『ヒト』を最適化しよう。

アベンジャーズの『ロキ』は北欧神話ではもっと凶暴な存在だった!?

ハニワくん

先生、質問があるんですけど。
では皆さんにもわかりやすいように、Q&A形式でやりとりしましょう。

先生

北欧にも神話はある?わかりやすく簡潔に教えて!

あります。フィンランド、ノルウェー、アイスランド、スウェーデン、デンマークが北欧神話のエリアですね。

ハニワくん

なるへそ!
も、もっと詳しく教えてくだされ!

博士

どの地域にも独自の神話があります。

フィンランド、ノルウェー、アイスランド、スウェーデン、デンマークといったエリアは、『スカンジナビア地方』と言います。この北欧神話は、バイキングを中心としたこのスカンジナビア地方の神話ことです。この神話の影響力は強く、キリスト教が広まった後も根強い北欧神話の影響のせいで、浸透になかなか時間がかかりました。

 

『アベンジャーズ』に出てくる『マイティ・ソー』も、この北欧神話がベースになっています。ソーの父親であるオディンは、世界が作られた後に誕生した巨人『ユミル』を3人がかりで倒し、そのユミルの死体が、天(ユミルの頭蓋骨)、陸地(ユミルの死体)となり、この世界が作られました。

うーむ!やはりそうじゃったか!

博士

ハニワくん

僕は最初の説明でわかったけどね!
更に詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

先生

スカンジナビアの神話

ソクラテスも信仰したギリシャ神話の神々~『哲学』はこうして世に誕生した~

 

上記の記事までに、様々な地域の神話について考えてきた。今回考えるのは『北欧神話』である。北欧というのは、

 

  • フィンランド
  • アイスランド
  • ノルウェー
  • スウェーデン
  • デンマーク

 

といったようなスカンジナビア地方のことを指す。ここも独自の神話があり、そしてその影響は大きかった。この北欧神話とは、バイキングを中心としたこのスカンジナビア地方の神話ことであり、キリスト教が広まった後も根強い北欧神話の影響のせいで、浸透になかなか時間がかかった。

 

マイティ・ソー

神々の住み家、神殿、神社、寺等が『高い場所』にある理由とは?

 

上記の記事に、北欧神話をベースにしたマーベルコミックスの人気作を実写化したアクション大作『マイティ・ソー』について書いたが、

 

 

映画にも登場するアスガルドとは、北欧スカンジナビアの神話に登場する神々が住む要塞都市だ。ちなみにこのマイティ・ソーは主神オディンの息子だ。

 

それぞれの神の住処

神話 主神 住処 補足
北欧神話 オディン アスガルド
ヴェーダ神話 インドラ スバルガ 太陽を目にして世界を観察
ヒンズー教神話 シヴァ等 ヒマラヤのメル山
中国神話 盤古、ヤオグア島 泰山等

 

冒頭の記事に、『ギリシャの神々は人間と似ていた』と書いたが、実はギリシャの神々は死ななかった。しかし、北欧の神は死んだ。そう考えると、より人間に近い姿をしていたのは、北欧の神と言えるかもしれない。

 

 

最初のファンタジー小説

イギリスのJ・R・R・トールキンによる長編小説に『指輪物語』(ゆびわものがたり、原題:The Lord of the Rings)というものがある。そう。映画にもなった『ロード・オブ・ザ・リング』である。

 

 

この作品は『最初のファンタジー小説』と言われている。

 

 

巨人『ユミル』

自然現象を説明するには『神』が必要だった。では、その『神』はどこから生まれた?

 

上記の記事に、それぞれの神話で『世界の最初』は、こういう2つの説が考えれたと書いた。まず『神』が最初からいる説。

 

STEP.1
『神』が最初からいる
STEP.2
カオスから自然と人間を創造する

 

そして『カオス』から神が生まれた説。

 

STEP.1
カオスが最初にある
STEP.2
そこからまず神が創造される
STEP.3
その後自然と人間が創造される

 

どちらにせよ一番最初にあったのはこの『混沌(カオス)』である。これは宇宙とも違う、闇とも言えない、『いろいろなものが交じり合った世界』という、実態の把握が難しい世界である。宇宙はここで言う『自然』に該当するので、それもこのカオスから生まれたということになる。よくはわからないが、それぐらいしか考えられないということだ。人間の想像の限界がこのカオスという状態を生み出しているわけである。

 

この北欧の神話で同じ考え方が該当する。

 

STEP.1
カオスが最初にある
STEP.2
数万年後、巨人『ユミル』が生まれる
STEP.3
ユミルとは関係なく『ブリ』という人間が生まれる
STEP.4
ブリに3人の孫が生まれる
北欧神話の主神『オディン、ビリ、ベ』。
STEP.5
3神は力を合わせてユミルを殺す
STEP.6
その死体で世界を作った
天(ユミルの頭蓋骨)、陸地(ユミルの死体)。これが世界の始まり。

 

先ほど出てきたマイティ・ソーはこの主神オディンの息子だ。『マイティ・ソー』でも彼がオディンの息子という設定が見ることができる。このオディンには戦闘の神『トル』がいるが、巨人と勇敢に戦う戦争の神で、『ミョルニルの槌』という武器を持っている。これは、巨人を倒した後ブーメランのように自分に戻ってくる武器だ。そう。映画を観ていればわかるように、『マイティ・ソー』で言うところの『ムジョルニア』である。

 

問題児『ロキ』

また、『マイティ・ソー』では『ロキ』というやんちゃすぎる弟が出てくるが、北欧神話にもロキは存在していて、巨人族の王であり、神々を果てしなく苦しめる存在である。

 

 

ロキは北欧神話でも相当厄介な存在で、結局ロキの魔軍の圧倒的な力によって世界は炎に包まれ、神々は死んでしまう。これを『神々の黄昏(世界滅亡の日)』を意味する『ラグナロク』と言う。この名前もあらゆるファンタジー作品でよく使用されている。ロキもラグナロクも、物語を『複雑化』させるための要素として十分な素質を持っているため、フィクションを作る側としては嬉しい存在なのである。

 

 

ロキは『いたずら好き』という設定があって、『アベンジャーズ』に出てくるロキもどちらかというとそういう『お茶目さ』が垣間見えるが、いたずらの域を超えたラグナロクを招く戦争を仕掛けたことを考えると、映画のキャラより凶悪な存在だったと言えるだろう。

 

 

 

[宇宙誕生~紀元後編]年表で見る人類の歴史(世界史・日本史)と映画一覧