名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

三木清『人間が宗教を造るのであって、宗教が人間を造るのではない。』

三木清


日本哲学者 三木清画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!


 

 

考察


考えればすぐにわかることだ。『宗教』などと言っている生命は、他に存在しない。人間が造った概念だ。

 

では、『神』もそうなのだろうか。『神』の存在に気付いたのが人間だけだった、としたのなら、そうではなく、『神』はもともと在ったということになる。しかし宗教は違う。宗教は、その『神』に対する敬意を示す、人間の態度である。

 

それならば、その『人間』次第でコロコロと変わる『神』への『信仰』は、間違っている場合もあるということである。意味不明のカルト教団が大事件を起こしてしまう可能性があることは周知のとおりだ。

 

彼らは『宗教に洗脳』されていたのだろうか。いや、そう考えると、『宗教=人間。つまるところ、彼らは人間によって洗脳されていただけで、決して『神』によって支配されていたのではないのだ。宗教による暴走の全ては、『人間』の自作自演である。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア


 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

6.『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。

孤独な時間を『孤高の時間』に昇華させることが出来るかどうかだ。


>>続きを見る

 

14.『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。

人間には、理解できる範囲とできない範囲がある。では、その事実を受け、どうするかだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『宗教の本質は『慰め』ではない。『戒め』である。そうじゃなければ、残忍な殺人行為も慰められる(肯定される)。』

 

黄金律

『宗教を語る人間は嘘くさいが、宗教を語らない人間に、人間を語る資格はない。』

 

 

黄金律

『私が『神』という言葉を抵抗なく使えるようになったのは、その言葉自体に何の意味も無いことを理解したからだ。』

 

黄金律

『神の偶像崇拝が禁止されている、唯一とされているのは、神が人間ではなく、見えるものでもなく、真理だからであり、真理が2つあっていいわけがないからだ。』

黄金律

『人間には聖性と魔性の両面がある。聖性を優位にし、魔性を劣位にする、という闘いこそがジ・ハード(聖戦)なのである。』

 

 

 

三木清『人間が宗教を造るのであって、宗教が人間を造るのではない。』


スポンサードリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

三木清関連の書籍

 

同じ人物の名言


『幸福は人格である。』

 

『感傷には常に何らかの虚栄がある。その2』

 

『虚栄心はあらゆる人間的なもののうちで、最も人間的なものである。』

 

『孤独は山になく、街にある。一人の人間にあるのではなく、大勢の人間の『間』にある。』

 

『人生においては何事も偶然である。しかしまた人生においては何事も必然である。このような人生を我々は運命と称している。』

 

『幸福を武器として闘うもののみが斃れてもなお幸福である。』

 

『一つの所に停まり、一つの物の中に深く入ってゆくことなしに、如何にして真に物を知ることができるであろうか。』

 

『健全な胃を持っている者が胃の存在を感じないように、幸福である者は幸福について考えない。』

 

『言葉は空虚なもので、事実はつねに言葉よりも雄弁である。』

 

『秩序はつねに経済的なものである。最小の費用で最大の効果を上げるという、経済の原則は秩序の原則でもある。』

 

『人は敗北主義から独断家になる。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP