『後悔したくない方』はこちら

『宇宙・惑星』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

 
年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!2000本以上の映画を観た運営者が、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

Movie:info

初級者の方は『どんな人におすすめ?』だけをご参考ください。
 
注意
一応一番上が『一位』ということにしますが、人はどうしても最近見た映画に熱が入ります。つまり、古い映画はそれだけの理由で下位にランキングされるので、下位にあるからといって侮れません。
 

どんな映画が多い?

私が映画に求めるものは圧倒的に『人生の教訓』です。私は十分この現実でスリリングな人生を生きてきましたから、ホラー映画に刺激を求めたいとは思わないんですね。また、『映画を観る為に人生を生きている』わけではないので、観る映画は厳選したい。このような私の考え方が、鑑賞する映画の傾向に現れています。それについては、下記の記事にて更に詳細を詰めています。きっと参考になるはずですので、目を通してみてください。
  この世に映画はいくつある?その中でどの映画を観ればいいの?  

それではランキングを見てみましょう!

 

宇宙編

2000本以上観てきた私が『宇宙』や『惑星』をテーマにした見応えのある映画をご紹介します!

 

インターステラー』

『インターステラー』(原題: Interstellar)は、クリストファー・ノーラン監督による2014年のSF映画である。

詳細・レビューを見る

 

ゼロ・グラビティ』

『ゼロ・グラビティ』(原題:Gravity)は、アルフォンソ・キュアロン監督による2013年に公開された、宇宙を舞台にしたSF・ヒューマン・サスペンス映画である。

詳細・レビューを見る

 

スター・ウォーズシリーズ』

『スター・ウォーズ(Star Wars)』シリーズは、ジョージ・ルーカスの構想を基にルーカスフィルムが製作するアメリカ合衆国のスペースオペラである。

詳細・レビューを見る

 

アバター』

『アバター』(Avatar)は、2009年に公開されたジェームズ・キャメロン監督によるアメリカ映画。3D映像による劇場公開が大きく取り上げられた作品であり、世界興行収入は2019年公開の『アベンジャーズ /エンドゲーム』に抜かれるまで歴代1位となる27億8800万ドル(当時のレートで約2518億円)を記録していた。

詳細・レビューを見る

 

オデッセイ』

『オデッセイ』(原題: The Martian)は、2015年のアメリカ合衆国のSF映画である。アンディ・ウィアーの小説『火星の人』(2011年出版)を原作としている。監督はリドリー・スコット、主演はマット・デイモンが務める。

詳細・レビューを見る

 

パッセンジャー』

『パッセンジャー』(原題: Passengers)は、2016年のアメリカ合衆国のSF映画。日本では2017年3月24日に公開。日本版のキャッチコピーは「乗客5000人 目的地まで120年 90年も早く 2人だけが目覚めた 理由は1つ――。」。

詳細・レビューを見る

 

コンタクト』

『コンタクト』(Contact)は、1997年のアメリカ映画。カール・セーガンによるSF小説の映画化作品。SETIプロジェクト、人類と宗教、科学、政治、地球外生命、などをテーマとするSF映画に仕上がっている。

詳細・レビューを見る

 

『ライトスタッフ』

『ライトスタッフ』(原題:The Right Stuff)は、1983年のアメリカ映画。有人宇宙飛行計画”マーキュリー計画”に従事した、7人の宇宙飛行士の実話を基に描いた作品[3]。フィリップ・カウフマン監督。

詳細・レビューを見る

 

『アポロ13』

『アポロ13』(アポロサーティーン、Apollo 13)は、1995年のアメリカ合衆国のパニック映画。監督はロン・ハワード、出演はトム・ハンクスとケヴィン・ベーコンなど。上映時間約140分。アポロ13号爆発事故の実話に基づく作品で、ジム・ラヴェルのノンフィクション”Lost Moon”を原作としている。

詳細・レビューを見る

 

