目次はこちら

『お金・経済』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

 

目次

お金・経済編

2000本以上観てきた私が『お金』や『経済』に関する見応えのある映画をご紹介します!

 

『マルクス・エンゲルス』

『マルクス・エンゲルス』(Le jeune Karl Marx)は、2017年に公開されたドイツ・フランス・ベルギー合作の歴史映画・伝記映画。ドイツの思想家カール・マルクスとフリードリヒ・エンゲルスの若年期を描いている。

詳細・レビューを見る

 

ウルフ・オブ・ウォールストリート』

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(The Wolf of Wall Street)は、2013年のアメリカ合衆国の伝記・コメディ映画。ジョーダン・ベルフォートの回想録『ウォール街狂乱日記 – 「狼」と呼ばれた私のヤバすぎる人生』を原作としたマーティン・スコセッシ監督作品である。

詳細・レビューを見る

 

マネー・ショート 華麗なる大逆転』

『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(マネー・ショート かれいなるだいぎゃくてん、原題: The Big Short)は、2015年にアメリカ合衆国で公開されたドラマ映画である。

詳細・レビューを見る

 

『オーシャンズシリーズ』

『オーシャンズ11』(オーシャンズ・イレブン、原題: Ocean’s Eleven)は2001年のアメリカ映画。主人公ダニー・オーシャン率いる11人の犯罪スペシャリスト集団が、ラスベガス三大カジノの金庫室にある1億6000万ドル以上の現金を狙うケイパー映画。フランク・シナトラが主人公を務めた1960年の映画『オーシャンと十一人の仲間』のリメイク作品。

詳細・レビューを見る

 

闇金ウシジマくんシリーズ

『闇金ウシジマくん』(やみきんウシジマくん)は、真鍋昌平による日本の漫画『闇金ウシジマくん』を原作とした日本の映画シリーズ。

詳細・レビューを見る

 

スマグラー』

『スマグラー』(SMUGGLER)は、真鍋昌平による日本の漫画、及びそれを原作とした2011年公開の日本映画。『月刊アフタヌーン』(講談社)の2000年5月号から8月号に掲載されていた。単行本全1巻。

詳細・レビューを見る

 

『ウォール・ストリート』

『ウォール・ストリート』(原題: Wall Street: Money Never Sleeps)は、2010年のアメリカ映画。1987年の映画『ウォール街』の続編であり、前作に続きオリバー・ストーンが再び監督を務めている。

詳細・レビューを見る

 

『幸せのちから』

『幸せのちから』(原題: The Pursuit of Happyness)は、2006年のアメリカ映画。事業の失敗によりホームレスになるまで落ちぶれたが、最終的には成功を掴んだ実在の男性、クリス・ガードナーの半生を描いた作品である。

詳細・レビューを見る

 

『カイジシリーズ』

『カイジ 人生逆転ゲーム』(カイジ じんせいぎゃくてんゲーム)のタイトルで、日本テレビ製作、東宝配給により2009年10月10日に公開された。講談社や東宝を含む十数社の共同による製作委員会方式だが、プロダクション業務をはじめ日本テレビグループや系列局が中心になっている。

詳細・レビューを見る

 

『キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け』

『キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け』( – きけんなかけ、Arbitrage)は、2012年にアメリカ合衆国で公開されたサスペンス映画。ニコラス・ジャレッキー監督の長編劇初監督作品。

詳細・レビューを見る

 

『ブレイブ』

『ブレイブ』(原題: The Brave)は、1997年のアメリカ映画。グレゴリー・マクドナルドの同名小説の映画化。自身もチェロキー族インディアンの血を引いているジョニー・デップが初めて監督・脚本・主演の3役をこなした作品。

詳細・レビューを見る

 

『シビル・アクション』

『シビル・アクション』(原題:A Civil Action)は、1998年制作のアメリカ合衆国の映画。1980年代にマサチューセッツ州ウーバンで起きた環境汚染に対する損害賠償訴訟に関わった弁護士ジャン・シュリクマンの活動をまとめたジョナサン・ハー原作のノンフィクションを映画化。

詳細・レビューを見る

 

『シンドラーのリスト』

『シンドラーのリスト』(英: Schindler’s List)は、スティーヴン・スピルバーグ監督による1993年のアメリカ映画。

詳細・レビューを見る

 

『嘘の天才 〜史上最大の金融詐欺〜(ウィザード・オブ・ライズ)』

この映画のモデルであるバーナード・ローレンス・マドフ(Bernard Lawrence Madoff 1938年4月29日-)とは、アメリカ合衆国の実業家、元NASDAQ会長。史上最大級の巨額詐欺事件の犯人として知られる。

詳細・レビューを見る

 

アメリカン・ギャングスタ―』

『アメリカン・ギャングスター』(原題: American Gangster)は、スティーヴン・ザイリアン脚本、リドリー・スコット監督、デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ主演、2007年にアメリカ合衆国で製作された犯罪映画である。

詳細・レビューを見る

 

『天使のくれた時間』

『天使のくれた時間』(てんしのくれたじかん、原題:The Family Man)は、2000年製作のアメリカ映画。ブレット・ラトナー監督が、『素晴らしき哉、人生!』をモチーフに「もしあの時、違う道を選んでいたら?」をテーマに描いたファンタジー映画。

詳細・レビューを見る

 

『アビエイター』

『アビエイター』(The Aviator)は、マーティン・スコセッシ監督による2004年のアメリカ映画。ミラマックス作品。「アビエイター」とは「飛行機の操縦士」、「飛行家」を意味する。実在の大富豪、実業家であるハワード・ヒューズの波乱に富んだ半生を描いた。

詳細・レビューを見る

 

『ジョンQ -最後の決断-』

『ジョンQ -最後の決断-』(じょんきゅう さいごのけつだん、原題: John Q)は、米国で2002年に製作された映画。日本での公開は2002年11月23日。アメリカの医療制度、保険制度の問題を風刺したヒューマンドラマ。

詳細・レビューを見る

 

『ハイネケン誘拐の代償』

『ハイネケン誘拐の代償』(ハイネケンゆうかいのだいしょう、Kidnapping Freddy Heineken)は2015年のベルギー・イギリス・オランダ合作の犯罪サスペンス映画。米国公開時のタイトルは『Kidnapping Mr. Heineken』。 監督はダニエル・アルフレッドソン、出演はアンソニー・ホプキンスとサム・ワーシントンなど。

詳細・レビューを見る

 

『パラサイト 半地下の家族』

『パラサイト 半地下の家族』(原題:기생충(→寄生虫)、英: Parasite)は、2019年の韓国のブラック・コメディスリラー映画。

詳細・レビューを見る

 

ブロウ』

『『ブロウ』(Blow)は、テッド・デミ監督、ジョニー・デップ出演の2001年製作のアメリカ映画である。1970年代に伝説のドラッグ・ディーラーとなったジョージ・ユングの半生を、家族や恋人との愛と葛藤を織り込み描いている。テッド・デミ監督の遺作となった。Blowはコカインの俗語である。

詳細・レビューを見る

 

『ブラッド・ダイヤモンド』

『ブラッド・ダイヤモンド』(原題:Blood Diamond)は、2006年製作のアメリカ合衆国の映画。アフリカ・シエラレオネの内戦(1991年 – 2002年)での、「ブラッド・ダイヤモンド(紛争の資金調達のため不法に取引される、いわゆる紛争ダイヤモンド)」を巡るサスペンス。

詳細・レビューを見る

 

『運び屋』

『運び屋』(はこびや、原題: The Mule)は、2018年のアメリカ合衆国の犯罪映画である。監督と主演はクリント・イーストウッドが務めている。

詳細・レビューを見る

 

『バリー・シール/アメリカをはめた男』

『バリー・シール/アメリカをはめた男』(バリー・シール アメリカをはめたおとこ、American Made)は、2017年のアメリカ合衆国の伝記犯罪映画。監督はダグ・リーマン、主演はトム・クルーズ。

詳細・レビューを見る

 

『フォックスキャッチャー』

『フォックスキャッチャー』(原題:Foxcatcher)は、2014年のアメリカ合衆国の伝記映画。1996年に起きたデイヴ・シュルツ(英語版)殺害事件を題材にしている。監督はベネット・ミラー、主演はスティーヴ・カレルとチャニング・テイタムが務める。

詳細・レビューを見る

 

『ビッグ・アイズ』

『ビッグ・アイズ』(原題: Big Eyes)は、2014年12月25日に全米公開されたアメリカ合衆国の伝記映画である。監督はティム・バートンが務め、主演はエイミー・アダムスとクリストフ・ヴァルツが務める。

詳細・レビューを見る

 

『チャップリンからの贈りもの』

『チャップリンからの贈りもの』(ちゃっぷりんからのおくりもの、仏: La Rançon de la gloire)は2014年のフランスの伝記コメディ映画。チャールズ・チャップリンの死後、金銭目的で遺体を誘拐した2人の犯行の実話をもとにしている。

詳細・レビューを見る

 

『王妃マリー・アントワネット』

『王妃マリー・アントワネット』(Marie-Antoinette)は、カナダ、フランスのテレビ映画。

詳細・レビューを見る

 

『シンデレラマン』

『シンデレラマン』(原題: Cinderella Man)は、2005年のアメリカ映画。大恐慌時代に活躍した、映画のタイトルとなったあだ名の実在のプロボクサー、ジェームス・J・ブラドックの大番狂わせの試合を描いた伝記映画。ラッセル・クロウ主演。

詳細・レビューを見る

 

『ボヘミアン・ラプソディ』

『ボヘミアン・ラプソディ』(英語: Bohemian Rhapsody)は、イギリスのロックバンド・クイーンのボーカルだったフレディ・マーキュリーに焦点を当て、1970年のクイーン結成から1985年のライヴエイド出演までを描いた伝記映画である。

