名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

リルケ『もろもろの事物のうえに張られた成長する輪の中で、私は自分の生を生きている。おそらく私は最後の輪を完成させることは出来まい。だが、私はそれを試みたいと思っている。』

リルケ


オーストリア詩人 リルケ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!


 

 

考察


この心構えは、私がこのサイトを創り上げようと思った起因と同じだ。

 

私の様な完璧主義者は、例えば、部屋の中が綺麗に片付いていなければ気が済まない。だがその反面、赤ん坊が出来て彼らが部屋を散らかすのは仕方なくて、そうなると、(どうせ散らかるから)といって、今度は片づけをしなくなる傾向があるのだ。

 

それと同じで、人生における完璧主義者とは、人生に対して一度必ず憂う時期がある。

 

(どうせ積み上げても死ぬしな)

 

そういう発想が、頭をよぎってやる気を失くさせるのである。私もそういう葛藤・経験を何度もした。

 

しかし、だからといって人生は続くのだった。

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサーリンク

     

    リルケの言葉を自分のものにする



    人生を放棄しても、掃除を放棄しても、毎日はやってくる。

     

    ドイツの小説家、ジャン・パウルは言う。

    『人生は一冊の書物によく似ている。愚かな者はそれをパラパラとめくっているが、賢い者はそれを念入りに読む。なぜなら彼は、ただ一度しかそれを読めないことを、知っているからだ。』

     

    完璧主義者の私は、『どうせ死ぬ人生で努力しても無意味だ』と考え、ジャン・パウル曰く、『人生をパラパラとめくっていた』。

     

    しかし、父が死に、友と別れ、遊びという遊びを嫌というほど経験し、刻一刻と死期が近づいてくる事実を日に日に目の当たりにしていくうちに、ジャン・パウルの言葉の意味や、スウェーデンのこの諺の意味を、思い知るようになった。

     

    『やってくるこの毎日が、人生だと知っていたら!』

     

    『コツコツとやる』という言葉をもっとも嫌っていた私は、その心構え通り、チマチマとしたことを常々、揶揄して生きてきた。それが何の意味をもたらすのか?私には到底、理解することは出来なかった。

     

    しかし、前述したような偉人たちの言葉の意味が煮詰まってきたとき、私はイチローの、この言葉が意味することの重大さを、思い知ることになった。

     

    記者『イチロー選手は、なぜ同じ毎日の繰り返しで、成功することが出来たんですか?』

     

    イチロー『確かな一歩の積み重ねでしか、遠くへは行けない。』

     

    『確かな一歩』。これは確かに、『たかが一歩』だ。かつての私の考えからすれば、(でもどうせ死ぬだろ)ということになる。

     

    しかし、『されど一歩』だ。人間がこの長い歴史の中で積み重ねてきた『確かな一歩』は、血と涙と、尊い命によって受け継がれ、今の世と、今の自分の命が、在り得るのだ。

     

    さしずめそれは、『リレー』である。自分の命は、確かに虚しい。自分の番が終われば、もう出番は二度とない。しかし、もし自分が手を抜いてそれを走ると、後に続く者や、それを俯瞰で見る者、ライバル、周りの者はどう思うだろうか。あるいはその反対に、全力で走り抜けると、どうなるだろうか。

     

    まるで夜空に打ち上げられる大花火の様に、我々の命は一瞬で、儚い。だが、それを『尊い命だった』と言えるような人生にするのが、人間の意地である。

     

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア


     

    スポンサーリンク

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

    他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


    >>続きを見る

     

    10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

    生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


    >>続きを見る

     

    11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

    自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


    >>続きを見る

     

    12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

    『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

     

    黄金律

    『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

     

     

    黄金律

    『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

     

     

    黄金律

    『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

     

    黄金律

    『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

     

    黄金律

    『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

     

     

     

     

    リルケ『もろもろの事物のうえに張られた成長する輪の中で、私は自分の生を生きている。おそらく私は最後の輪を完成させることは出来まい。だが、私はそれを試みたいと思っている。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    リルケ関連の書籍

     

    同じ人物の名言


    『あなたの心の中の未解決のものすべてに対して、忍耐強くなってください。たとえば錠のおりた部屋のように、あるいは外国語で書かれた書物のように、問いそのものを愛するように努めるのです。』

     

    『およそ芸術家であることは、計算したり数えたりしないということです。』

     

    『結局夏は来るのです。だが夏は永遠が何の憂いもなく、静かに広々と眼前に横たわっているかのように待つ辛抱強い者にのみ来るのです。』

     

    『愛されることは、燃えつづけることでしかない。愛することは、暗い夜にともされたランプの美しい光だ。愛されることは消えることだが、愛することは永い持続だ。』

     

    『誰かを愛すること、これは私たちに課せられた最も困難な試練です。すべての努力はそのためにある。』

     

    『必要なのは、孤独、大きな内的な孤独というものだけなのです。』

     

    『どの一片(ひとひら)の落葉も、舞い落ちながら宇宙の最大の法則の一つを満たす。』

     

    『あなたが見るもの、体験するもの、愛するもの、失うものを、最初の人間になったつもりで言い表すようにしてごらんなさい。』

     

    『「旅」にはたった一つしかない。自分自身の中へ行くこと。』

     

    『名声に打ち克つことの出来る孤独者は滅多にいない。彼はほっと安堵の顔をあげた途端に打ちのめされる。』

     

    『ひとりの人間が別の人を愛するということ。それはおそらく、すべての課題の中でも、もっとも難しいものだろう。』

     



    広告

     

    ↑ PAGE TOP