『ナポレオン・ヒルの言葉』を自分のものにしよう!

ナポレオン・ヒルとは(画像

アメリカ作家通称『成功哲学の祖』。ナポレオン・ヒルは、アメリカの自己啓発作家であり教育者です。1883年10月26日生まれで、1970年11月8日まで生きました。成功哲学の祖と言われており、彼がそう呼ばれるようになったのは、世界の鉄鋼王であるアンドリュー・カーネギーへインタビューをしたことでした。無償で20年間500名以上の成功者を研究して、成功哲学を体系化します。この依頼を受けた後に執筆した『思考は現実化する』は、全世界で7,000万部もの売上を記録しました。

 

彼の残した名言として「失敗や逆境には、全てにそれ相応かそれ以上の、大きな利益の種子が含まれる。」というものや「人間に挫折や失敗はつきものだ。問題はそこから教訓と成功の糧を引き出せるかどうか。」というものがあります。失敗しても足を止めないことができるかどうかが重要であるということが、伝わってきます。

メニュー

内省記事一覧