『ヒト』を最適化しよう。

フロイト『宗教は、人間一般の強迫神経症である。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

強迫神経症とは、自分の意に反して、不安あるいは不快な考えが浮かんできて、抑えようとしても抑えられない、あるいはそのような考えを打ち消そうとして、無意味な行為を繰り返す。そのような神経に蝕まれている人間のことである。

 

例えば『緊張しい』で、人からどう見られるか、何を言われるかを気にしすぎてしまい、吐き気、頭痛、めまいなどに襲われ、あるいは蕁麻疹が出て、それらの不安を打ち消そうとするために『自傷行為』をしたり、『薬物乱用』をしたり、あるいは『摂食障害』になったりすることがある。またあるいは、極度の潔癖症で、汚れた場所から菌が移されて病気になることを恐れたり、その汚れで人を汚してしまうことを恐れて神経質になったり、人のことを常に疑ってかかったり、どうしても詮索してしまったり、不安で不安で仕方なくなってしまうことがある。

 

彼らはまるで『脅迫』されている。

 

(こうでなければならない。)

 

という、無言のプレッシャー・重圧に押しつぶされそうになっている。それで『気を紛らわす』のだ。映画『ブラック・スワン』の主人公を見れば、そういう人間がどういう心理状況なのか、わかるだろう。

 

 

 

しかし、本当に清潔になったわけではない。

 

by吉行淳之介

 

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『やるべきことがない人間だけが、悩み、憎むのだ。』

同じ人物の名言一覧