『ヒト』を最適化しよう。

孔子『克己ある一日を生きる。たったそれだけのことが、この世界に重要な意味をもたらす。』(超訳)

儒教の始祖 孔子画像

内省

かの福沢諭吉は、『一身独立して一国独立す』(個々人が独立自存の道を歩むことによって、はじめて国も独立国家となれるのだ)と説いたが、孔子は2500年も前にこれを説いている。

 

自分一人の行動が、この世界に影響など及ぼすものか。そう考えた人も、多いだろう。正直者は馬鹿を見るというが、自分だけが踏むべき道を踏んで歩く中、ウサギに追い抜かれると、損をした気分になる。そう考えた人が、多いだろう。

 

私は廃棄物処理、リサイクル、リユースの仕事をしていたとき、HPの挨拶にも正直にこう書いていた。

『私は不法投棄に罪を持たない人間だった。自分のゴミのポイ捨てが、どれだけ地球に影響があるものか。地球規模で考えたら、自然を壊して作った家や、排気ガスを排出する車や、CO2を大量に放出する工場こそが、 ”ゴミのポイ捨て”になるだろう。自分のゴミのポイ捨てなど、ここまで膨れ上がった人間の人間本位な欲望に比べたら、塵のような出来事に過ぎない。そう考えていたからだ。私の視野、器は、人としてあまりにも小さすぎた。』

 

孔子は言う。

たった一人でも正しい生き方をすれば、 ”その分だけ確実に”、この世は正しくなる。

 

自分一人の力など、壮大な地球にとって、多くの人間にとって、大した貢献にはならないかもしれない。だが、それはやらない理由にはならない。一人一人の小さな心がけが、大きな気運を、生み出すのだ。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

顔淵第十二-一
顔淵仁を問う。子曰く、一日己に克ちて礼を復めば、天下、仁に帰す。仁をなすは己によりて、人によらんや。

関連する黄金律

『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。』 『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』

孔子に関する他の記事

孔子(Confucius)とはどんな人物か 孔子(論語)の名言・格言一覧