『後悔したくない方』はこちら

『純愛』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

 
年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!2000本以上の映画を観た運営者が、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

Movie:info

初級者の方は『どんな人におすすめ?』だけをご参考ください。
 
注意
一応一番上が『一位』ということにしますが、人はどうしても最近見た映画に熱が入ります。つまり、古い映画はそれだけの理由で下位にランキングされるので、下位にあるからといって侮れません。
 

目次

どんな映画が多い?

私が映画に求めるものは圧倒的に『人生の教訓』です。私は十分この現実でスリリングな人生を生きてきましたから、ホラー映画に刺激を求めたいとは思わないんですね。また、『映画を観る為に人生を生きている』わけではないので、観る映画は厳選したい。このような私の考え方が、鑑賞する映画の傾向に現れています。それについては、下記の記事にて更に詳細を詰めています。きっと参考になるはずですので、目を通してみてください。
  この世に映画はいくつある?その中でどの映画を観ればいいの?  

それではランキングを見てみましょう!

 

純愛編

2000本以上観てきた私が『純愛』だと感じたラブストーリーの映画をご紹介します!

 

タイタニック』

『タイタニック』(原題:Titanic)は、ジェームズ・キャメロン監督・脚本による1997年のアメリカ映画。

詳細・レビューを見る

 

『猟奇的な彼女』

『猟奇的な彼女』(りょうきてきなかのじょ、原題:엽기적인 그녀、英題:My Sassy Girl)は、キム・ホシクのネット小説、およびそれを原作とした2001年公開の韓国映画。「猟奇的」な彼女とそれに翻弄される男子学生の恋愛を描いたロマンティック・コメディ。

詳細・レビューを見る

 

ラ・ラ・ランド』

『ラ・ラ・ランド』(英: La La Land)は、2016年に公開されたアメリカ合衆国のロマンティック・ミュージカル映画。俳優志望とピアニストの恋愛を描いた映画で、この映画のタイトルはロサンゼルスと「現実から遊離した精神状態」を意味する。

詳細・レビューを見る

 

君の名は。』

『君の名は。』(きみのなは、英題:Your Name.)は、2016年に公開された新海誠監督による日本の長編アニメーション映画[8]。キャッチコピーは「まだ会ったことのない君を、探している」。

詳細・レビューを見る

 

パッセンジャー』

『パッセンジャー』(原題: Passengers)は、2016年のアメリカ合衆国のSF映画。日本では2017年3月24日に公開。日本版のキャッチコピーは「乗客5000人 目的地まで120年 90年も早く 2人だけが目覚めた 理由は1つ――。」。

詳細・レビューを見る

 

バタフライ・エフェクト』

『バタフライ・エフェクト』(The Butterfly Effect)は、2004年に公開されたアメリカ映画。日本では2005年5月に公開された。カオス理論の一つ、バタフライ効果をテーマに製作された。斬新で衝撃的なアイディア、練り込まれた脚本が受け、本国アメリカで初登場1位を記録した。

詳細・レビューを見る

 

アバター』

『アバター』(Avatar)は、2009年に公開されたジェームズ・キャメロン監督によるアメリカ映画。3D映像による劇場公開が大きく取り上げられた作品であり、世界興行収入は2019年公開の『アベンジャーズ /エンドゲーム』に抜かれるまで歴代1位となる27億8800万ドル(当時のレートで約2518億円)を記録していた。

詳細・レビューを見る

 

『レオン』

『レオン』(仏題:Léon、米題:The Professional)は、1994年製作のフランス・アメリカ合作映画。リュック・ベッソン監督によるアクション映画。日本公開時のコピーは「凶暴な純愛」。

詳細・レビューを見る

 

『きみに読む物語』

『きみに読む物語』(原題: The Notebook)は、2004年に公開されたアメリカ映画。1996年にニコラス・スパークスが発表した小説、及び原作を映画化。第9回ゴールデン・サテライト賞助演女優賞:ジーナ・ローランズ。

詳細・レビューを見る

 

『借りぐらしのアリエッティ』

『借りぐらしのアリエッティ』は、スタジオジブリ制作の日本のアニメーション映画。監督は米林宏昌。メアリー・ノートンの著書『床下の小人たち』を原作として、翻案・脚色された作品であり、人間の屋敷で物を借りながら隠れ暮らす小人の一家や、小人の少女アリエッティと人間の少年翔の交流を描く。

