中高年以上の女性向けのかつらは手ごろな価格で簡単に手に入るため、ある程度の年齢に達した女性は「これは誰もが通る道」と気持ちを切り替えて、薄毛対策を行うようになるのです。

 

しかし、近年女性の薄毛は更年期とは関係なく増加傾向にあると言われています。その原因の一つがダイエットです。毛髪というのはケラチンというたんぱく質でできています。普段の食生活で良質なたんぱく質を摂取しなければ、髪や爪は脆くなり、栄養の偏りから体調不良に悩むようになるのです。栄養失調自律神経を乱れさせ、結果として肌が荒れ、髪が抜けたり白髪になったり、切れ毛が増えたりします。当然免疫力は低下するので、薄毛や抜毛はこれから罹るかも知れない病気へのシグナルと言えるのです。

 

STEP.1
長期間ダイエットをする
STEP.2
体内に栄養が行き渡りにくくなる
頭髪まで栄養が運ばれにくくなる。
STEP.3
ホルモンバランスが崩れる
 
STEP.4
薄毛になる
 

 

先生

ホルモンバランスが崩れるのが更年期ごろなんだけど、プレ更年期と言われる若い世代からでも、崩れがちになってきているんだ!
ふむ!

ハニワくん

薄毛対策としてのかつら

病気にせよ自然の抜毛による薄毛にせよ、なんとかしようと思うのは人情です。なるようになれと開き直るまでには、かなりの年月がかかります。なんとかするにしても先立つものがなければどうすることもできません。真っ先に考えるのが薄くなった部分を隠そうとする手段でしょう。

 

昔と異なり、近年はよくできたかつらが比較的簡単に手に入るので、かつら利用者は薄毛に悩む人だけではありません。オシャレとしても複数のウイッグを利用する女性は多く、かつらは今や身近で費用の掛からない便利グッズとなっています。

 

 

しかしながら、かつらをかぶることで抜け毛に拍車をかけるデメリットもあり、長期間続けることに不安を感じる方も少なくありません。また、かつらをつけ始めたら、生涯つけ続けなければならないかも知れず、抵抗感は否めないでしょう。コスト的にはそれほど高いものではなくても、自分自身の頭髪ということを考えると、出来れば一時的な使用に留めたいと思うのは当然のことです。

 

先生

ウィッグならだれもが気軽につけて楽しんでるよね!エクステとかさ!
たしかに!

ハニワくん

薄毛を隠すかつらの進化

かつらは昔と異なり自然で、一見してかつらとわかりにくいものへと進化しています。それでも利用者には一目でかつらであることを見破られてしまうため、更なる進化が望まれます。薄毛を意識してすぐに増毛や育毛を始めれば、周囲に気づかれずに薄毛対策ができるかもしれません。

 

でも、薄毛になり始めても何も対策をしなければ、どんどん地肌が目立つようになり、周囲からも薄毛と認識されてしまいます。そうなってから増毛や育毛を始めた場合、効果が表れるまで時間がかかるため、長らく周囲の人に薄毛を見られる事なってしまいます。

 

先生

進化はしてるけどね!冒頭でも言ったように、素人の目ではもうわからないレベルまでいっているんだ!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

手軽な増毛の手段

すっかり薄毛になってしまってから急に増毛したのでは周囲に薄毛対策をしたことが分かってしまいます。薄毛が進行するまえに育毛対策をし、効果が表れ定着するまでの間はパウダーやスプレーなどで目立たない様に工夫する事が望まれます。

 

最近はふりかけてスプレーで固めるだけで、自然に薄毛をカバーするグッズが人気です。手軽で、不自然な分け目もないため人知れず薄毛隠しができるのが特徴です。女性の場合も同様で、スプレーするだけで薄くなった分け目やつむじの地肌があっという間に目立たなくなり、しかも髪のボリュームがアップする様な商品が人気です。

 

 

コストパフォーマンスも良いため、薄毛に悩む女性の強い味方となってくれます。髪のボリュームがアップすると、見た目年齢が5歳は若返ることから、エイジング効果も期待できます。薄毛隠しの一時的な対処を続けつつ、本格的な育毛対策を行うことで、ストレスなく増毛を計ることができるのです。

