Contents|目次

アインシュタイン『寛容であるということは、他者の行動や気持ちに無関心でいるということではありません。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『寛容であるということは、他者の行動や気持ちに無関心でいるということではありません。そこには理解と共感がなければなりません。最も大切なのは、個人に対する、社会や国家の寛容さです。』

 

多様性

 

例えば、『宗教の多様性』だ。その問題をどうするかが、まずドンと重くのしかかる。それを『援用』した人間(?)が、テロリズムを行って、殺人を繰り広げる。だが、『世界がわかる宗教社会学入門』にはこうある。

宗教には、テロリズムのイメージがある。宗教とテロは関係性が強いのか。これはもちろん誤解で、実際はテロリストが宗教を口実にしているだけ

 

『テロ』を行う人間に、『人間』も『宗教家』もいない。そこにいるのは単なる『テロリスト』なのである。そう考えると、『宗教の多様性』は正当化されるが、しかし同時に、それを正当化しているからこそ、テロリストが現れた事実もある。『事実を援用』し、『曲解』したからだ。

 

ニーチェはこう言い、

 

アメリカの作家、ディキンソンはこう言った。

 

だとしたらここに『多様性』などあっていいのかどうか、首をかしげざるを得ない。しかし『寛容』である為には、これらについて『見て見ぬフリをする』ということも、『シャットアウトする(人間として認めない)』ということもせず、こうして彼らの『動機』について洞察し、相手の立場に立って考えてみることで、そのうえで、『いや、単なるテロリストだ。』とか、『それは聖戦である。』と言った、意見を持つ必要がある。

 

企業が、イスラム圏にビジネスを展開する時、彼らの信仰心をないがしろにしないよう、祈りの時間を確保する発想は、ダイバーシティ(多様性)がある。もっともそこにあるのは『ビジネス』という『利益の確保が狙い』という要素が影響している可能性はあるが、それでも、そうした考え方で、ダイバーシティを意識した世の中を構築する発想は、『必要』である。だが、『重要』かどうかはわからない。

 

しかし、ブッダは言っている。

 

ブッダ

 

『天上天下唯我独尊』だと。それは、この世に自分という存在は、たった一人しかいない、唯一無二の人生を、悔いなく生きるべし、という意味なのである。

 

だとしたら、ダイバーシティが生まれるのは必然である。個々各人がそれを大事にしていけばいい。『個性』だ。だが、その『個性』を大事にした人間の中に、『戦争』に繋がるような、一切の不正行為を、『不正』だと思っていない思想を持って現れる人間がいたらどうだろうか。それも『ダイバーシティの一つ』なのだろうか。『容認』していいのだろうか。ここで言う、『寛容』とは、そんな人間をも認めるということになるのだろうか。

 

戦争

 

百歩譲って、認めるとしよう。しかし、例えばその人物に殺された人間がいたとしたら、その遺族がいる。その遺族は、その人物を許さないだろう。断じて、許すことはできないだろう。それも、ダイバーシティ(多様性)の一つなのだろうか。わかっているのは、見て見ぬフリをすることが寛容ではない、ということだ。

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

エレノア・ルーズベルト『あなたの同意なしに、誰もあなたに劣等感を抱かせることはできない。』 李白『天、我が材を生ずる。必ず用あり。』 フロスト『家とは、あなたが帰らなければならない時に、受け入れてくれる場所である。』

 

関連する『黄金律

『人間が「幸せだ」と言ったのなら、そこにあるのは隠蔽だ。』

同じ人物の名言一覧

アインシュタインの名言・格言一覧