『ファースト・マン』

『ファースト・マン』(原題: First Man)は、2018年のアメリカ合衆国の伝記映画。

詳細・レビューを見る

 

『ガガーリン 世界を変えた108分』

『ガガーリン 世界を変えた108分』(ガガーリンせかいをかえたひゃくはっぷん、原題:Гагарин. Первый в космосе、英題:Gagarin: First in Space)は2013年のロシアの伝記映画。ソビエト連邦(当時)の宇宙飛行士、ユーリイ・ガガーリンの人生を描いている。

詳細・レビューを見る

 

オブリビオン』

『オブリビオン』(Oblivion)は、ジョセフ・コシンスキー監督による2013年のアメリカ合衆国のSFスリラー映画。コシンスキーがアルヴィド・ネルソンと共同で執筆し、ラディカル・コミックスが編集した未発表の同名グラフィックノベルを原作としている。

詳細・レビューを見る

 

『ライフ』

『ライフ』(Life)は、2017年にアメリカ合衆国で公開されたSF映画である。

詳細・レビューを見る

 

『ドリーム』

『ドリーム』(原題: Hidden Figures)は、2016年にアメリカ合衆国で公開された伝記映画である。ただし、史実との相違点も多い。

詳細・レビューを見る

 

『E.T.』

『E.T.』(イーティー、E.T. The Extra-Terrestrial)は、1982年公開のアメリカ合衆国のSF映画。ならびに、同作品に登場する、架空の地球外生命体の名称である。

詳細・レビューを見る

 

『アド・アストラ』

『アド・アストラ』(原題:Ad Astra)は、ジェームズ・グレイ監督による2019年のアメリカ合衆国のエピック・SF・スリラー映画である。プロデューサー兼任のブラッド・ピットの他、トミー・リー・ジョーンズ、ルース・ネッガ、ドナルド・サザーランドが出演する。

詳細・レビューを見る

 

プロメテウス』

『プロメテウス』(Prometheus)は、リドリー・スコット監督による2012年公開のSF映画である。

詳細・レビューを見る

 

『2001年宇宙の旅』

『2001年宇宙の旅』(にせんいちねんうちゅうのたび、原題:2001: A Space Odyssey)は、アーサー・C・クラークとスタンリー・キューブリックのアイデアをまとめたストーリーに基いて製作された、SF映画およびSF小説である。

詳細・レビューを見る

 

『スペース カウボーイ』

『スペース カウボーイ』(原題:Space Cowboys)は、2000年にワーナー・ブラザースで製作されたアメリカ映画。クリント・イーストウッド主演・監督・製作。

詳細・レビューを見る

 

『未知との遭遇』

『未知との遭遇』(みちとのそうぐう、Close Encounters of the Third Kind)は、1977年に公開されたアメリカ映画である。世界各地で発生するUFO遭遇事件と、最後に果たされる人類と宇宙人のコンタクトを描いた。

詳細・レビューを見る

 

『スペースウォーカー』

まずおさらいしよう。米ソで行われたこの星の『宇宙開発競争』はまずソ連の人工衛星『スプートニク1号』の打ち上げ成功から始まった。

詳細・レビューを見る

 

 

SNSでは映画クイズや最新鑑賞映画の感想も投稿しているよ!

運営者

その他のジャンル別ランキング

『感動・涙腺』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『衝撃・壮絶』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『教訓』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『実話・実録』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『音楽・BGM』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

年表で見る人類の歴史と映画一覧

ここでは、人類の歴史と共に、その時代に関係する映画を紹介しています。主に実話をベースに載せていますが、中にはフィクションもあります。時代背景がしっかりしているフィクションはリスト入りしているわけです。

 

[宇宙誕生~紀元前500年編]年表で見る人類の歴史(世界史・日本史)と映画・漫画・小説一覧 [紀元前500年編~紀元後編]年表で見る人類の歴史(世界史・日本史)と映画・漫画・小説一覧 [紀元後~800年編]年表で見る人類の歴史(世界史・日本史)と映画・漫画・小説一覧