 

薄毛に気づくのは本人よりも、後頭部や頭頂部を目にすることのできる他人であることの方が多いものです。できれば気づかれる前に自分でも時々チェックして、薄毛の兆候を見逃さず誰にも気づかれないうちに薄毛対策をスタートさせましょう。

 

先生

増毛スプレーだったら気軽に使えるからね!一部だけが薄毛になることが多い女性なんかは、結構重宝できるんじゃないかなあ!
たしかに!

ハニワくん

 まとめ✔
  1. 女性の場合は父母双方から遺伝するが、女性ホルモンの働きで薄毛になりにくい。
  2. 女性は更年期障害前後から髪質が変化していき、ボリュームがなくなる。
  3. 近年女性の薄毛は更年期とは関係なく増加傾向にある。
  4. かつらやウィッグは今や身近で費用の掛からない便利グッズ。
  5. かつらをかぶることで抜け毛に拍車をかけるデメリットがある。
  6. まだまだカツラは利用者には一目でカツラであることを見破られてしまう。
  7. 薄毛が進行するまえに育毛対策をし、効果が表れ定着するまでの間はパウダーやスプレーなどで目立たない様に工夫する。
  8. スプレーするだけで薄くなった分け目やつむじの地肌があっという間に目立たなくなり、しかも髪のボリュームがアップする様な商品が人気。

 

必要なカツラの数

髪の毛が薄くなる症状として有名なのが円形脱毛症、AGAとも呼ばれている男性型脱毛症などです。他にもバセドウ病、甲状腺機能低下症なども脱毛の症状が出る場合がある病気ですし、抗がん剤のような薬の影響による脱毛も考えられます。

 

髪の毛が薄くなる、抜け落ちる原因は様々ですが、そのような場面で役立つのがカツラです。カツラの性能も相当に上がっているので、部分的な薄毛でも、全体的な薄毛でもカバーしてくれます。

 

ただ、カツラの価格が高いのは変わっておらず、違和感なく付けられるような質の高いカツラは相当に経済的な負担がかかるのが難点です。1つでも十分に高い以上、薄毛や脱毛に悩まれているなら「カツラって何個必要?」や「スペアの必要性は?」と疑問に思うのも当然ですが、これは状態によって答えが変わります。

 

男性の場合は男性型脱毛症による抜け毛に悩まされている人が多いですが、男性型脱毛症を専門に扱うクリニックも相当に増えました。美容系のクリニックでは男性型脱毛症を扱っているところも多く、そちらに通えば発毛が期待できます。

 

 

すでに男性型脱毛症でクリニックに通っていて、発毛の兆しが見えているような状態ならカツラは最低限でも十分な気がするかもしれませんが、実際には1個では相当に困るのです。1個をひたすら使い続けるのも不可能ではありませんが、カツラを傷つける結果になりかねないので、スペアを用意しておけば安心です。

 

先生

経済的なことはさておき、カツラがあると安心するからね!さらに予備としてスペアがあれば尚のこと安心だね!
たしかに!

ハニワくん

カツラのスペアの必要性は?

実際のところ、薄毛が短期間で回復するケースはさほど多くはなく、短期間で薄毛や脱毛が回復する方が稀です。男性型脱毛症ならクリニックに通うことで一気に回復するケースも多く、軽度の円形脱毛症もストレス解消のような単純なことで治る場合が多いのですが、長引くタイプの症状も珍しくはありません。

 

重度の円形脱毛症、バセドウ病、甲状腺機能低下症などの症状による薄毛、抜け毛の場合は回復するかどうかも不透明です。1年どころか治療まで数年単位が必要なケースも多く、下手をすると一生付き合っていかないといけません。

 

先に書いたように短期間であってもカツラが1個だけでは不安が残るのですから、長期間の使用を前提としているならスペアは購入すべきです。ネットや金具が壊れてカツラが使えなくなることは割とよくあるので、スペアがないと非常に厳しいのです。会社関係であってもプライベートであっても、カツラが壊れたから用事をキャンセルするなんてそうそうできることではありません。

 

 

そのため、何らかの理由でカツラが使えなくなることも想定して、最低でもスペアを1つ用意した方がよいでしょう。カツラを手がけているメーカーからスペアを勧められるなんてことはよくありますが、利益を確保するメーカーの思惑があるのは間違いありません。

 

ただ、全く理由もなしに勧められるわけではなく、1つのカツラを使い続けるのは相当にリスクがあります。まず、急に壊れてしまうといった不測の事態に備えてという意味合いがありますが、それ以外にメンテナンスの面でもスペアは有用です。どれだけクオリティが高いカツラであっても、メンテナンスも何もなしで使い続けるのは非常に厳しいものがあります。

 

カツラの見た目は本物の髪の毛に近づいているので、その状態をキープするためのメンテナンスは欠かせません。頭は汗などが原因で雑菌が繁殖しやすい部位ですから、衛生面を考えてもメンテナンスは必須です。

 

先生

カツラのスペアを買うとメーカー側が喜ぶけど、お客側も喜ぶんだ!Win-Winだね!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

カツラは何個必要?

人間が頭を洗うように、カツラも洗ってあげる必要があり、どうやって乾燥させるかが1つのポイントです。カツラの毛の種類などで最適な乾かし方は異なるのですが、ドライヤーを使えないものも多くあります。そのようなカツラを選んだ場合は自然乾燥させるしかありませんが、夜遅くに帰ってきてカツラを洗うと翌日に安心して使える状態になるかは不透明です。ドライヤーが使えるカツラの場合も温風は基本的には使ってはいけないので、ドライヤーが使えるから問題が解決するとは限りません。

 

やはり、不測の事態であったり日々のメンテナンスのことを考えるなら、スペアのカツラを用意しておいた方がよいでしょう。スペアをいくつ用意すればよいかですが、高いカツラを何個も購入する必要はありません。スペアは1個もあれば十分なので、メーカーが2個以上のスペアの購入を勧めてきた場合は疑ってかかった方が無難です。

 

頭部の多くの髪の毛が薄くなった場合、カツラが複数あれば髪型を割り当てるなんて方法もできますが、費用対効果の面では無駄が大きく現実的ではありません。普通のカツラをセットすれば髪型も整えられるので、スペアは1つあれば十分にローテーションで回していけます。

 

相当に安いカツラもありますが、すでにスペアがある場合に追加で購入するならこのような格安のもので十分です。薄毛の状態によっては全く使えませんが、格安のかつらでも十分に隠せるような場合は追加で購入して試してみるのも良いでしょう。

 

先生

スペアは2個じゃなく、1個あれば十分なんだね!ドライヤーを使ってはいけないのは地肌も一緒だよ!髪の毛は熱に弱いからね!
ほどほどにっすね!

ハニワくん

 まとめ✔
  1. カツラはスペアを用意しておけば安心。
  2. ネットや金具が壊れてカツラが使えなくなることは割とよくあるので、スペアがないと非常に厳しい。
  3. カツラのメンテナンスは必須。人間が頭を洗うように、カツラも洗ってあげる必要があり、どうやって乾燥させるかが1つのポイント。
  4. ドライヤーを使えないものは、自然乾燥させる。
  5. ドライヤーが使えるカツラの場合も温風は基本的には使ってはいけない。
  6. スペアは1個もあれば十分。

 

カツラと植毛の違い

カツラの利点は、やはりすぐに薄毛対策ができる点にあるでしょう。フルウィッグであれば、起床後に地毛を整えてそのうえにカツラを被れば、それで薄毛を改善できます。部分カツラであっても、初めのうちはクリップの留め方および位置を決めるのが思う様にいかない場合もあるかもしれません。

 

それでも、慣れてしまえば1分から2分程度でしたいヘアスタイルにすることができるのです。また、薄毛を対策する費用がかからないという点も、魅力になります。

 

 

育毛剤もしくは薄毛治療薬といったものは、ずっと使い続ける必要があるのが基本です。よって、毎月費用がかかってきます。続けていくとそのお金が負担となってきてくる可能性もありますし、もしかしたら育毛剤の効果が見込めないとも考えられるのです。カツラであれば、購入する時に初期費用は必要になるものの、それからは費用はあまりかかりません。もし長期にわたり薄毛対策をするなら、カツラがコストパフォーマンスに優れているのではないでしょうか。

 

 

先生

カツラは何と言っても簡単だからね!被ったり取り外したりすればいいだけだから、気軽にできるよね!
たしかに!

