名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

佐久間象山 名言/格言

佐久間象山

 

佐久間象山とは(画像

日本思想家。生誕1811年。江戸後期の兵学者・思想家である佐久間象山は、1811年に松代藩(今の長野市)で生まれ、のちに江戸で私塾を開いた教育者でもあります。その思想は吉田松陰勝海舟に大きな影響を与え、その他、その後の日本を背負うことになる大勢の人物に影響を与えました。当初は朱子学を学んでいましたが、松代藩主・真田幸貫から洋学研究の担当者に命じられ、兵学をはじめ西洋学問全般に通ずるようになりました。地震予知器、電信実験、ガラスの製造などの業績を残し、ペリーの来航後は開国を主張して、徳川慶喜に公武合体の必要性を訴えました。そのことが尊王攘夷派の反感を買い、1864年京都で暗殺されました。

 

彼の「謗る者は汝の謗るに任せ嗤う者は汝の嗤うに任せん。天公本我を知る。他人の知るを覚めず」という言葉からは、周囲の無理解などものともせず、自分の信じる道を進んだその気概が窺えます。

 

佐久間象山関連の書籍

 

 

 

スポンサーリンク

 

佐久間象山の言葉


 

『良識ある人は間違いがないということを重んじるのではなく、間違いに気付いたならば、その間違いを改めることを重んじるのである。』

 

カテゴリー:知性/知恵

佐久間象山が開いた私塾に吉田松陰、勝海舟らがいたことを考えれば、彼がどれほどの人物か見えてくるだろう。吉田松陰の教え子には桂小五郎、伊藤博文、高杉晋作らがいて、勝海舟の教え子には坂本龍馬らがいた。

>>続きを見る

 

『学問は日々積み重ねられなければならない。一朝一夕で成るものではないことを肝に銘じるべし。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『右から二番目』の高さにまで行かなければ、見えない景色がある。だから、右から三番目までの位置で見えている景色は、あまり信憑性が無いのだ。

>>続きを見る

 

『人間らしくしていては金持ちにはなれぬ。』

 

カテゴリー:お金/資産

私が兼ねてから引っかかっているのは、坂本龍馬と岩崎彌太郎が息をした時代のことで、三菱の創始者である岩崎彌太郎は、その軍資金を『戦争』を利用して捻出した。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP