『ヒト』を最適化しよう。

ヘンリー・ミラー『過去にしがみついて前進するのは、鉄球のついた鎖をひきずって歩くようなものだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

例えば、『ロープ』がある。

 

ロープ

 

このロープの端から端までの間が、『人生』である。途中、『結び目』の様なものがある。それは『未解決問題』だ。未解決のままでも、とりあえず見て見ぬフリが出来るし、前に進める。そういった短絡的な事実から、人は、この『結び目』を放っておくことがある。

 

孔子は言う。

 

ここにも書いた。あるいは『割れ窓理論』とは、『建物の窓が割れているのを放置すると、誰も注意を払っていないという象徴になり、やがて他の窓も間もなく全て壊される』という理論で、戒めである。この『結び目』を放置しておくと、やがて前進に支障をきたすことになる。そこが突っかかって、身動きが取れなくなることがあるのだ。

 

周りの人を見渡すと、紐を手繰り寄せ、前進していく姿が見える。なぜなら彼らは、窓が割れたと思ったら、紐がこんがらがったと思ったら、すぐさまそこを補修、修正、解決していたからだ。

 

それでも自分はその『結び目』を見て見ぬフリをしようとする。隣人に焦り、人にどういわれるかを気にし、見栄と虚勢に支配され、(前進、前進)と呪文のようにつぶやく。しかし、『ツケ』は必ず帰ってくる。

 

ロープ

 

いずれその未解決問題の放置が仇となり、自分の人生の『前進』を、ひどく足引っ張るだろう。『過去にしがみつくな』という言葉は、『過去を隠蔽しろ』という言葉ではない。ここを間違えて思慮を放棄し、なるべく物事を考えないで済む生活スタイルに依存して破綻した人間を、何人見たことだろうか。例えばこの記事に登場する人物たちはどうだ。

 

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。また、Twitter名言アカウントにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『生きるのは過去でも未来でもない。『今』だ。』

同じ人物の名言一覧