名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

ニーチェ『天国には興味深い人たちが一人もいない。』

ニーチェ


ドイツ哲学者 ニーチェ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!


 

 

考察


この言葉はいろいろと問題がある。まず、『天国』など、ない。そしてニーチェは天国で有名なキリスト教が大嫌いだ。

 

また、『天国にいる人』というが、死んだ人を『人』と数えるあたり、あまり信憑性がなくなってくる。ニーチェがこのような、非科学的で根拠のない話をするかどうか、という話だ。恐らく高い確率でしないだろう。それなのに、している。

 

ということは見えてくるのは、この言葉は『天国』を含めた宗教的な発想をする人間に対する、皮肉であり、揶揄であり、批判であるという考え方である。それに言葉にも『興味深い人たちが一人もいない』とあるし、どちらにせよ、その方向、その方向にいる人間に対して否定的な考えが垣間見えてくる。

 

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサードリンク

     

    ニーチェの言葉を自分のものにする



    違う解釈で考えてみる。では、『地獄』はどうなのか。言われているのは天国だけだから、地獄に対しては否定していないわけだ。しかし、地獄も存在しない。鬼がいて、ということにはならない。それがニーチェがいた国でそういう地獄が想像されていたということはないだろう。

     

    だとしたらこれは、『死んだ人には興味がない』ということなのか。幾多もの偉人たちがいて、ニーチェ自身ショーペン・ハウエルらにひどく影響を受け、尊敬する人間はたくさんいたはずだ。それなのに、『死んだ途端に興味がなくなる』という、あまりにも現実的過ぎるニーチェの考え方から生まれた言葉なのか。

     

    あるいは、天国だろうと地獄だろうと、現世だろうと、自分という存在はこの世に一つだけしかないのだから、自分が最も興味を持つべきなのは、あらゆる世界において自分たった一人だけ、という、『天上天下唯我独尊』を意識した言葉なのか。

     

    それとも、人々が『天国』と指定する場所にいる『想像された人物』の、非合理的でイカサマっぽい神格化された実体のない妄想に、まったく興味が持てないし、持つ必要もない、という、私と同じような考え方から生まれた言葉なのか。

     

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア


     

    スポンサーリンク

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    6.『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。

    孤独な時間を『孤高の時間』に昇華させることが出来るかどうかだ。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『私が『神』という言葉を抵抗なく使えるようになったのは、その言葉自体に何の意味も無いことを理解したからだ。』

     

    黄金律

    『神の偶像崇拝が禁止されている、唯一とされているのは、神が人間ではなく、見えるものでもなく、真理だからであり、真理が2つあっていいわけがないからだ。』

    黄金律

    『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

     

    黄金律

    『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

     

    黄金律

    『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

     

     

     

    ニーチェ『天国には興味深い人たちが一人もいない。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    ニーチェ関連の書籍

     

    同じ人物の名言


    『あなたがたの実力以上に有徳であろうとするな。できそうもないことをおのれに要求するな。』

     

    『自己の思想を氷の上へおくことを心得ていたい人は、論争の熱の中へ身を投じてはいけない。』

     

    『芸術…芸術こそ至上である!それは生きることを可能ならしめる偉大なもの、生への偉大な誘惑者、生の大きな刺激である。』

     

    『苦しみをともにするのではなく、喜びをともにすることが友人をつくる。』

     

    『血と格言をもって書く者は、読まれることを望まず、暗誦されることを欲する。』

     

    『論争に応ずる場合には、双方にとっていちばん不愉快なやり口は、立腹して黙っていることである。』

     

    『道徳的理想の勝利は、他のいずれの勝利と同じく、「非道徳的」手段によって、つまり暴力・虚言・誹謗・不正によってえられる。』

     

    『考え過ぎたことはすべて問題になる。』

     

    『男が本当に好きなものは二つ。危険と遊びである。そしてまた、男は女を愛するが、それは遊びのなかで最も危険なものであるからだ。』

     

    『経験は、経験に対する欲望のように消えることはない。私たちは経験を積む間は、自らを探求しようとしてはいけない。』

     



    広告

     

    ↑ PAGE TOP