『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

寺田寅彦『興味があるからやるというよりは、やるから興味ができる場合がどうも多いようである。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

人間が『興味が出て来る』としたら、往々にしてそれは『上手くいった』という『成功体験』を得たのである。スムーズに行ったのだ。つまり、(向いている)と思った。すると俄然、興味が湧いてくる。

 

(何か楽しかったな)

(もしかしたらこの道で食べていけるのか?)

(プロになって有名になるのか?)

 

様々な興味が、湧いてくる。

 

天才の仕組み』の記事内に書いた、『成長の仕組み』を注視してもらいたい。すると、神経伝達繊維『ミエリン』の存在を知るはずである。これが太くなればなるほど、パフォーマンスが上がる。それはごく簡単に、トレーニングをして筋肉を付けたアスリートが、高いパフォーマンスを見せるのと、同じ原理である。

 

トレーニング

 

ここまで考えればもう見えてきたはずである。『やる』と『興味が湧く』。つまり、『やる』と蓄積され、その内『ミエリン』が発達する。すると当然、『成功すること』が増える。そうなってくると、俄然『興味が湧いてくる』のだ。そういうことなのである。

 

また、ウィリアム・ジェームズは言った。

 

そう考えると、この話が『インサイド・アウト』について諭しているということも見えてくる。その逆でアウトサイド・インに依存している人は、『興味があるものでなければ自分とは無関係である』と思ったり、『幸せだから笑う』という外部依存の発想しかできない。見るべきなのは以下の黄金律だ。

 

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』

 

最も重要なのは主体性だということだ。しかし、私は部下に『主体性を持て』という助言を『入社初月』にし、あれから10年の月日が経ったというのに、彼はまだ主体性を持つことができていない。それだけ、主体性を持つことは難しい…と、考えている人があまりにも多く、しかし、それだけそれを自分のものにしたときは、絶大な効果を得られるのである。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』 『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。』 『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。』