ハニワくん

カツラのデメリットとはどんな点?

では反対に、カツラのデメリットはどこにあるのかを見てみます。

 

まず、元からある髪の毛が痛んでしまう点が懸念されます。カツラをクリップで固定する際には、自分の毛に固定しなければいけません。その際にいつも同じ部分にクリップを留めていると、その部分はいつでも引っ張られることになったり、圧力がかかってしまうのです。そうなると、頭皮や髪の毛が痛んでしまう可能性があります。頭皮および髪の毛がダメージを受けると、余計に薄毛が進んでしまうことも考えられるでしょう。

 

そして、カツラはメンテナンスやアフターケアといったものが大変な面があります。使用をするのは手軽なのですが、使った後に専用のホルダーにかけておく点や、たまに洗うなどお手入れをする必要があります。頻繁にカツラを使っていたり、しっかりと保管がされていなかったりすると、髪が毛羽立つことやきちんとまとまらなくなってしまう可能性もあるのです。

 

よって、カツラを購入すれば後は何もしなくても良いというわけではなく、定期的にメンテナンスをする必要もあるということです。さらに、カツラには人工頭皮が付いている場合が多く、この頃の製品は通気性も向上しています。

 

 

ただ、いつでも頭に被っているものなので、蒸れもある程度は覚悟をしなくてはいけないものです。特に梅雨時期や夏場だと頭皮が蒸れて痒みが出たり雑菌が繁殖しやすくなるなど、トラブルも発生しやすくなります。蒸れて頭皮環境が悪くなるのは、薄毛も悪化させてしまいかねませんので、注意が必要です。

 

それに、カツラはすぐにでも悩みの種である薄毛の対策ができますし、見た目としても改善できます。しかし、脱いでしまえば元の薄毛のままなのです。カツラは装着している間のみ見た目が改善できるだけであって、根本的には改善されない点は、把握しておくべきです。

 

先生

カツラは取り扱いは簡単なんだけど、一時的だし、メンテナンスとかを考えるとデメリットもあるね!
うーむ!

ハニワくん

植毛は手入れの必要がない点などがメリット!

植毛をする場合のメリットは、メンテナンスやアフターケアをする必要がないという点が挙げられます。植毛なら、移植した毛根がきちんと定着してくれれば、それからは普通のヘアサイクルで髪が成長していくのです。メンテナンスやアフターケアをしなくても大丈夫ですし、自分の髪として扱えるのが魅力です。

 

また、拒絶反応もないのがポイントです。移植をするとなると、拒絶反応が出るのではないかと心配される方もいることでしょう。ただ、自毛植毛であれば自身の毛根を植毛するために、拒絶反応は起きないのです。ドナーの採取の際に傷がついたとしても、技術レベルがアップしていているので、早く治るようになってきています。

 

 

それに、植毛した毛根が定着して自分の髪として生えてくるようになったなら、ヘアスタイルは自由にアレンジができます。カツラの場合ならヘアスタイルを変えたければカツラ自体を替える必要が出てきますので、ヘアスタイルに関してはさほど自由は効かないでしょう。自分の髪でヘアアレンジをしてみたいという方には、植毛がぴったりです。

 

先生

自毛植毛と人工毛植毛があるけど、自毛植毛の方が圧倒的にメリットがあるよ!むしろもう人工毛植毛は時代遅れで、デメリットだらけなんだ!
なるへそ!

ハニワくん

植毛のデメリットは施術費用がかかる点などがある

植毛のデメリットは、施術費用の高さにあります。植毛の施術をするとなると、ドナーを採取したり移植をするなど、かなり繊細な作業が多くあるため、人数や時間もかかるのです。そういったことから、植毛の施術費用はそれなりに高くなると覚悟をしなければいけません。

 

薄毛を改善するためにそこまでお金をかけられるか、という点で躊躇してしまう方もいるかもしれないのです。そして、植毛の施術は一度にできる範囲に制限があるので、患者の方がどの程度薄毛なのか、どれくらい改善したいのかという希望により、手術を1回で終わらせられないケースもあります。手術をする毎に仕事を休まなくてはいけなくなったり、アフターケアも必要になってきますので、時間を取りづらい方には適していないと考えられます。

 

先生

大体50~150万円くらいかかるかな!だけど今は自毛植毛の技術が圧倒的に上がってきていて、素人にはわからないレベルになっているんだ!
うーむ、、なるほど!

ハニワくん

「カツラとどっちがおすすめ?」の問いの答え

不自然さが感じられない自毛植毛ですが、カツラと比べると費用面での負担は非常に重く、気軽に手を出せるものではありません。自毛植毛は全身麻酔が必要なほどに大がかりな手術ではありませんが、それでも手術を積極的に受けたいと思う人はなかなかいないのではないでしょうか。しっかりと麻酔を使用するので注射の時を除けば痛みは感じられないものの、後頭部の頭皮を切り取るという手術内容に拒否反応を示す人が出てもおかしくはありません。

 

また、1回の手術で全てが終わるわけではなく、複数回に分けて移植をするので、手術の恐怖と何回も戦う必要があります。その他のデメリットとしては即効性がない点が挙げられ、植毛に成功したとしても髪の毛が安定して育つまでには時間が必要です。不自然でない見た目になるまでには1年近くの時間が必要なので、それまではどうにか髪の毛の不自然さを隠す必要も出てきます。

 

「植毛とカツラとどっちがおすすめ?」という疑問があるかもしれませんが、一概には言えません。金銭的な余裕がないならカツラの方が向いていますし、お金や時間をかけてもいいなら植毛の方が向いているといった感じで、明確な正解はないのです。どれくらいのお金を出せるのか、薄毛をすぐに隠さないといけないのか、そもそも薄毛が改善する見込みはあるのか、この辺りとも相談する必要があります。間違いなく、今後の人生を左右する一大事なので、じっくりと時間をかけて結論を出してください。

 

先生

だけど2018年、最近になって自毛植毛の技術は進化していると専門家は言っているよ!ということはこれから先もっと良い展開が期待できるかもね!
たしかに!

ハニワくん

 まとめ✔
  1. カツラの利点は、やはりすぐに薄毛対策ができる点。
  2. 育毛剤もしくは薄毛治療薬といったものは、毎月費用がかかる。
  3. カツラのデメリットは元からある髪の毛が痛んでしまう。メンテナンスやアフターケアも大変。
  4. 蒸れもある程度は覚悟する必要がある。
  5. カツラは装着している間のみ見た目が改善できるだけであって、根本的には改善されない。
  6. 植毛のメリットは、メンテナンスやアフターケアをする必要がない。
  7. 自毛植毛であれば自身の毛根を植毛するために、拒絶反応は起きない。
  8. 植毛ならヘアアレンジができる。
  9. 植毛のデメリットは、施術費用の高さ。
  10. 自毛植毛は費用が高く、手術が複数になり、1年近くの時間が必要。

関連記事とSNS

他の関連記事を探す

センブリエキスは本当に頭皮に良いの?期待できる育毛効果についてチャップアップシャンプーはなぜ育毛剤の効果を高めることができるのか?リアップやチャップアップなら増毛・育毛できる?人気の育毛剤の効果とは育毛シャンプーや育毛サプリの育毛効果は?~髪の毛に必要な栄養素~雨上がりの宮迫博之の髪の毛が復活した理由は、AGAクリニックにあり!

SNSでこのカテゴリーの知識を強化する