名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

鈴木敏文『流れに乗って、変化を先取りしていくことが重要だ。』

鈴木敏文


日本実業家 鈴木敏文画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


こう簡単に言うが、これが簡単に出来る人間は少ない。何しろ、いたら『成功』しているからだ。私はあまり成功という言葉が好きではないが、お金を手に入れるだとか、生活を確立させるとか、ゴールテープを切るとか、ダイエットするだとか、とにかくこの世を生きていると『成功(達成)』しなければならない問題があって、それを達成すれば『成功』になるのだから、だとしたらその言葉を使わなければならない。

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサードリンク

     

    鈴木敏文の言葉を自分のものにする



    しかし、ここでいう『成功者』とは、『パレートの法則』で言えば、20%だ。『流れに乗る』、それだけではなく『変化を先取りする』ことが出来る者など、まさに限られた人間だけである。それをサラッと言う鈴木敏文の意識には、完全に成功者意識が染みついているだろう。

     

    小津安二郎は言った。

    『どうでもよいことは流行に従い、重大なことは道徳に従い、芸術のことは自分に従う。』

     

    流れに乗り、変化を追うことに屈辱を覚える人間もいるだろう。(なぜ俺が周りに合わせなければいけないんだ)という感情が湧き上がる人は、自尊心が高い人間だ。

     

    しかし、小津安二郎の言うように、そのことに対する心を整えることで、見えて来るものがある。別に、流行に合わせ、流れに乗ったところで、自分の本質は失われないのだ。

     

    そこまで整ったら、後はドンドン追うだけだ。そうすればまるで、『透明の龍』の背に乗って、縦横無尽にこの世の荒波を駆け巡るイメージで、大きなうねりを捻出することが出来るはずだ。自分を曲げられない人ほど、龍の扱いは上手い。



     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    スポンサーリンク

     

    著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

     

    『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    32.『流動変化が避けられないことを知っているかどうかは、人間の運命を大きく変える。

    流動変化するこの世の真理を知り、それに最適化し続けよ。


    >>続きを見る

     

    33.『前進あるのみ。それ以外は後退だ。

    停滞は後退。人は生まれた時から老化していて、この世は流動変化している。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『流行という、透明なドラゴンのフレア。』

     

     

     

    鈴木敏文『流れに乗って、変化を先取りしていくことが重要だ。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    同じ人物の名言


    『市場の空白地帯を探り続ける。顧客から変わらぬ支持を得るには、その努力が不可欠なのです。』

     

    『顧客に新しいものを提供する。私の頭のなかにあるのは常にそのテーマです。』

     

    『みんながやるのを見てから始めるのでは遅すぎる。』

     

    『売り手はとかく、「競争相手に負けない商品をつくる」といった発想をしてしまいがちです。しかし、それを買う顧客にとっては、何の意味もありません。』

     

    『逆に自分たちは負けていると思って差を埋めることばかりに汲々とすると、ものまねに陥ります。いずれも顧客は離れていきます。』

     

    『消費者と向き合う仕事において忘れてならないのは、今は価格ではなく、質を競争する時代に入ったことです。』

     

    『石垣のように、基礎からきちっと積み上げているからこそ、上質さと手軽さを両立させた商品を投入し、新たな需要を掘り起こすことができるのです。』

     

    『顧客は常に新しいものを求める。これはわかりきったことのようにも思えます。でも我々は、いったん売り手の側に回ると、顧客の心理を忘れて、過去の経験をもとに同じことを繰り返してしまう。』

     

    『トレードオフというと「二者択一」と訳され、どちらか一方をとり、 もう一方は切り捨てるというとらえ方が多いようですが、これは正しい理解ではありません。』

     

    『同じ「気温20度」でも、真夏と真冬では感じ方がまったく違ってくるように、 数字は見方次第でいくつもの読み方ができます。』

     



    ↑ PAGE TOP