詳細・レビューを見る

 

『ロケットマン』

『ロケットマン』(原題:Rocketman)は、2019年のイギリス・アメリカ合衆国の伝記ミュージカル映画。イギリスのミュージシャン・エルトン・ジョンの半生を描く。デクスター・フレッチャー監督、タロン・エジャトンがエルトン・ジョンを演じる。

詳細・レビューを見る

 

『ゲティ家の身代金』

『ゲティ家の身代金』(ゲティけのみのしろきん、All the Money in the World)は2017年のアメリカ合衆国・イギリス合作映画。1973年に、当時フォーチュン誌から”世界一の大富豪”に認定されたゲティオイル社社長のジャン・ポール・ゲティの孫が誘拐された実話をフィクションを織り交ぜて描く。

詳細・レビューを見る

 

『カジノ』

『カジノ』(Casino)は1995年のアメリカ合衆国の犯罪映画。監督マーティン・スコセッシ、主演ロバート・デ・ニーロ。ある天才賭博師を通じて、まだマフィアの支配下にあった1970年代から80年代のラスベガスを描いている。

詳細・レビューを見る

 

『グッドフェローズ』

『グッドフェローズ』 (Goodfellas) は、1990年のアメリカ合衆国の犯罪伝記映画。監督はマーティン・スコセッシ、出演はレイ・リオッタとロバート・デ・ニーロなど。原作はニコラス・ピレッジのノンフィクション『グッドフェローズ』。

詳細・レビューを見る

 

『モリーズ・ゲーム』

『モリーズ・ゲーム』(Molly’s Game)は、2017年にアメリカ合衆国で公開された伝記映画である。監督はアーロン・ソーキン、主演はジェシカ・チャステインが務めた。

詳細・レビューを見る

 

『シティオブゴッド』

『シティ・オブ・ゴッド』(ポルトガル語: Cidade de Deus、英語: City of God)は、2002年に製作されたブラジルの映画である。フェルナンド・メイレレス監督が、パウロ・リンスの同名小説(日本語未訳)を脚色して映画化した。

詳細・レビューを見る

 

『スラムドッグ$ミリオネア』

『スラムドッグ$ミリオネア』(原題: Slumdog Millionaire)は、2008年のイギリス映画。インド人外交官のヴィカス・スワラップの小説『ぼくと1ルピーの神様』(ランダムハウス講談社)をダニー・ボイルが映画化。

詳細・レビューを見る

 

『2ガンズ』

『2ガンズ』(ツーガンズ、2 Guns)は、2013年のアメリカ合衆国のアクション・コメディ映画。監督はアイスランド出身のバルタザル・コルマキュル、出演はデンゼル・ワシントン、マーク・ウォールバーグなど。原作はスティーブン・グラントの同名のグラフィックノベルである。

詳細・レビューを見る

 

『戦争と平和』

『戦争と平和』(せんそうとへいわ、Война и мир)はロシアの文豪レフ・トルストイの代表作の1つである大河歴史小説『戦争と平和』を映画化した作品。

詳細・レビューを見る

 

フェイク シティ ある男のルール(Street Kings)』

『フェイク シティ ある男のルール』(原題:Street Kings)は、2008年のアメリカ映画。

詳細・レビューを見る

 

『億男』

『億男』(おくおとこ)は、映画プロデューサーで小説家の川村元気による長編小説。大友啓史監督により映画化され、2018年10月19日に公開。

詳細・レビューを見る

 

『ハード・ラッシュ』

『ハード・ラッシュ』(Contraband)は、2012年のアメリカ合衆国のクライムアクション映画。

詳細・レビューを見る

 

『武士の家計簿』

『武士の家計簿 「加賀藩御算用者」の幕末維新』(ぶしのかけいぼ 「かがはんごさんようもの」のばくまついしん)は、2003年に新潮新書で発刊された歴史学者磯田道史の著書。一般向けの教養書で、ドキュメンタリー的なノンフィクションであるが、2010年にこれを原作として映画『武士の家計簿』が製作されている。

詳細・レビューを見る

 

 

その他のジャンル別ランキング

『感動・涙腺』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『衝撃・壮絶』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『教訓』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『実話・実録』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『音楽・BGM』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

年表で見る人類の歴史と映画一覧

ここでは、人類の歴史と共に、その時代に関係する映画を紹介しています。主に実話をベースに載せていますが、中にはフィクションもあります。時代背景がしっかりしているフィクションはリスト入りしているわけです。

 

[宇宙誕生~紀元前500年編]年表で見る人類の歴史(世界史・日本史)と映画・漫画・小説一覧 [紀元前500年編~紀元後編]年表で見る人類の歴史(世界史・日本史)と映画・漫画・小説一覧 [紀元後~800年編]年表で見る人類の歴史(世界史・日本史)と映画・漫画・小説一覧