詳細・レビューを見る

 

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(原題: Edge of Tomorrow、別題: Live Die Repeat)は、ダグ・リーマン監督によるアメリカ合衆国のタイムループを題材にしたSF映画である。桜坂洋による日本のライトノベル『All You Need Is Kill』を原作に、ダンテ・W・ハーパーらが脚本を執筆した。

詳細・レビューを見る

 

『愛は静けさの中に』

『愛は静けさの中に』(Children of a Lesser God)は、ランダ・ヘインズ監督による1986年のアメリカ合衆国の映画である。マーク・メドフ(英語版)によるトニー賞受賞の舞台作品『ちいさき神の、作りし子ら(英語版)』を原作としており、メドフ自身とヘスパー・アンダーソンが脚色した。

詳細・レビューを見る

 

耳をすませば』

『耳をすませば』(みみをすませば、英題: Whisper of the Heart)は、1995年にスタジオジブリ制作のアニメーション映画作品。

詳細・レビューを見る

 

『シェイプ・オブ・ウォーター』

『シェイプ・オブ・ウォーター』(The Shape of Water)は、2017年のアメリカ合衆国の恋愛ドラマ映画。

詳細・レビューを見る

 

『ローマの休日

『ローマの休日』(ローマのきゅうじつ、原題:Roman Holiday)は、1953年製作のアメリカ映画。主演はグレゴリー・ペックとオードリー・ヘプバーン。

詳細・レビューを見る

 

『ダンス・ウィズ・ウルブズ』

『ダンス・ウィズ・ウルブズ』(Dances with Wolves)は1990年のアメリカ映画。製作会社はオライオン・ピクチャーズで、監督・主演・製作はケビン・コスナー。

詳細・レビューを見る

 

『ジョー・ブラックをよろしく』

『ジョー・ブラックをよろしく』(原題:Meet Joe Black)は、1998年のアメリカ映画。1934年の映画『明日なき抱擁(en:Death Takes a Holiday)』を元にしている。

詳細・レビューを見る

 

『ゴースト/ニューヨークの幻』

『ゴースト/ニューヨークの幻』(原題:Ghost)は、1990年のアメリカ映画。恋愛映画。

 

詳細・レビューを見る

 

『天使のくれた時間』

『天使のくれた時間』(てんしのくれたじかん、原題:The Family Man)は、2000年製作のアメリカ映画。ブレット・ラトナー監督が、『素晴らしき哉、人生!』をモチーフに「もしあの時、違う道を選んでいたら?」をテーマに描いたファンタジー映画。

詳細・レビューを見る

 

『コールド・マウンテン』

『コールド マウンテン』(原題: Cold Mountain)は、2003年製作のアメリカ映画。南北戦争を背景にした純愛ドラマ。原作はチャールズ・フレイジャーの同名小説。

詳細・レビューを見る

 

『遥かなる大地へ』

『遥かなる大地へ』(はるかなるだいちへ、Far and Away)は、1992年にユニバーサルが制作したアメリカ映画。監督はロン・ハワード。

詳細・レビューを見る

 

『ブロークバック・マウンテン』

『ブロークバック・マウンテン』(Brokeback Mountain)は、2005年製作のアメリカ映画。監督はアン・リー。主な出演者はヒース・レジャー、ジェイク・ジレンホール、アン・ハサウェイ、ミシェル・ウィリアムズ。

詳細・レビューを見る

 

『あの頃、君を追いかけた』

『あの頃、君を追いかけた』(原題:那些年,我們一起追的女孩、You Are the Apple of My Eye)は、2011年に公開された台湾の恋愛映画。ギデンズ・コー(九把刀)監督。クー・チェンドン(柯震東)、ミシェル・チェン(陳妍希)主演。

詳細・レビューを見る

 

『エリザベスタウン』

『エリザベスタウン』(Elizabethtown)は、2005年製作のアメリカ合衆国の映画。キャメロン・クロウ監督。キャッチコピーは「すべてを失った僕を、待っている場所があった――」。

詳細・レビューを見る

 

『シザーハンズ』

『シザーハンズ』(原題: Edward Scissorhands)は、1990年のアメリカ映画。純真無垢な心を持つ人造人間と少女の交流を描いたファンタジー映画。

詳細・レビューを見る

 

『言の葉の庭』

『言の葉の庭』(ことのはのにわ)は、新海誠監督のアニメーション映画。2013年5月31日公開[。キャッチコピーは『”愛”よりも昔、”孤悲”のものがたり』。

詳細・レビューを見る

 

『マリアンヌ』

『マリアンヌ』(Allied)は、ロバート・ゼメキス監督、スティーヴン・ナイト脚本によるロマンティック・スリラー映画である。出演はブラッド・ピット、マリオン・コティヤール、ジャレッド・ハリス、サイモン・マクバーニー、リジー・キャプランらである。

詳細・レビューを見る

 

『愛と青春の旅だち』

『愛と青春の旅だち』(原題:An Officer and a Gentleman)は、1982年のアメリカ映画。テイラー・ハックフォード監督、リチャード・ギア主演。

詳細・レビューを見る

 

Mr.&Mrs. スミス

『Mr.&Mrs. スミス』(ミスターアンドミセス・スミス、原題: Mr. & Mrs. Smith)は、2005年のアメリカ映画。

詳細・レビューを見る

 

Dolls』

『Dolls』(ドールズ)は、北野武監督作品、2002年10月12日公開の日本映画。配給は松竹、製作はオフィス北野他。

詳細・レビューを見る

 

グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』

『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』(グレース・オブ・モナコ こうひのきりふだ、Grace of Monaco)は、2014年のフランス・アメリカ・ベルギー・イタリア合作の伝記映画。監督はオリヴィエ・ダアン、出演はニコール・キッドマンとティム・ロスなど。

詳細・レビューを見る

 

風立ちぬ』

『風立ちぬ』(かぜたちぬ)は、スタジオジブリ制作の長編アニメーション映画。宮崎が『モデルグラフィックス』誌上にて発表した連載漫画『風立ちぬ』を原作とする。実在の航空技術者である堀越二郎をモデルに、堀辰雄の小説からの着想も盛り込まれた。

詳細・レビューを見る

 

『キュリー夫人』

『キュリー夫人』(キュリーふじん、原題:Madame Curie)は、1943年に製作・公開されたアメリカ合衆国の映画である。

詳細・レビューを見る

 

『アメリ』

『アメリ』(原題: Le Fabuleux Destin d’Amélie Poulain, 「アメリ・プーランの素晴らしい運命」の意)は、2001年4月に公開されたフランス映画。パリ・モンマルトルを舞台に、パリジャンの日常を描き、フランスで国民的大ヒットを記録した。キャッチコピーは「幸せになる」。

詳細・レビューを見る

 

『とらわれて夏』

『とらわれて夏』(とらわれてなつ、Labor Day)は、2013年のアメリカ合衆国のドラマ映画。ジェイソン・ライトマン監督・脚本。原作はジョイス・メイナードの小説『レイバーデイ』である。

詳細・レビューを見る

 

『イルマーレ』

『イルマーレ』(The Lake House)は、2006年のアメリカ映画。2000年の韓国映画『イルマーレ(時越愛:シウォレ)』をリメイクした恋愛映画。主演は、大ヒット作『スピード』以来の再共演であるキアヌ・リーブスとサンドラ・ブロック。

詳細・レビューを見る

 

『純粋の時代』

朝鮮時代を描いた韓国映画は、彼らが描かなければ世に出ないので、それだけで貴重だ。時代は1398年の李氏朝鮮(1392-1897年)。李氏朝鮮の初代国王李成桂(りせいけい)の長男である、太宗(テジョン、たいそう、本名李芳遠(イ・バンウォン、り・ほうえん)』彼が三代国王を務めた時代である。

詳細・レビューを見る

 

『コロニア』

『コロニア』(Colonia)は、2015年製作のドイツ、ルクセンブルク、フランスのスリラー映画。

詳細・レビューを見る

 

『あと1センチの恋』

『あと1センチの恋』(原題: Love, Rosie)は、2014年のイギリス・ドイツ合作の恋愛映画。

詳細・レビューを見る

 

『プルーフ・オブ・ライフ』

『プルーフ・オブ・ライフ』(Proof of Life)は、2000年のアメリカ映画。

詳細・レビューを見る

 

『愛は静けさの中に』

『愛は静けさの中に』(Children of a Lesser God)は、ランダ・ヘインズ監督による1986年のアメリカ合衆国の映画である。マーク・メドフ(英語版)によるトニー賞受賞の舞台作品『ちいさき神の、作りし子ら(英語版)』を原作としており、メドフ自身とヘスパー・アンダーソンが脚色した。

詳細・レビューを見る

 

『世界にひとつのプレイブック』

『世界にひとつのプレイブック』(せかいにひとつのプレイブック、Silver Linings Playbook)は、デヴィッド・O・ラッセル監督によるアメリカ合衆国のコメディ・ドラマ映画である。マシュー・クイックの同名小説を原作とし、ラッセルが脚本を執筆した。

詳細・レビューを見る

 

『光をくれた人』

『光をくれた人』(ひかりをくれたひと、The Light Between Oceans)は、2016年のアメリカ合衆国・オーストラリア・ニュージーランドのドラマ映画。M・L・ステッドマンによる『海を照らす光』を原作とし、デレク・シアンフランスが監督・脚本を務めている。

詳細・レビューを見る

 

『ノッティングヒルの恋人』

『ノッティングヒルの恋人』(ノッティングヒルのこいびと、Notting Hill)は、1999年のイギリスのロマンティック・コメディ映画。ロジャー・ミッシェル監督、リチャード・カーティス脚本。出演はジュリア・ロバーツとヒュー・グラントなど。

詳細・レビューを見る

 

『ユー・ガット・メール』

『ユー・ガット・メール』は1998年公開のアメリカ映画。インターネットで知り合った名前も知らない男女がメールのやり取りをしながらお互いに惹かれ合っていくロマンティック・コメディ。原題は「You’ve Got Mailユーヴ・ガット・メイル」。

詳細・レビューを見る

 

『モンスター』

『モンスター』(Monster)は、2003年のアメリカ合衆国の犯罪伝記映画。パティ・ジェンキンス監督・脚本。シャーリーズ・セロン主演。実在した元娼婦の連続殺人犯、アイリーン・ウォーノスの生涯を映画化した。

詳細・レビューを見る

 

『海がきこえる』

『『海がきこえる』(うみがきこえる)は、氷室冴子による小説。また、それを原作として1993年にスタジオジブリが制作したアニメーション作品。

詳細・レビューを見る

 

『ゲーテの恋 〜君に捧ぐ「若きウェルテルの悩み」〜』

『ゲーテの恋 〜君に捧ぐ「若きウェルテルの悩み」〜』(ゲーテのこい きみにささぐ わかきウェルテルのなやみ、Goethe!)は、2010年のドイツの伝記映画。18世紀のドイツの文豪ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテが自らの経験をもとに描いた小説『若きウェルテルの悩み』の誕生にまつわる恋愛を描いた青春恋愛映画。

詳細・レビューを見る

 

『キャロル』

『キャロル』(原題:Carol)は、2015年にアメリカ合衆国とイギリスで公開されたドラマ映画である。監督はトッド・ヘインズが、主演はケイト・ブランシェットとルーニー・マーラの2人が務めた。原作はパトリシア・ハイスミスの小説『The Price of Salt』(1952年刊行)である。

詳細・レビューを見る

 

 

SNSでは映画クイズや最新鑑賞映画の感想も投稿しているよ!

運営者

その他のジャンル別ランキング

『感動・涙腺』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『衝撃・壮絶』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『教訓』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『実話・実録』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『音楽・BGM』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

年表で見る人類の歴史と映画一覧

ここでは、人類の歴史と共に、その時代に関係する映画を紹介しています。主に実話をベースに載せていますが、中にはフィクションもあります。時代背景がしっかりしているフィクションはリスト入りしているわけです。

 

[宇宙誕生~紀元前500年編]年表で見る人類の歴史(世界史・日本史)と映画・漫画・小説一覧 [紀元前500年編~紀元後編]年表で見る人類の歴史(世界史・日本史)と映画・漫画・小説一覧 [紀元後~800年編]年表で見る人類の歴史(世界史・日本史)と映画・漫画・小説一覧