『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

ディオゲネス『あなたにそこに立たれると日陰になるからどいてください。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

ソクラテスを師と仰ぐアンティステネスの弟子、ディオゲネス。犬のような生活を送り、樽の中にひた暮らすその様子から『犬のディオゲネス』、『樽のディオゲネス』とも言われていたという。師の教えを守り、物質的快楽を求めず、乞食のような生活をしたディオゲネス。ある日、そんな彼の下に、かのアレクサンドロス三世が尋ねた。ディオゲネスがあいさつに来なかったからだ。

 

大王

何か希望はあるか?

 

するとディオゲネスは言ったのだ。

『あなたにそこに立たれると日陰になるからどいてください。』

 

日陰

 

かのハンニバル、カエサルナポレオンといった歴史上の人物から『大英雄』とみなされ、旧約聖書にも出てくるマケドニアの王、アレクサンドロス大王を前にして、その態度。しかし大王は、その帰り道でこう言ったというのだ。

 

大王

私がもしアレクサンドロスでなければ、ディオゲネスになりたい。

 

ディオゲネスのように無私無欲を追求する生き方は、アレクサンドロスにしてみれば、正反対の人生。仏教の開祖ブッダも『執着は罪』と言ったが、もしかしたら人間は少し欲求を進化させ過ぎて、とっくのとうにその許容範囲を超えてしまったのかもしれない。今もこの世で尚続く幾多の争いが、それを裏打ちしているのかもしれない。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『足るを知る者は富む。足るを知らぬ者は貧しい。』