名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

ガンジー『沈む夕陽の素晴らしさや月の美しさに見とれるたびに、私の魂はますます神を崇めるようになります。』

ガンジー


インド宗教家 ガンジー画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!


 

 

考察


ロシアを代表する文豪作家、アルツィバーシェフは言った。

『それ自体の不幸なんてない。自ら不幸を思うから不幸になるのだ。』

 

詳しくはここに書いたが、こういう言葉がある。

 

『刑務所の鉄格子の間から、ふたりの男が外を見た。

 

ひとりは泥を眺め、ひとりは星を眺めた。』

 

自分は友達がいなくて。かわいそう?

 

自分は苦しい生活を強いられ、惨めだ?

 

自分は整わない環境で育って、哀れだ?

 

全く、『反吐』が出る。いや、『ヘドロ』が出る。そして、そんな私にも『ヘドロ』か『星』かを見る選択肢があるのだ。

 

気持ちは痛いほどよくわかる。むしろ、『痛い』からこそ、私は厳しい口調でそう言い捨てるのだ。かつて、私も『泥』ばかり見ていた。だが、『星』があることに、気づいたのだ。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア


 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

18.『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『絶望などない。あるのは希望だけだ。』

 

 

黄金律

『『不幸』などない。あるのは、目の前で淡々と起きている現象に反応する、人間の心である。』

 

 

黄金律

『希望は貧者のパンである。そして、絶望は貧者のカビである。』

 

 

 

 

ガンジー『沈む夕陽の素晴らしさや月の美しさに見とれるたびに、私の魂はますます神を崇めるようになります。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

ガンジー関連の書籍

 

同じ人物の名言


『私にはクリスマスのお祭り騒ぎが以前からどうしても受け入れられない。それはイエスの生涯や教えに全くそぐわないように思える。』

 

『いかなることがあっても、暴力に訴えてはなりません。抵抗せず、ただ打たれてください。』

 

『無暴力とは、悪を行う人間の意志におとなしく服従することではなく、暴力者の意志に対して全霊を投げうつことである。』

 

『君が考えること、語ること、すること、その3つが調和しているとき、そのときこそ幸福はきみのものだ。』

 

『世界に変化を望むのであれば、みずからが変化となれ。』

 

『明日はもう政府はないと思いなさい。そのとき、あなた自身が政府となるのだ。』

 

『理想に近づこうと努力すればするほど、理想は遠ざかっていく。』

 

『自分から負けに屈してしまわない限り、それは負けではないのだから、もがくことはみっともないことではない。』

 

『私たちのように未完成な人間に、何もかも完璧にこなせるわけがない。私たちにできるのは、その時その時の妥協点を探ることである。』

 

『自然は時に残酷な暴力となって、人々に降りかかる。けれどもあらゆる出来事には意味があると考えるなら、私たちは自然の猛威さえからも、目をさらさずに何かを学び、救いの道を探るべきではないだろうか。』

 

『あらゆる改革は、不満を抱くことから始まった。いままで当たり前のように受け入れられていたものを、嫌悪するようになったとき、人は初めてそれを捨てることができる。』

 

『人は何度でも立ち上がる。立ち上がっては倒れ、立ち上がっては倒れ、その足元はおぼつかないかもしれない。けれども、立ち上がったことは、一生忘れることのない、かけがえのない記憶となる。』

 

『あらゆる執着からの自由とは神を真理として現実化させることである。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP