名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

錦織圭『やりたいプレーと勝つプレーが違うので、今、自分と闘っています。』

錦織圭


日本プロテニスプレイヤー 錦織圭画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『やりたいプレイ』はエゴだ。『勝つプレイ』はそれとはまた違う次元のものである。例えば私は、スポーツが好きだが、ある一定のラインまで進むと、『苦手』だった。どういうことかというと、身体を動かして、自分の好きなようにプレイするのは好きなのだが、それで相手と対戦して、勝利するということになると、また勝手が変わってくるのである。

 

例えば、反則プレイすれすれの行動を取ってくる選手がいるわけだ。そういう時、極端な性格の私は、相手をぶんなぐって喧嘩にした方が早いと考え、それをしないなら、スポーツマンシップに則って、一切そういうことのないようにプレイしたい。

 

しかし、強引に攻めて来る人間は多く、あるいは、自分とは違う思想を持っている選手とぶつかるとき、相手とのその勢いとのずれにたじろぎ、(そこまでして勝とうとは思わないなあ)などと、一歩引いてしまった自分がいたのである。サッカーでもバスケでも、どんなスポーツでもそうだ。

 

 

従って、スポーツ自体は身体を動かすことが好きなので好きなのだが、どうも『勝敗を決めるときに動く人間心理』が苦手らしい。(そこまでして勝つことに、何か意味でもあるのか)という気持ちに支配されてしまうのである。

 

それはおそらく、幼少期の頃のトラウマが影響しているかもしれない。幼少期、私は父親に理不尽に投げ飛ばされた。恐らく、状況を後で冷静に考えると、父親の、単なる子供達に対する威厳の誇示だった。

 

しかもそれについて謝罪すらせず、『死ね!』と言ってしまった私も私だが、しかし10歳にも満たない私を理不尽に投げ飛ばし、その言葉の意味も理解していない私に対し、『死ねとは何だ!』と言って、更に力づくで押し付けたことは、私の心に深い深い傷を与えたわけである。以来私は、(そんなことまでして勝つことに、何か意味でもあるのか)と思うようになったということだ。

 

従って、私はスポーツに対してもそういう考え方になった。だから、そういう相手の人間心理が介入しない、剣道やボクシングなら、私はどこまでも追求できる感覚があった。

 

ただし、そういう一人のスポーツでも、相手と対戦するときがくる。そんな時には、やはり『やりたいように動く』だけでは、『勝ちを狙いに来ている』相手には、勝てない。

 

だが、ここが例によって私らしいのだが、ある剣道の練習試合でも、私は『勝ち』にこだわることが出来ず、引き分けになってしまった。気迫では間違いなく勝っていたのは自分でわかったが、一本を入れられなかったのだ。

 

その剣道の試合で、9年の経験を持つベテランが味方にいたのだが、その大将は、私のように気迫を丸出しにしているわけではなかった。しかし、相手に一本も取らせないし、軽やかに一本を決めて、確実に勝利を収めた。

 

彼のおかげで、我がチームは準優勝することができ、彼自体で考えるなら、彼は誰にも負けていなかった。

 

 

自分は、スポーツや格闘技を通して、『相手に勝ちたい』と思う気持ちはあまりない。だが、『負けたくない』と思う気持ちはあり、たとえ試合では負けても、(まだ俺は死んでないぞ)ということで、心では負けを認めていないところがある。

 

それはおそらく、幼少期の経験も影響していて、『勝ち負けにこだわる人間の姿は、無様である』という刷り込みのせいなのだ。従って、今も私はボクシングの練習をし、トレーニングを欠かしていないが、そのどれもが独学であり独自のもの。自分のやりたいようにやり続けている。

 

従って、私は剣道やボクシングの試合に出ても、中途半端な位置までにしか行けないだろう。それは私が、勝ちにこだわっておらず、その道で生きていく覚悟もなく、『勝つプレイ』を自分のものとしていないからだ。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア


 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『『絶対』などない。だが、『それでも絶対にやってやる』という気持ちだけが、未来を切り開くのだ。』

 

 

黄金律

『『運気に期待する』のではない。『気運を呼び込む』のだ。』

 

 

黄金律

『結果が出るまで『続ける』のではない。結果が出るまで『最適化する』のだ。そこにある差は、まるで『紙ヒコーキとセスナ』である。』

 

黄金律

『危機が完全に去ることを待つのではない。この一生を悔いの無いように航海するのだ。 』

 

 

 

『結果が出るまで『続ける』のではない。結果が出るまで『最適化する』のだ。そこにある差は、まるで『紙ヒコーキとセスナ』である。』

 

 

 

錦織圭『やりたいプレーと勝つプレーが違うので、今、自分と闘っています。』


スポンサーリンク

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

錦織圭関連の書籍

 

同じ人物の名言


『勝つのもいいけど、すっぱり負けるのも悪くないよ。』

 

『前に勝ったことは自信になるが、その時よりも、今回の方が、より勝てる可能性は広がっている。』

 

『少しずつ目標を高いところにおいて、徐々に上がっていければいいんじゃないかと思います。』

 

『まずは目の前のボールだけ集中する。一瞬一瞬、自分にやれることをやろうと考えて。』

 

『試合に勝つだけじゃなくて、どうにかしてテニスを楽しもうと自分でもしてるんだろうと思います。言葉で説明するのはたぶん無理ですね。』

 

『ネットの向こう側に誰がいようと気にしない。』

 

『格好悪くても、勝つことが一番大事。』

 

『自分で天才って感じることはないです。そんなにすごい人間だとは思っていないので。』

 

『ライバルや各上の相手を尊敬し過ぎるなと言われたのを覚えています。』

 

『体力をなるべく使わないことが優勝へのカギ。』

 

『本番のゲームでしか体験できないことがある。そして、それを体験することが自分をより高めることになるんです。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP