名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

出光佐三 名言/格言

出光佐三

 

出光佐三とは(画像

日本実業家通称『出光興産の創業者』。出光佐三は、日本の実業家であり石油エンジニア、そして出光興産の創業者として知られています。1885年8月22日生まれで1981年3月7日まで生きました。彼が子どもの頃、神経症と眼病を患ったことにより、読書をするよりも自分の頭で考え抜くという習慣を身につけました。25歳の時に、それまでに丁稚として入社した酒井商店から独立し、出光商会を創業します。

 

出光佐三が残した名言としては、「過去の苦しみを楽しめ」というものがあります。多くの人は昔に戻ってやり直したいと思うところなのですが、彼の場合は若い頃の苦しみが人一倍というレベルではなく、逆に戻りたくないと思えるほどだったそうです。しかしその苦しみがあったからこそ、今ではその時の思いを楽しめるようになったというのですから、並大抵のことではありません。

 

出光佐三関連の書籍

 

 

 

スポンサーリンク

 

出光佐三の言葉


 

『金を軽んじても重んじてもいけない。』

 

カテゴリー:お金/資産

『海賊と呼ばれた男』の主人公として脚光を浴びた出光興産の創業者、出光佐三(いでみつさぞう)。ガソリンスタンドの出光はあまりにも有名。

>>続きを見る

 

『愚痴を止めよ。世界無比の三千年の歴史を見直せ。そして今から建設にかかれ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

壊れてしまったもの、失ってしまったもの、それについては、いかようにでも反応することが出来る。

>>続きを見る

 

『経営の原点は人間尊重です。世の中の中心は人間です。金や物じゃない。』

 

カテゴリー:仕事/経営

その人間というのは、苦労して鍛錬されてはじめて人間になるんです。金や物や組織に引きずられちゃいかん。そういう奴を、僕は金の奴隷、物の奴隷、組織の奴隷と言って攻撃している。

>>続きを見る

 

『本を読まなかったので、自然自分で考えるようになった。本を読んでいたら仕事も人の後を追っかけているようなことが多い。考えて考えて考え抜くことが大事だ。』

 

カテゴリー:自己/精神

本田宗一郎は、『ニュートンなんて二百年以上も昔の学者じゃねえか。そんな古いことを勉強して何になる!』と言ったが、こんな考え方と同じだ。

>>続きを見る

 

『人の頼みがたきを言うは、人その人を得ざりし所以にして、人その人を得れば必ずや好結果を得る。』

 

カテゴリー:知性/知恵

適材適所。人には得手不得手がある。それを考えた時、まず間違いなくその人材をどこに配置すればいいかが、見えて来るはずである。

>>続きを見る

 

『君たち、従業員を何と思っておるのか。店員と会社は一つだ。家計が苦しいからと、家族を追い出すようなことができるか!』

 

カテゴリー:仕事/経営

一見すると立派なことを言っている。胸を打たれるし、心に響く。しかし、実は社員を家族だと言うことは、馬鹿にでもできるのである。

>>続きを見る

 

『法律、組織、機構の奴隷となるな。』

 

カテゴリー:知性/知恵

なぜなら、『法律、組織、機構』といった概念や、『奴隷』の概念は、人間が勝手に作った概念だからである。

>>続きを見る

 

『いま一人静かに考えると、体の弱かったということは不幸せであったが、その反面、非常に自分というものが変わったものにできたと思っている。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

実はこのテーマは、非常に重要なテーマであると私は随分前から考えている。

>>続きを見る

 

『本を読まなかったので自然に自分で考えるようになる。本を読んでいたらかえって何事も人の後を追っかけているようなことが多かったろう。私の考えはそこで生きてくる。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『本を読まなかったので自然自分で考えるようになる。本を読んでいたらかえって何事も人の後を追っかけているようなことが多かったろう。私の考えはそこで生きてくる。人間は学問や理屈以外にも自分を磨く方法がある。』

>>続きを見る

 

『支店長あたりから見ると私のような考えは馬鹿らしく思えるらしい。』

 

カテゴリー:仕事/経営

「世の中は金がなければなんにもできない。どんなことをしても金は儲けたいというのが万人の望みではないか」と言うのだ。それで、支店長と私はいつも喧嘩した。

>>続きを見る

 

『自分に薄く、その余力をもって人のために尽くせ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

例えば、『10』ある配分のうち、『9』を自分が貰うなら、その待遇は厚く、決して薄いものではない。

>>続きを見る

 

『僕がいつも楽観的だと評されるのは、ひとえに苦労のたまものだ。恒心を得たのである。』

 

カテゴリー:知性/知恵

SBIホールディングス社長の北尾吉孝氏は、『海賊と呼ばれた男』の主人公として脚光を浴びた出光興産の創業者、出光佐三(いでみつさぞう)について、こう語った。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP