『ヒト』を最適化しよう。

松岡修造『観客は笑っていましたが、人から笑われようが、「アホか」と思われようが、自分にプラスになることなので気にしませんでした。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『プロになったばかりのころ、僕はボレー(ノーバウンドのボールを直接相手のコートに返すショット)が下手でした。でも、とにかく自分で褒めようと思い、ボレーを決めたときは「ナイスボレー、修造!」と叫んでいました。観客は笑っていましたが、人から笑われようが、「アホか」と思われようが、自分にプラスになることなので気にしませんでした。自分で褒めていくうちに、「俺はボレーが上手いんじゃないかな」と自信のようなものが出てきました。やがて成功率が失敗率を上回り、ボレーが上手になりました。』

 

 

この話の肝は、『人からなんと言われるか、どう見られるかを気にしない』ことと、『アファメーション(自己効力感)』と言われる、セルフマネジメント(精神管理)である。そもそも、その『笑う人々』というのは、別に模範的な人生を送っていないだろう。

 

レディー・ガガはこう言い、

 

広告の神、クロード・ホプキンズはこう言ったが、

 

彼らは別に、自分の人生には関係ない人々だ。それにもしかしたら、大した悪意はないかもしれない。『笑われる=馬鹿にされている』わけではないのだ。人目ばかり気にして人生を生きてしまえば、その『決められた範囲』の中に閉じ込められ、身動きが取れなくなって、潜在能力が埋没する恐れがある。

 

(そんなことは一切自分の人生には関係ない)

 

と強く思い込むことで、その殻の中から飛び出すことが出来るのだ。

 

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。』

同じ人物の名言一覧

松岡修造の名言・格言一覧