『ヒト』を最適化しよう。

『ドラゴンと海獣の死』があったからこそダーウィンはこの世に名を遺せた

もし地球が平面なら人は『上と下と横』に何があると考えたかわかるだろうか?

 

上記の記事に書いたように、地球は長い間平面だと考えれていた。

 

 

そのような考え方が世を支配していたからこそ、

 

  • 上:天使が空を飛ぶ天国
  • 横:魔物や竜がいる異世界
  • 下:鬼と溶岩がある地獄

 

という世界が想像された。しかし、1500年前後の人間、つまりコロンブスマゼラン等によって地球が球体だと証明され、地球は丸いということが完全に世の常識となった。。紀元前330年頃にアリストテレスが経験的見地から地球球体説を採用したときから、すでに1800年が経ってしまっていた。

 

バックミンスター・フラーの著書、『クリティカル・パス―宇宙船地球号のデザインサイエンス革命 』にはこうある。

地球が一つの閉じたシステムであるということを発見したのは、外洋を支配する航海者たちであった。そのため、海を支配していた強大な冒険家である海賊たちは、利用できる資源を発見し、調査のために科学者たちを世界中へ連れていった。地球が閉じたシステムをなしているがゆえに、科学者たちは実際上すべての種を検査することが出来、かくしてチャールズ・ダーウィンは<種の進化>という閉じたシステムの理論を展開することができた。それ以前にはそのような理論は存在しえなかったし、もしあったとしても、その理論にはドラゴンや海獣も含めなければならなかっただろう。それ以前のすべて平面的に開かれた帝国に住んでいた人々は、その無限の拡がりのなかでいかなる出来事も、どのような存在もありうるようなシステムのなかに生活していたのである。

 

つまりこういうことだ。

 

STEP.1
地球は平面だと思っていた
STEP.2
だから『上、下、横』への想像が無限だった
上には天国、下には地獄、横にはドラゴンや魔物がいると想像した。
STEP.3
しかし地球が球体だと知った

アリストテレス、コロンブス、マゼランのような偉人たち、あるいは航海者たちの手によって。

STEP.4
無限にできた想像にピリオドが打たれた
限られた世界の中で『あり得る話』だけが想像された。
STEP.5
だからこそダーウィンが進化論を展開できた
ドラゴンや海獣、その他無限のシナリオを『排除』することができ、検査する種が無限から『有限』になったから。

 

そう。ダーウィンは、『ドラゴンと海獣の死』があったからこそこの世に遺せたのである。それは『地球が平面ではなく、球体だとわかったから』と言い換えることもできる。しかし、

 

  • 上にある『天国』
  • 下にある『地獄』
  • 横にいる『ドラゴンや魔物』

 

しかし、かつて想像されたそれらの存在の神秘性と威厳は、今を世を生きる人々の心にも未だに影響を与え続ける圧倒的な力があるようだ。

 

『流行という、透明なドラゴンのフレア。』 年表で見る人類の歴史と映画一覧[宇宙誕生~紀元前2500年編]