『ヒト』を最適化しよう。

『芸術・創造』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

 

目次

芸術・創造編

2000本以上観てきた私が『クリエイティブ』、『芸術』をテーマにした見応えのある映画をご紹介します!

 

セッション』

『セッション』(原題: Whiplash)は、2014年にアメリカ合衆国で製作されたドラマ映画である。監督・脚本はデイミアン・チャゼル、主演はマイルズ・テラーが務めた。第87回アカデミー賞で5部門にノミネートされ、J・K・シモンズの助演男優賞を含む3部門で受賞した。

詳細・レビューを見る

 

『スクール・オブ・ロック』

『スクール・オブ・ロック』(School of Rock)は、2003年のアメリカ合衆国のミュージカルコメディ映画。 一流小学校の教師になりすました売れないロックミュージシャンが、厳格な校風のせいで頭が固くなった小学生たちを、ロックを通じて自由に目覚めさせていく姿を描いている。

詳細・レビューを見る

 

『さらば、わが愛/覇王別姫』

『さらば、わが愛/覇王別姫』(さらば、わがあい/はおうべっき、原題: 覇王別姫)は、1993年の中国の映画である。日中戦争や文化大革命などを背景として時代に翻弄される京劇役者の小楼や蝶衣の目を通して近代中国の50年を描く。

詳細・レビューを見る

 

『フットルース』

『フットルース』(Footloose)は、1984年のアメリカ映画。パラマウント映画作品。上映時間107分。

詳細・レビューを見る

 

『フラッシュダンス』

『フラッシュダンス』(Flashdance)は、1983年に公開されたアメリカ映画。ミュージック・ビデオ・スタイルの表現方法はシンプソンとブラッカイマーのヒット作『トップガン』(1986年)など他の映画に影響を与えた。

詳細・レビューを見る

 

『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』

『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』(The Imitation Game)は、2014年の歴史ドラマ映画。

詳細・レビューを見る

 

タイタニック』

『タイタニック』(原題:Titanic)は、ジェームズ・キャメロン監督・脚本による1997年のアメリカ映画。

詳細・レビューを見る

 

奇跡のシンフォニー』

『奇跡のシンフォニー』(きせきの – 、原題: August Rush)は、2007年公開のアメリカ映画。主演は『チャーリーとチョコレート工場』で知られるフレディ・ハイモア。

詳細・レビューを見る

 

『はじまりのうた』

『はじまりのうた』(原題: Begin Again)は、2013年のアメリカ合衆国の音楽映画。監督および脚本は、『ONCE ダブリンの街角で』の監督であるジョン・カーニー。主演はシンガーソングライターを演じたキーラ・ナイトレイと音楽プロデューサーを演じたマーク・ラファロ。

詳細・レビューを見る

 

『パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト』

『パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト』(パガニーニ あいときょうきのヴァイオリニスト、ドイツ語原題:Der Teufelsgeiger)は、2013年のドイツの伝記映画。

詳細・レビューを見る

 

スティーブ・ジョブズ』

『スティーブ・ジョブズ』(原題: Jobs)は、1971年から2011年までのスティーブ・ジョブズを描いた2013年のアメリカ合衆国の伝記・ドラマ映画である。アシュトン・カッチャーがジョブズ、ジョシュ・ギャッドがアップルコンピュータ共同設立者のスティーブ・ウォズニアックを演じる。

詳細・レビューを見る

 

『しあわせの絵の具 / 愛を描く人 モード・ルイス』

主人公となる女性のモード・ルイス(1903年3月7日-1970年7月30日)とはカナダのフォークアートの画家である。この映画の主人公は絶世の美女というわけでもないし、活動拠点も小ぢんまりした小さな小屋で、見る人が見ればとても地味な作品となる。

詳細・レビューを見る

 

『メメント』

『メメント』(原題:Memento)は、2000年に公開されたアメリカ映画。クリストファー・ノーラン監督作品で出世作であり代表作の一つ。ストーリーを終わりから始まりへ、時系列を逆向きに映し出していくという形式を取りながら、妻を殺した犯人を追う男性を描く。

詳細・レビューを見る

 

hide ALIVE THE MOVIE』

hideという男の音楽が好きな人なら、感慨深い作品だ。私はカラオケで彼の歌をよく歌っていた。個性的で、魅力的な男だった。

 

 

『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』

『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』(英語: Michael Jackson’s This Is It)は、2009年に公開されたマイケル・ジャクソンのドキュメンタリー映画である。

詳細・レビューを見る

 

『BECK』

『BECK』(ベック)は、2010年9月4日公開の日本映画。ハロルド作石の漫画『BECK』を原作とした青春映画である。

詳細・レビューを見る

 

『アキレスと亀』

『アキレスと亀』(アキレスとかめ)は、2008年の日本映画。監督は北野武。14作目の長編映画となり、『TAKESHIS’』『監督・ばんざい!』に続く、芸術家としての自己を投影した三部作の最後の作品である。

詳細・レビューを見る

 

『ブルーに生まれついて』

『ブルーに生まれついて』(ブルーにうまれついて、原題: Born to Be Blue)は、2015年のカナダ・イギリス合作の伝記ドラマ映画である。ロバート・バドローが監督と脚本を手がけており、イーサン・ホークがチェット・ベイカーを演じている。

詳細・レビューを見る

 

『ボヘミアン・ラプソディ』

『ボヘミアン・ラプソディ』(英語: Bohemian Rhapsody)は、イギリスのロックバンド・クイーンのボーカルだったフレディ・マーキュリーに焦点を当て、1970年のクイーン結成から1985年のライヴエイド出演までを描いた伝記映画である。

詳細・レビューを見る

 

『戦場のピアニスト』

『戦場のピアニスト』(せんじょうのピアニスト、原題: The Pianist)は、第二次世界大戦におけるワルシャワを舞台としたフランス・ドイツ・ポーランド・イギリスの合作映画。2002年公開。ユダヤ系ポーランド人のピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマンの体験記を脚色して映像化している。

詳細・レビューを見る

 

『真珠の耳飾りの少女』

『真珠の耳飾りの少女』(原題:Girl with a Pearl Earring)は、2003年のイギリス・ルクセンブルク合作のドラマ映画。ヨハネス・フェルメールの絵画「真珠の耳飾りの少女」を題材にした作品。主演のスカーレット・ヨハンソンがゴールデングローブ賞最優秀主演女優賞にノミネートされた。

詳細・レビューを見る

 

『ドリームガールズ』

『ドリームガールズ』(原題: Dreamgirls)は、2006年公開のミュージカル映画。トム・アイン原作・作詞によるブロードウェイ・ミュージカルの『ドリームガールズ』が原作。

詳細・レビューを見る

 

『イエスタデイ』

『イエスタデイ』(英語: Yesterday)は、2019年のイギリスのファンタジー・コメディ映画。監督はダニー・ボイル、出演はヒメーシュ・パテルとリリー・ジェームズなど。

詳細・レビューを見る

 

『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』

『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』(Walk the Line)は、2005年公開のアメリカ映画。ジェームズ・マンゴールド監督・脚本。カントリー・ミュージシャンのジョニー・キャッシュの伝記映画で、特に彼の2人目の妻となった歌手のジューン・カーターとの関係を描いている。

詳細・レビューを見る

 

『ビッグ・アイズ』

『ビッグ・アイズ』(原題: Big Eyes)は、2014年12月25日に全米公開されたアメリカ合衆国の伝記映画である。監督はティム・バートンが務め、主演はエイミー・アダムスとクリストフ・ヴァルツが務める。

詳細・レビューを見る

 

『リバティーン』

『リバティーン』(The Libertine「放蕩者」の意味)は、2004年のイギリス製作映画。ジョン・マルコヴィッチ出演の舞台の映画化作品。イギリスに実在した天才詩人、第2代ロチェスター伯爵ジョン・ウィルモットの生涯を描く。

詳細・レビューを見る

 

『ピッチ・パーフェクト』

『ピッチ・パーフェクト』(Pitch Perfect)は、2012年にアメリカ合衆国で製作されたミュージカルコメディ映画。続編は「ピッチ・パーフェクト2」「ピッチ・パーフェクト ラストステージ」。

詳細・レビューを見る

 

『アリー/ スター誕生』

『アリー/ スター誕生』(アリー スターたんじょう、A Star Is Born)は、ブラッドリー・クーパー監督による2018年のミュージカル・恋愛・ドラマ映画である。

詳細・レビューを見る

 

『オーケストラ!』

『オーケストラ!』(原題: Le Concert)は、2009年のフランス映画。

詳細・レビューを見る

 

『グリーンブック』

『グリーンブック』(Green Book)は、2018年のアメリカ合衆国の伝記コメディ映画。

詳細・レビューを見る

 

アマデウス

『アマデウス』(Amadeus)は、1984年に制作された映画。ブロードウェイの舞台『アマデウス』の映画化である。F・マーリー・エイブラハム演じるアントニオ・サリエリを中心として、トム・ハルス演じるヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの物語を描く。

詳細・レビューを見る

 

『イヴ・サンローラン』

『イヴ・サンローラン』(Yves Saint Laurent)は2014年のフランスの伝記映画。 20世紀を代表するフランスのファッションデザイナー、イヴ・サン=ローランの生涯を、同性の恋人で後援者でもあるピエール・ベルジェとの関係を通して描いている。

詳細・レビューを見る

 

不滅の恋/ベートーヴェン

『不滅の恋/ベートーヴェン』(Immortal Beloved)は、作曲家ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの生涯を題材としたイギリス・アメリカ合作映画で、1994年に封切られた。

詳細・レビューを見る

 

バトル・オブ・シリコンバレー

『バトル・オブ・シリコンバレー』(原題: Pirates of Silicon Valley)は1999年にアメリカで製作されたドキュメンタリータッチのフィクションドラマ。作品自体高い評価を受けてプライムタイム・エミー賞 作品賞 (テレビ映画部門)にノミネートされた。

詳細・レビューを見る

 

『ロケットマン』

『ロケットマン』(原題:Rocketman)は、2019年のイギリス・アメリカ合衆国の伝記ミュージカル映画。イギリスのミュージシャン・エルトン・ジョンの半生を描く。

詳細・レビューを見る

 

『ビルマの竪琴』

『ビルマの竪琴』(ビルマのたてごと)は、竹山道雄が唯一執筆した児童向けの作品。第二次世界大戦でのビルマを舞台とし、日本兵をモデルとしている。

詳細・レビューを見る

 

『ジュディ 虹の彼方に』

『ジュディ 虹の彼方に』(ジュディ にじのかなたに、Judy)は2019年のイギリス・アメリカ合作のジュディ・ガーランドの伝記映画。本作は2005年に初演されたピーター・キルター脚本の舞台劇『エンド・オブ・ザ・レインボー』を原作としている。

詳細・レビューを見る

 

『ヴェルサイユの宮廷庭師』

1682年のフランスに、現在、Wikipediaにも載っていないサビーヌ・ド・バラという庭師がいた。当時の王はルイ14世だ。ルイ14世というのは表向きには『太陽王』とも称されるほどの人物で、ヴェルサイユ宮殿を作ったことでも有名。

詳細・レビューを見る

 

『ファントム・スレッド』

『ファントム・スレッド』(Phantom Thread)は、2017年のアメリカ合衆国のドラマ・ロマンス映画。監督は世界三大映画祭の監督賞を制覇したポール・トーマス・アンダーソン。主演はアカデミー主演男優賞を3度受賞したダニエル・デイ=ルイス。

詳細・レビューを見る

 

『永遠の門 ゴッホの見た未来』

『永遠の門 ゴッホの見た未来』(えいえんのもん ゴッホのみたみらい、At Eternity’s Gate)は、2018年のアメリカ合衆国・イギリス・フランス合作の伝記映画。監督はジュリアン・シュナーベル、主演はウィレム・デフォーが務めた。

詳細・レビューを見る

 

『レオナルド・ダ・ヴィンチ 美と知の迷宮』

これは映画というよりもドキュメンタリー映画である。まるで、美術館でダヴィンチの絵を見に行くつもりで、この作品を見るといい。

詳細・レビューを見る

 

『ジーア/悲劇のスーパーモデル』

『ジーア/悲劇のスーパーモデル』(原題: Gia)は、1998年1月31日にアメリカのケーブルテレビネットワークHBOで放送されたテレビ映画。劇場未公開の作品ではあるものの、アンジェリーナ・ジョリーの名前を一躍世間に知らしめたとして、ファンからは根強い人気を誇る。

詳細・レビューを見る

 

『ファング一家の奇想天外な秘密』

『ファング一家の奇想天外な秘密』(原題:The Family Fang)は2015年に公開されたアメリカ合衆国のコメディ映画である。監督はジェイソン・ベイトマン、主演はニコール・キッドマンが務めた。本作はケヴィン・ウィルソンが2011年に上梓した小説『ファング一家の奇想天外な謎めいた生活』を原作としている。

詳細・レビューを見る

 

アイム・ノット・ゼア

『アイム・ノット・ゼア』(I’m Not There)は、2007年のアメリカ映画。歌手ボブ・ディランの半生を6人の俳優達(クリスチャン・ベール、ケイト・ブランシェット、マーカス・カール・フランクリン、リチャード・ギア、ヒース・レジャー、ベン・ウィショー)が演じる伝記映画。

詳細・レビューを見る

 

『静かなる情熱 エミリ・ディキンスン』

兼ねてから気になっていた言葉を残したエミリー・ディキンソンの映画だ。独特な言い回しが特徴的だったが、やはり独特な人生を生きた女性だったようだ。

詳細・レビューを見る

 

 

 

SNSでは映画クイズや最新鑑賞映画の感想も投稿しているよ!

運営者

その他のジャンル別ランキング

『感動・涙腺』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『衝撃・壮絶』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『教訓』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『実話・実録』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『音楽・BGM』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

年表で見る人類の歴史と映画一覧

ここでは、人類の歴史と共に、その時代に関係する映画を紹介しています。主に実話をベースに載せていますが、中にはフィクションもあります。時代背景がしっかりしているフィクションはリスト入りしているわけです。

 

[宇宙誕生~紀元前500年編]年表で見る人類の歴史(世界史・日本史)と映画・漫画・小説一覧 [紀元前500年編~紀元後編]年表で見る人類の歴史(世界史・日本史)と映画・漫画・小説一覧 [紀元後~800年編]年表で見る人類の歴史(世界史・日本史)と映画・漫画・小説一覧