Contents|目次

『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』 レビュー(感想)と考察

『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』

ポスター画像出典:『ヤフー映画

 

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

『レビュー(感想)と考察』

ティム・バートンが監督を打診された時期もあり、その時にはジョニー・デップがオラフ伯爵を演じる予定だったという。ここではジムキャリーになっている。確かに、それでも案外はまり役になるイメージが浮かぶ。つかみどころがない奇抜で狡猾で諦めの悪い妙な男だから、ジムキャリーでもいいしジョニー・デップでもいい。

 

ジムキャリーの場合は少しコメディ要素が増えて不気味シリアス要素が減るから、もしかしたら全体の様子を見るとジョニー・デップの様が良かったかもしれない。

 

この伯爵に終始子供たちが振り回されるシナリオなので、『世にも不幸な』というこの奇妙なタイトルとの一致性を引き上げるためにも、ティムバートンがもっと不思議な世界に作りこんだらもっと面白かったかもしれない。

 

 

『この映画のジャンル』

 

 

『その他映画コンテンツ』

この世に映画はいくつある?その中でどの映画を観ればいいの?

大好きになる『映画』を探そう!(全3000作品)

映画に関するクイズ

 

PickupMovie

約3000作品の映画がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる映画に出逢えるかも(*´ω`*)!?

Movie.AI

『悪の法則』 レビュー(感想)と考察 『L.A. ギャング ストーリー』 レビュー(感想)と考察 『アントマン』レビュー(感想)と考察

 

Sns

映画のTwitterアカウントでは新作映画のレビューなどを投稿しています。

SNS