名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

本田宗一郎 名言/格言

本田宗一郎

 

本田宗一郎とは(画像

日本実業家通称『ホンダ創業者』。1906年11月17日に生まれた本田宗一郎は、日本が世界に誇る本田技研をたった1代で気づきあげた偉大な経営者として知られています。ホンダ自動車は日本だけでなく世界中で愛されていますし、バイク部門では世界的に信頼できるブランドとしてゆるぎない地位を確立しています。彼は優れた教育機関で英才教育を受けたという人物ではなく、地元の小学校を卒業した後は自動車修理工場へ勤務し、その後、のれん分けという形で独立しました。

 

さらにその後、自らの意思で機械や金属についての勉強をして1948年に本田技研を設立します。彼がひとりで世界的な企業へ築き上げたわけではなく、彼の右腕として手腕をふるった藤沢武夫という副社長と二人三脚で、世界に誇るホンダブランドへと成長させたのです。

 

一攫千金を夢見てビジネスの世界で大成功を収めたい人にとってはカリスマ的な存在でもある本田宗一郎は、数々の名言を残しています。「失敗せず問題解決した人と、10回失敗した人の時間が同じなら、私は10回失敗したほうを採用する。失敗することが根性となり、人生の飛躍の土台になるのだから」は、失敗してもあきらめずに前に進むことの大切さを教えてくれますし、「社長なんて偉くもなんともない、盲腸や包丁と同じだよ。命令系統を明確にするためについている記号みたいなものだ」と言う名言は、地位や名誉を手に入れても胡坐をかかずに躍進し続けることが、更なる成長につながることを示唆しているといえます。

 

本田宗一郎関連の書籍

 

 

 

スポンサーリンク

 

本田宗一郎の言葉


 

 

『ニュートンなんて二百年以上も昔の学者じゃねえか。そんな古いことを勉強して何になる!』

 

カテゴリー:知性/知恵

本田の挑戦にはよく無謀と言えるものがあったが、本田にとっては、それは『無謀』ではなく、あくまでも『挑戦』にすぎない。あるときニュートン力学を持ち出して反対してきた者をこう怒鳴りつけた。

>>続きを見る

 

『人間は納得しなければ動かない。納得させるには哲学が必要だ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

本田は言った。『人間は納得しなければ動かない。納得させるには哲学が必要だ。上に立つ者は、誰が効いても『なるほどそうだ』と納得する哲学を持っていなければ、何万人という社員を引っ張っていくことはできない。』

>>続きを見る

 

『人生でも、企業でも、一度貧乏とか不況とかを立派にくぐり抜いてきたものなら、そいつはどこまでも信用できる。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

本田宗一郎のこの言葉を聞いた後、電力王、松永安左エ門のこの言葉を聞くとどうだろうか。『実業人が実業人として完成する為には、三つの段階を通らぬとダメだ。第一は長い闘病生活、第二は長い浪人生活、第三は長い投獄生活である。このうちの一つくらいは通らないと、実業人のはしくれにもならない。』

>>続きを見る

 

『進歩とは反省の厳しさに正比例する。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

例えば『迷路』だ。行き止まりになると、最初からやり直しになる迷路があるとする。当然、ほとんどの場合で、まずは行き止まりを経験する。やり直しになる。

>>続きを見る

 

『割り切れないのが人生なんです。だったら割り切れないことをするのがいいんだな。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

合理的に世の中を考えていく人間は、確かにとても賢い。不正、不祥事、トラブル、失敗、過ち、計算ミス、これらの問題が起こることを食い止めることが出来る。それが合理的な人間が見せる、実力である。

>>続きを見る

 

『苦しい時もある。夜眠れぬこともあるだろう。どうしても壁がつき破れなくて、俺はダメな人間だと劣等感にさいなまれるかもしれない。私自身、その繰り返しだった。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

しかし、屈しなかったのだ。たったそれだけのことなのである。現代の経営の神、稲森和夫は言った。『成功する人としない人との差は紙一重。』

>>続きを見る

 

『すぐれたジョークは、すぐれたアイデアに通じる。』

 

カテゴリー:知性/知恵

それはそうだ。何しろ『優れた』ということは『秀でている』ということで、『群を抜く』という意味で、そして『ずば抜けて』いる。『ジョーク』とは、『ユニーク(独自性、個性)』であり、『奇抜』であり『アイディア』そのものだ。

>>続きを見る

 

『長い目で見れば人生にはムダがない。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

その時期は『無駄だ』と思っていても、後になれば『無駄ではなかった』ということは往々にしてある。なにしろ、『その時期』と言っている時点で『過去』なわけだが、過去というものは、基本的に『未熟』である。

>>続きを見る

 

『多くの人は皆、成功を夢見、望んでいますが、私は『成功は、99パーセントの失敗に与えられた1パーセントだ』と思っています。』

 

カテゴリー:知性/知恵

開拓者精神によって自ら新しい世界に挑み、失敗、反省、勇気という3つの道具を繰り返して使うことによってのみ、最後の成功という結果に達することができると私は信じています。』

>>続きを見る

 

『新しいことをやれば、必ず、しくじる。腹が立つ。だから、寝る時間、食う時間を削って、何度も何度もやる。来年も最高のエンジンを作ってやる。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

そういう気概が無ければ、未踏未達の道など開拓できない。アメリカの元大統領、リチャード・ニクソンは言う。『人間は負けたら終わりなのではない。辞めたら終わりなのだ。』

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP