『後悔したくない方』はこちら

『哀愁・惜別』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

 
年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!2000本以上の映画を観た運営者が、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

Movie:info

初級者の方は『どんな人におすすめ?』だけをご参考ください。
 
注意
一応一番上が『一位』ということにしますが、人はどうしても最近見た映画に熱が入ります。つまり、古い映画はそれだけの理由で下位にランキングされるので、下位にあるからといって侮れません。
 

目次

どんな映画が多い?

私が映画に求めるものは圧倒的に『人生の教訓』です。私は十分この現実でスリリングな人生を生きてきましたから、ホラー映画に刺激を求めたいとは思わないんですね。また、『映画を観る為に人生を生きている』わけではないので、観る映画は厳選したい。このような私の考え方が、鑑賞する映画の傾向に現れています。それについては、下記の記事にて更に詳細を詰めています。きっと参考になるはずですので、目を通してみてください。
  この世に映画はいくつある?その中でどの映画を観ればいいの?  

それではランキングを見てみましょう!

 

哀愁編(全50位)

2000本以上観てきた私が、映画を観た後『哀愁』を覚えたり、『惜別』の念を覚えた映画をご紹介します!

 

『グラン・トリノ』

『グラン・トリノ』(Gran Torino)は、2008年のアメリカ映画。監督、プロデューサーおよび主演はクリント・イーストウッド。ミシガン州が舞台。

詳細・レビューを見る

 

『レオン』

『レオン』(仏題:Léon、米題:The Professional)は、1994年製作のフランス・アメリカ合作映画。リュック・ベッソン監督によるアクション映画。日本公開時のコピーは「凶暴な純愛」。

詳細・レビューを見る

 

戦場のメリークリスマス』

『戦場のメリークリスマス』(せんじょうのメリークリスマス、英: Merry Christmas, Mr. Lawrence)は、大島渚が監督した映画作品である。

詳細・レビューを見る

 

『ジョジョ・ラビット』

『ジョジョ・ラビット』(Jojo Rabbit)は、2019年のアメリカ合衆国のコメディ映画。監督はタイカ・ワイティティ。主演はローマン・グリフィン・デイヴィス。

詳細・レビューを見る

 

ライフ・イズ・ビューティフル

『ライフ・イズ・ビューティフル』(日本語訳:人生は美しい、原題:La vita è bella、英題:Life Is Beautiful)は1997年のイタリア映画。ロベルト・ベニーニ監督・脚本・主演作品。第二次世界大戦下のユダヤ人迫害(ホロコースト)を、ユダヤ系イタリア人の親子の視点から描いた作品である。

詳細・レビューを見る

 

HANA-BI』

『HANA-BI』(はなび、米: Fireworks)は、1998年公開の日本映画。監督・脚本・編集・挿入画、北野武。主演はビートたけし。妻や同僚の生と死、そして妻との逃亡を敢行する一人の孤独な刑事の人生模様を描く。

詳細・レビューを見る

 

『スリング・ブレイド』

『スリング・ブレイド』(Sling Blade)は、1996年制作のアメリカ映画。ビリー・ボブ・ソーントンが一人舞台として制作し、後に短編映画が製作され、さらにこの長編映画が製作された。ソーントンはこの作品でアカデミー脚色賞を受賞した。

詳細・レビューを見る

 

『キッズリターン』

『キッズ・リターン』(Kids Return)は、1996年に公開された日本映画。北野武の6作目となる監督作品。

詳細・レビューを見る

 

『ディア・ハンター』

『ディア・ハンター』(The Deer Hunter)は、1978年公開のアメリカ映画。製作はユニバーサル映画、監督はマイケル・チミノ。脚本はデリック・ウォッシュバーン。主演はロバート・デ・ニーロ。 第51回アカデミー賞並びに第44回ニューヨーク映画批評家協会賞作品賞受賞作品。

詳細・レビューを見る

 

『ジョーカー』

『ジョーカー』(原題:Joker)は、2019年にアメリカ合衆国で制作されたスリラー映画。DCコミックス「バットマン」に登場する悪役(スーパーヴィラン)であるジョーカーが誕生する経緯が描かれる。

詳細・レビューを見る

 

『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』は、2003年に公開されたアメリカ合衆国製作のアクション・アドベンチャー・ファンタジー映画である。『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの第1作目。

詳細・レビューを見る

 

ニュー・シネマ・パラダイス

『ニュー・シネマ・パラダイス』(伊: Nuovo Cinema Paradiso)は、1988年公開のイタリア映画。監督はジュゼッペ・トルナトーレ。

詳細・レビューを見る

 

あなたへ』

『あなたへ』は、2012年8月25日に公開された日本映画。降旗康男監督、高倉健主演。2014年11月10日に死去した高倉にとって最後の主演作品となった。

詳細・レビューを見る

 

『テルマ&ルイーズ』

『テルマ&ルイーズ』(Thelma and Louise)は、1991年に公開されたアメリカ映画。監督はリドリー・スコット、脚本はカーリー・クーリ、主演はスーザン・サランドンとジーナ・デイヴィス。

詳細・レビューを見る

 

ラ・ラ・ランド』

『ラ・ラ・ランド』(英: La La Land)は、2016年に公開されたアメリカ合衆国のロマンティック・ミュージカル映画。俳優志望とピアニストの恋愛を描いた映画で、この映画のタイトルはロサンゼルスと「現実から遊離した精神状態」を意味する。

詳細・レビューを見る

 

『セデック・バレ 第一部 太陽旗、第二部 虹の橋』

『セデック・バレ』 (原題:賽德克·巴萊 /Seediq Bale、セデック語で「真の人」の意)は、2011年の台湾映画。監督はウェイ・ダーション。

詳細・レビューを見る

 

『禁じられた遊び』

『禁じられた遊び』(きんじられたあそび、原題: Jeux interdits )は、1952年のフランスのドラマ映画。 フランソワ・ボワイエの小説『Les Jeux inconnus』を原作とし、戦争で孤児となった5歳のフランス人少女の運命を描いた映画である。

詳細・レビューを見る

 

『グリーンマイル』

『グリーンマイル』(The Green Mile)は、スティーヴン・キングが1996年に発表した、1932年の大恐慌時代の死刑囚が収容されている刑務所を舞台とするファンタジー小説。

詳細・レビューを見る

 

ブラック・スワン』

『ブラック・スワン』(原題: Black Swan)は、ダーレン・アロノフスキー監督による2010年のアメリカのサイコスリラー映画である。日本ではR15+指定作品として公開された。

詳細・レビューを見る

 

シャッター・アイランド』

『シャッター アイランド』(英: Shutter Island)は、2010年のアメリカ映画。原作はデニス・ルヘインによる同名のミステリー小説「Shutter Island」。監督マーティン・スコセッシ・主演レオナルド・ディカプリオの4度目の作品。

詳細・レビューを見る

 

バケモノの子』

『バケモノの子』(バケモノのこ)は、2015年に公開されたスタジオ地図制作の日本のアニメーション映画。

詳細・レビューを見る

 

『ローマの休日』

『ローマの休日』(ローマのきゅうじつ、原題:Roman Holiday)は、1953年製作のアメリカ映画。主演はグレゴリー・ペックとオードリー・ヘプバーン。

詳細・レビューを見る

 

『ショーシャンクの空に』

『ショーシャンクの空に』(ショーシャンクのそらに、原題:The Shawshank Redemption)は、1994年に公開されたアメリカ映画。刑務所内の人間関係を通して、冤罪によって投獄された有能な銀行員が、腐敗した刑務所の中でも希望を捨てず生き抜いていくヒューマン・ドラマ。

詳細・レビューを見る

 

耳をすませば』

『耳をすませば』(みみをすませば、英題: Whisper of the Heart)は、1995年にスタジオジブリ制作のアニメーション映画作品。

詳細・レビューを見る

 

『ラストエンペラー』

『ラストエンペラー』は、1987年公開のイタリア・中華人民共和国・イギリス・フランス・アメリカ合衆国の合作による、清朝最後の皇帝で後に満州国皇帝となった愛新覚羅溥儀の生涯を描いた歴史映画である。

詳細・レビューを見る

 

『ジョー・ブラックをよろしく』

『ジョー・ブラックをよろしく』(原題:Meet Joe Black)は、1998年のアメリカ映画。1934年の映画『明日なき抱擁(en:Death Takes a Holiday)』を元にしている。

詳細・レビューを見る

 

『運び屋』

『運び屋』(はこびや、原題: The Mule)は、2018年のアメリカ合衆国の犯罪映画である。監督と主演はクリント・イーストウッドが務めている。

詳細・レビューを見る

 

菊次郎の夏』

『菊次郎の夏』(きくじろうのなつ)は、北野武の監督作品。1999年6月5日公開された日本映画。第52回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式参加作品。生き別れた母を探す少年と、不良中年男との一夏の旅と交流を描くロードムービーである。

詳細・レビューを見る

 

『サイダーハウス・ルール』

『サイダーハウス・ルール』(The Cider House Rules)は、1999年製作のアメリカ映画。原作はジョン・アーヴィングの同名小説『サイダーハウス・ルール』。アーヴィング自身が脚本を書き、さらに駅員として出演もしている。

詳細・レビューを見る

 

『レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い』

『レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い』(レジェンド・オブ・フォール/はてしなきおもい、原題:Legends of the Fall)は、1994年のアメリカの恋愛映画。

詳細・レビューを見る

 

『カッコーの巣の上で』

『カッコーの巣の上で』(カッコーのすのうえで、原題: One Flew Over the Cuckoo’s Nest)は、1975年のアメリカ映画。精神異常を装って刑務所での強制労働を逃れた男が、患者の人間性までを統制しようとする病院から自由を勝ちとろうと試みる物語である。

詳細・レビューを見る

 

『妹の恋人』

『妹の恋人』(いもうとのこいびと、Benny & Joon)は、1993年のアメリカ映画。

詳細・レビューを見る

 

『ワーキング・ガール』

『ワーキング・ガール』(Working Girl)は、1988年のアメリカ合衆国のロマンティック・コメディ映画。1980年代後半の好景気によるM&Aブームを背景に、ニューヨーク・ウォール街の投資銀行のM&A部門で働く女性の恋と仕事を描いている。

詳細・レビューを見る

 

『グリーン・デスティニー』

『グリーン・デスティニー』(原題: 臥虎蔵龍、英語題: Crouching Tiger, Hidden Dragon)は、2000年の中国・香港・台湾・米国の合作作品で、王度廬の武俠小説『臥虎蔵龍』を原作とした武俠映画である。

詳細・レビューを見る

 

『ラン・オールナイト』

『ラン・オールナイト』(Run All Night)は、2015年にアメリカ合衆国で製作されたアクションスリラー映画。ジャウム・コレット=セラが監督を務め、リーアム・ニーソン、ジョエル・キナマン、コモン、エド・ハリスが出演した。

詳細・レビューを見る

 

『フェンス』

『フェンス』(Fences)は、2016年にアメリカ合衆国で公開されたドラマ映画である。監督と主演はデンゼル・ワシントンが務めた。なお、本作の原作は1983年にオーガスト・ウィルソン(英語版)が発表した戯曲『Fences』である。

詳細・レビューを見る

 

『ミッドナイト・ガイズ』

『ミッドナイト・ガイズ』(原題: Stand Up Guys)は、フィッシャー・スティーヴンス監督、アル・パチーノ、クリストファー・ウォーケン、アラン・アーキン出演の2012年のアメリカ合衆国のクライム・コメディ映画である。

詳細・レビューを見る

 

『リバー・ランズ・スルー・イット』

『リバー・ランズ・スルー・イット』(A River Runs Through It)は、1992年公開のアメリカ映画。製作会社はコロンビア映画で、監督はロバート・レッドフォード。

詳細・レビューを見る

 

『みかんの丘』

舞台はアブハジア共和国。時代も1990年代前半で、『とうもろこしの島』と同じ状況が舞台となっている。

詳細・レビューを見る

 

『旅立ちの時』

『旅立ちの時』(たびだちのとき・Running On Empty)は、リヴァー・フェニックス主演の1988年の映画。

詳細・レビューを見る

 

『小説家を見つけたら』

『小説家を見つけたら』(Finding Forrester)は、2000年のアメリカ映画。

詳細・レビューを見る

 

『言の葉の庭』

『言の葉の庭』(ことのはのにわ)は、新海誠監督のアニメーション映画。2013年5月31日公開[。キャッチコピーは『”愛”よりも昔、”孤悲”のものがたり』。

詳細・レビューを見る

 

『とらわれて夏』

『とらわれて夏』(とらわれてなつ、Labor Day)は、2013年のアメリカ合衆国のドラマ映画。ジェイソン・ライトマン監督・脚本。原作はジョイス・メイナードの小説『レイバーデイ』である。

詳細・レビューを見る

 

『わたしは、ダニエル・ブレイク』

『わたしは、ダニエル・ブレイク』(I, Daniel Blake)は、ケン・ローチ監督、ポール・ラヴァーティ脚本による2016年のイギリス・フランスのドラマ映画である。出演はデイヴ・ジョーンズ、ヘイリー・スクワイアーズ、ディラン・マキアナン、ブリアナ・シャンらである。

詳細・レビューを見る

 

『マイレージ、マイライフ』

『マイレージ、マイライフ』(Up in the Air)は、ジェイソン・ライトマン監督による2009年のコメディドラマ映画である。ウォルター・カーン(英語版)による2001年の同名小説を原作としてライトマンとシェルドン・ターナーが脚本を執筆した。

詳細・レビューを見る

 

『プールサイド・デイズ』

『プールサイド・デイズ』(原題: The Way Way Back)は、2013年にアメリカ合衆国で公開されたコメディドラマ映画。ナット・ファクソンとジム・ラッシュが監督と脚本を務めた。二人にとっては初監督作品となる。

詳細・レビューを見る

 

『明日に向かって撃て!』

『明日に向って撃て!』(あすにむかってうて、原題: Butch Cassidy and the Sundance Kid)は、1969年公開のアメリカ合衆国の映画。実在の銀行強盗ブッチ・キャシディとサンダンス・キッドに取材した西部劇。

詳細・レビューを見る

 

『グランド・ブダペスト・ホテル』

『グランド・ブダペスト・ホテル』(原題: The Grand Budapest Hotel)とは、ドイツ・アメリカ合作のドラメディ(コメディ・ドラマ)映画である。とある高級ホテルのカリスマ的コンシェルジュである初老の男と若いベルボーイの交友を描いた作品である。

詳細・レビューを見る

 

『ウィンターズ・ボーン』

『ウィンターズ・ボーン』(Winter’s Bone) は、2010年のアメリカ合衆国のヒューマン・サスペンス映画である。2006年に発表されたダニエル・ウッドレルの同名の小説に基づいている。2010年1月21日、サンダンス映画祭で初公開され、ドラマ部門のグランプリを受賞した。

詳細・レビューを見る

 

 

 

SNSでは映画クイズや最新鑑賞映画の感想も投稿しているよ!

運営者

その他のジャンル別ランキング

『感動・涙腺』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『衝撃・壮絶』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『教訓』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『実話・実録』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『音楽・BGM』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

年表で見る人類の歴史と映画一覧

ここでは、人類の歴史と共に、その時代に関係する映画を紹介しています。主に実話をベースに載せていますが、中にはフィクションもあります。時代背景がしっかりしているフィクションはリスト入りしているわけです。

 

[宇宙誕生~紀元前500年編]年表で見る人類の歴史(世界史・日本史)と映画・漫画・小説一覧 [紀元前500年編~紀元後編]年表で見る人類の歴史(世界史・日本史)と映画・漫画・小説一覧 [紀元後~800年編]年表で見る人類の歴史(世界史・日本史)と映画・漫画・小説一覧