名言を自分のものにする

広告

 

> > > >

 

ソクラテス『この痛い足かせとも、いよいよお別れだ。』


ソクラテスの言葉


古代ギリシャ哲学者 ソクラテス(画像

 

ソクラテスは幼馴染のクリトンからの脱獄の誘いを断った。自らの信念に従って、死と向き合うことを決めていたからだ。

 

『痛い足かせとお別れ』というのは、そのとき、牢獄で実際にソクラテスの足に繋がれていた、その足枷のことを指し示しているのだろうか。

 

それとも、冤罪によって処刑されるという事実に直面して、あるいは死刑が決まった裁判での、死刑に票を入れた大衆の無知を目の当たりにして、『この理不尽で愚かな世界ともお別れ』という、死後の世界への期待が込められたつぶやきなのだろうか。

 

ソクラテスが生きる時代には、戦争があった。今の時代で、戦争が再び巻き起これば、皆はどう思うだろうか。

 

(いやだ!苦しい!悲しい!逃げたい!)

 

女性は強姦され、子供は売りとばされ、男の首は切り落とされ、老人は燃やされる。 そういう地獄のような世界があたり一面に広がったら、そこから抜け出すために、我々が希望を見出すのは何だと思うだろうか。

 

核兵器?シェルター?天変地異?新たな生命?それとも、『知性』?人間がどう在って、どう生きるべきかという、『知性』?

 

アインシュタインは言う。

第三次世界大戦がどのように行われるかは私にはわからないが、第四次世界大戦で何が使われるかはお教えできる。石だ!

 

賢人の遺した一生から、我々は何を受け継ぐべきだろうか。

 

 

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

ソクラテス『この痛い足かせとも、いよいよお別れだ。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『我々が常に口にしたことが、真理(正義)なのだよ。クリトン。』

 

『何人たりとも、不正に報いてはならない。』

 

『真理の探究なき人間は、生甲斐のない人生だ。 』

 

『自分に死の危険が迫ったからと言って、今まで自分が納得していた原則、真理と言ってもいいが、これを捨てることは絶対に出来ない。』

 

『僕は自分が納得できないものには従わない。よくよく考えて、正しいと納得した原則にのみ従うことにしている。』

 

『食塩の善さは『からい』ことにあり、砂糖の善さは『甘い』ことにあるように、裁判員の善さは『正しく裁く』ことに、また弁論する者の善さは『真実を語ること』にある。』

 

『大きな湖も少しずれた高い丘から見ると、その形がわかるように、この裁判も少しずれたところから眺めると、真実が見える。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP