『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

鈴木敏文『流れに乗って、変化を先取りしていくことが重要だ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

こう簡単に言うが、これが簡単に出来る人間は少ない。何しろ、いたら『成功』しているからだ。私はあまり成功という言葉が好きではないが、お金を手に入れるだとか、生活を確立させるとか、ゴールテープを切るとか、ダイエットするだとか、とにかくこの世を生きていると『成功(達成)』しなければならない問題があって、それを達成すれば『成功』になるのだから、だとしたらその言葉を使わなければならない。

 

しかし、ここでいう『成功者』とは、『パレートの法則』で言えば、20%だ。『流れに乗る』、それだけではなく『変化を先取りする』ことが出来る者など、まさに限られた人間だけである。それをサラッと言う鈴木敏文の意識には、完全に成功者意識が染みついているだろう。

 

小津安二郎は言った。

 

流れに乗り、変化を追うことに屈辱を覚える人間もいるだろう。(なぜ俺が周りに合わせなければいけないんだ)という感情が湧き上がる人は、自尊心が高い人間だ。しかし、小津安二郎の言うように、そのことに対する心を整えることで、見えて来るものがある。別に、流行に合わせ、流れに乗ったところで、自分の本質は失われないのだ。そこまで整ったら、後はドンドン追うだけだ。そうすればまるで、『透明の龍』の背に乗って、縦横無尽にこの世の荒波を駆け巡るイメージで、大きなうねりを捻出することが出来るはずだ。自分を曲げられない人ほど、龍の扱いは上手い。

 

『流行という、透明なドラゴンのフレア。』

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『流動変化が避けられないことを知っているかどうかは、人間の運命を大きく変える。』 『前進あるのみ。それ以外は後退だ。』

同じ人物の名言一覧