名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

ニーチェ『苦しみをともにするのではなく、喜びをともにすることが友人をつくる。』

ニーチェ


ドイツ哲学者 ニーチェ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


違和感を覚える。妙だ。偉人の言葉を6000ほど向き合って内省してきた私が、この言葉に違和感を覚えている。ニーチェは一体どういうつもりでこの言葉を言ったのだろうか。

 

恐らく、短絡的に考えてしまえば、読んで字の如くだ。しかし、これはおそらく『風刺』であり、『揶揄』である。『風刺』というのは、機知に富んだ皮肉だ。

 

(それがまかり通っているが、本当にそうなのかね)

 

という、投げかけである。

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサードリンク

     

    ニーチェの言葉を自分のものにする



    まず考えたいのは、高杉晋作のこうした言葉や、

    『友人の信頼の度合いは人の死や緊急事態、困難の状況の時に分かる。』

     

    小林多喜二のこの言葉だ。

    『困難な情勢になってはじめて誰が敵か、誰が味方顔をしていたか、そして誰が本当の味方だったかわかるものだ。』

     

    また、ニーチェはこうも言ったわけだが、

    『もし君が悩む友を持っているなら、君は彼の悩みに対して安息の場所となれ。だが、いうならば、堅い寝床、戦陣用の寝床となれ。そうであってこそ君は彼に最も役立つものとなるだろう。』

     

    だとしたらやはり、見えてくるのは、『喜びや、快楽、楽しみを共有することはた易い。人間関係が脆弱なものでも、それを共有することが出来る。

     

     

    だが、哀しみや、苦痛、負荷を共有することは、困難だ。固い絆で結ばれた人間関係がなければ、それを共有することは出来ない。』

     

    という見解であり、ニーチェのこの『喜びをともにすることが友人をつくる』という言葉は、違和感を覚えざるを得ない。

     

    だとしたら、間違っているのは『蔓延している友人という概念』である。つまり、『多くの人間が認知している友人というものは、所詮その程度のものだ。苦しい状況になった時、さっと逃げる。そういう脆弱なものなのだ。』という、揶揄たる皮肉である。

     

    『中国古典』の教え』の『史記』にはこうある。

     

    -----------▼

     

    『地位が上がったり下がったりすることによって、付き合いの深さが良くわかる』

     

    こちらが調子のいい時は放っておいても人は集まるが、落ち目になると、さっと去っていく。遥か昔から今において、変わることのない愚かな習性である。

     

    (中略)

     

    『だが、初めからそれが人情だと心得ていれば人が寄ってきたからといって喜ぶこともないし、去っていったからといって嘆くこともないのである。』

     

    -------------▲

    人間のいう『友人』など、所詮その程度のものだ。だが、最初から『それが人間というものである』と理解していれば、裏切られたとき、大きな挫折を味わうことはないだろう。

     

    美輪明宏は言った。

    『信用したり期待しなければ裏切られることもないのです。それを頭に入れておくと、意外と対人関係は楽になります。』

     

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア


     

    スポンサーリンク

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    22.『本当の友人とは。

    真の友人は『失意時代』にわかる。『得意時代』に群がる人間を過信するな。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『なぜ必要以上の化粧をしている。なぜ人目を気にしておどけているのだ。ピエロのパラドクスを知れ。』

     

     

     

     

    ニーチェ『苦しみをともにするのではなく、喜びをともにすることが友人をつくる。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    ニーチェ関連の書籍

     

    同じ人物の名言


    『人は常に前へだけは進めない。引き潮あり、差し潮がある。』

     

    『人は自分の認識を他人に伝えると、もはやその認識を前ほどには愛さなくなる。』

     

    『孤独な者よ、君は創造者の道を行く。』

     

    『若者を確実に堕落させる方法がある。違う思想を持つ者よりも同じ思想を持つ者を尊重するように指導することである。』

     

    『死後に生まれる人もいる。』

     

    『本当の世界は想像よりもはるかに小さい。』

     

    『いつか空の飛び方を知りたいと思っている者は、 まず立ちあがり、歩き、走り、登り、踊ることを学ばなければならない。』

     

    『天国には興味深い人たちが一人もいない。』

     

    『考え過ぎたことはすべて問題になる。』

     

    『男が本当に好きなものは二つ。危険と遊びである。そしてまた、男は女を愛するが、それは遊びのなかで最も危険なものであるからだ。』

     

    『経験は、経験に対する欲望のように消えることはない。私たちは経験を積む間は、自らを探求しようとしてはいけない。』

     



    広告

     

    ↑ PAGE TOP