『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

『『どうせできない』ではない。『どうせ死ぬのだ』という考え方で、命を使い切るべし。』

意味

単純に考えて、『どうせできない』と言って諦めて、下を向き、悲観的になっている人間が、あまり人間の模範には見えない。例えば映画やドラマで、絶体絶命のシーンで人々が逃げ惑うのを見るとき、我々鑑賞者の感想と言えば、ただただ恐怖や不安やもどかしさでしかない。そういうシーンを見ても、早く次の展開になってほしいと思うことしかないのだ。映画の中の登場人物が、その絶望的な状況に支配され、

『もう無理だ。何もかも終わりだ。』

 

と言って塞ぎ込む姿を見たところで、我々鑑賞者は、そのシーンが決してラストシーンだと思うことは出来ない。そんな恐怖と不安で心がいっぱいになったとき、主人公たちが奮起し、その絶望的状況に立ち向かう。我々鑑賞者はそこに希望を見出し、その状況を打破する為にどうすればいいかを一緒になって模索し、想像し、いざ現実にそのような状態になったときのためにシミュレーションをする。

 

ーそういう状況になっても人間がやれることがあるはずだ。

 

そう心のどこかで信じているからだ。だからこそ、絶望に打ちひしがれてばかりいるだけのシーンをいつまでも見ていたくない。だからこそ、絶望的状況に果敢に立ち向かう主人公たちを応援したくなる。

 

確かに、その様な状況で人間が出来ることは限られているかもしれない。だが、

 

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

にも書いた様に、まだ、生きている。

 

 

関連する黄金律

関連する偉人の言葉