名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ナイチンゲール『私は、人の想いというものが言葉に変わることで無駄になっているように思います。人の想いは皆、結果をもたらす行動に変わるべきだと思います。』

ナイチンゲール


イギリス看護師 ナイチンゲール画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


太宰治は言った。

『人は、本当に愛していれば、かえって愛の言葉など白々しくて言いたくなくなるものだ。』

 

日本の男以外の人間が聞くと首をかしげたくなるかもしれないが、太宰治が言いたいことは、ナイチンゲールの言う事と同じ的を射ているのである。

 

『愛している』と言って人を裏切る人間は多い。その言葉を、そう簡単に口にするな、という考え方が、太宰治が口にする日本男児の考え方なのである。

 

『愛している』と言う、のではない。『愛する』ことが重要なのだ。

 

 

『愛』は与えるものである。

そうなるとそれは当然『行為』に現れる。だから当然『言葉』にして欲しいと、世の女性たちなんかは、口を揃える。

 

フランスの作家、リラダンは言った。

『君を罵る奴は、自分の心にある君の姿を、つまり自分自身を罵っているにすぎない。』

 

そこに書いた『娘』は、『父親』の愛を、最初、 見抜くことが出来なかった。しかし、『それこそが愛』だったのだ。『何もしない』ことこそ、愛だったのだ。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

25.『自分のものに出来ない知識は、自分の知識とは言えない。

知識と知恵は違う。それを理解するのが知性だ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ナイチンゲール『私は、人の想いというものが言葉に変わることで無駄になっているように思います。人の想いは皆、結果をもたらす行動に変わるべきだと思います。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『すべてを思い通りに成し遂げるのでなければ、何もなさなかったと同じなのである。』

 

『恐れを抱いた心では小さなことしかできないでしょう。』

 

『人生は呑気な楽しい休日でも、気の利いたことが記されている書物でもありません。』

 

『ともかくもその人の行動の動機となる力、それが信仰なのです。』

 

『私たちは、自分が誉められるためにではなく、私たちが選んだこの仕事に名誉をもたらし、それを前進させるために、心を打ち込んで事を成し遂げていこうではありませんか。』

 

『人生でもっとも輝かしい時は、いわゆる栄光の時でなく、落胆や絶望の中で人生への挑戦と未来への完遂の展望がわき上がるのを感じたときだ。』

 

『自分の命より大切なものが多くなると、人間、気苦労が多くなる。』

 

『子を失う親のような気持ちで、患者に接することのできない、そのような共感性のない人がいるとしたら、今すぐこの場から去りなさい。』

 

『私はすべての病院がなくなることを願っています。』

 

『正義なることが魂の健康である。』

 

『天使とは、美しい花をまき散らす者ではなく、苦悩する者のために戦う者のことだ。』

 



↑ PAGE TOP