Contents|目次

『ローグアサシン』 レビュー(感想)と考察

『ローグアサシン』

ポスター画像出典:『ヤフー映画

 

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

『レビュー(感想)と考察』

日本人と日本要素が洋画に出ているとB級作品を観た気分になる。それは『海外の日本のイメージ』を押し出さられることが多いからだ。間違った日本語や、ちょうちん、だるま、看板、カタカナ、寺、寿司、忍者など、常に偏った日本要素ばかり押し出され、往々にしてそれがメッキだからである。

 

だから、映画監督のJ・J・エイブラムスが日本の映画館鑑賞者向けに発信したメッセージの中で『ドモ、アリガトォ』ではなく、『ありがとう!』という正しい日本語のイントネーションで喋った時、たったそれだけで『本物志向』という印象を得た。

 

このローグアサシンは世界的ヒットとは言えない。だが、ジェイソンステイサムのその他の映画はたくさんヒットしている。そこに日本の要素は見られない。

 

『世界でウケる為に、別に日本要素に真剣に触れる必要はない』

 

そう感じられる。だが、世界で真剣に戦う石橋凌の姿は、とても凛々しく映っていた。そこで、今彼の事を調べたら、彼の尊敬する偉大な先輩に、松田優作がいるという。彼は松田から厳しい演技指導を受け、俳優としての道を確固たるものにしていった。納得である。腑に落ちた。

 

 

 

『この映画のジャンル』

アウトロー、意外

 

『その他映画コンテンツ』