名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

ニーチェ『もし君が悩む友を持っているなら、君は彼の悩みに対して安息の場所となれ。だが、いうならば、堅い寝床、戦陣用の寝床となれ。そうであってこそ君は彼に最も役立つものとなるだろう。』

ニーチェ


ドイツ哲学者 ニーチェ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!


 

 

考察


『友人』といっても、振り分けがあるということだ。

 

悪友、セフレ、知り合い、顔見知り、 幼馴染、親友、戦友、盟友。

 

ニーチェが言うのは、その『友』についてどう在るべきかということ。相手のことが大事なら大事であるほど、慣れ合いや、傷のなめ合い等、軽率な人間関係に甘んじてはならない。

 

『安息の場所』という言葉を思慮浅い人間が読み解くと、『安息』というぐらいだから、さしずめ『ベッドの上』や『ぬるま湯』の居心地を思い浮かべてしまう。

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサーリンク

     

    ニーチェの言葉を自分のものにする



    ニーチェの言葉は、『だが』と後に続いている。『堅い寝床』でなければならない。 つまり、『ふわふわとした快楽に包まれるベッドの上』ではなく、『居心地が良くて何もやる気が起きないぬるま湯の中』でもない。 むしろ、『堅い寝床』は『居心地は悪い』だろう。

     

    『居心地のよさ』を提供する、つまり『慣れ合い』を共有するのが『友人』だと思うなら、思慮不足だ。向上心のある人間にとって『安息の場所』とは、決してそういう『ぬるま湯』ではない。

     

    不撓不屈をモットーに人生という登山を続ける最中、ふと人生の試練に直面して、休憩しているときに周りを見渡す。その時に、『友』が数年前と同じ顔つきで、同じ元気で、登山をしているのを見る。するとどう思うだろうか。

     

    (あいつはまだまだ衰えていないな。俺も休んでる暇なんてない。)

     

    と安堵して、元気を貰えるのではないだろうか。彼にとってその『友』は、一種の心の支えであり、彼の人生があるところは、『安息の場所』である。

     

    以前私の人間関係は『悪友』ばかりだった。その責任は全て私にある。『悪友』を『盟友』に昇華させる努力を怠っていたのは私だからだ。『悪友』たちは、私を好んでいた。だが、好んでいたのは『私』というより、『皆を楽しませる私が演じるピエロ』だった。私は、本来の私の本性を抑えてまで、その『悪友』と一緒に居ようとしていた。家庭内でいろいろあったからだ。

     

    時が経ち、問題の解決法が徐々に明らかになり、あるいは成長し、人生の余暇時間を考えたとき、私は『ピエロ』、つまり『本性を隠しておどけてみせる存在』の卒業を覚悟した。

     

    するとどうだろう。『悪友』たちは、こぞって私を敬遠しだすではないか!彼らのその態度からは、こういうメッセージが発せられていた。

     

    (お前の本性なんていいから、またピエロになって楽しませてくれ!)

     

    以来私は、『友』がどう在るべきかを、真剣に考えたのだ。またある『悪友』は、うちの会社に入ったが、辞めた。その理由が、顕在的には違う理由だが、潜在的にはこうだった。

     

    (俺が求めていたのは、こんな『堅い寝床』じゃなくて、あの頃のような『快楽のベッドの上』だった。こういうのは耐えられない。)

     

    これも、私が最初から、『悪友』を育てることを助長するように、『ピエロ』となって彼らと接していた責任である。

     

    『親友(しんゆう)』とは、『心友(しんゆう)』であり、『真友(しんゆう)』でなくてはならない。

     

    『真友』とは、相手にとって刺激的な存在でなければならない。『言い返されることを恐れ』、相手にとって都合の悪いことを言わない。これでは、相手のことを思っていない。自分のことを思っている。相手のことを思っているなら、例え理不尽に言い返されても、相手にとって一番ふさわしい言葉を言えるはずだ。

     

    言い返されるのが嫌、人間関係が崩れるのが嫌、つまり、そのことによってストレス、つまり自分の人生の負担が増えるのが嫌、そう思っているなら、あなたに『真友』はいないのである。

     

    『心友』、つまり、表面でどうなろうと、『相手の心にどれだけの言葉を残せるか』。それが『友』に課せられた、使命である。

     

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア


     

    スポンサーリンク

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    22.『本当の友人とは。

    真の友人は『失意時代』にわかる。『得意時代』に群がる人間を過信するな。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『なぜ必要以上の化粧をしている。なぜ人目を気にしておどけているのだ。ピエロのパラドクスを知れ。』

     

     

     

     

    ニーチェ『もし君が悩む友を持っているなら、君は彼の悩みに対して安息の場所となれ。だが、いうならば、堅い寝床、戦陣用の寝床となれ。そうであってこそ君は彼に最も役立つものとなるだろう。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    ニーチェ関連の書籍

     

    同じ人物の名言


    『孤独を味わうことで、人は自分に厳しく、他人に優しくなれる。いずれにせよ、人格が磨かれる。』

     

    『そうかね。』

     

    『怪物と戦う者は、その際自分が怪物にならぬように気をつけるがいい。長い間、深淵をのぞきこんでいると、深淵もまた、君をのぞきこむ。』

     

    『人間が神のしくじりにすぎないのか、神が人間のしくじりにすぎないのか。』

     

    『笑いとは、地球上で一番苦しんでいる動物が発明したものである。』

     

    『地球は皮膚を持っている。そしてその皮膚はさまざまな病気を持っている。その病気の一つが人間である。』

     

    『消化ということには、健康上一種の怠惰が必要である。およそ体験を消化するにもやはり同じ事だ。 』

     

    『孤独のなかでは、人がそのなかへ持ち込んだものが成長する。』

     

    『人々がいつでも、正直なことをいうのはなぜか。神が嘘を禁じたからではない。それは、嘘をつかないほうが気が楽だからである。』

     

    『脱皮できない蛇は滅びる。意見を脱皮してゆくことを妨げられた精神も同じことである。』

     

    『信念は嘘よりも危険な真理の敵である。』

     

    『毎日少なくとも一回、なにか小さなことを断念しなければ、毎日は下手に使われ、翌日も無駄になるおそれがある。』

     

    『愛せなければ通過せよ。』

     



    広告

     

    ↑ PAGE TOP