Contents|目次

アンドリュー・カーネギー『強烈な願望を抱いた心は、心の中から恐れや疑いや、自分で課した限界を取り除く。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

強烈な願望を抱いた心は、心の中にある恐怖や限界といった闇の部分を凌駕する。それはまるで、この虚無たる混沌の宇宙の闇の中において、今も尚燦然と輝く、太陽の光の様だ。闇を劣位にし、光を優位にする。この考え方は、実は極めて重要な考え方だ。人間にとって最も、と言っても過言ではない。まず見たいのは下記の図。もうこの図一つで、この説明は終わりだが、更にこの話の階層を深くするために、次の内容をぜひとも見る必要がある。

 

天才

画像

 

ダンテは言った。

 

聖書における『ヘブライ人の手紙』には、『父が子供を叱るとき』について、こう書いてある。

『神が自分の聖性を子に与えようとしているのだ』

 

つまり人間には『聖性と魔性』の両面がある。

 

 

 

その内、父が子を叱った場所には『愛(聖性)』が宿り、『魔が刺した』人間には『罪(魔性)』が宿っていることになる。だとしたら、見えて来るのは『聖性を優位にし、魔性を劣位にする』ということで、そこにあるのは、魔性と聖性の真剣勝負である。

 

更に言えば、昨今一部の狂信者が世界を騒がせているが、イスラム教における『ジ・ハード(聖戦)』とは、何も人を惨殺することを許可する、という凶悪な概念ではない。『神の為に奮闘する』ことを意味し、つまり、その『神』というものは、しばしば『愛、真理』と『=』であると考えられるわけで、例えば、『人に裏切られ、殺意を覚えた』というとき、そこに現れるのは間違いなく『魔性の疼き』であるわけだが、しかし、それを聖性の力で劣位にさせよう、という『闘い』こそが、この『ジ・ハード(聖戦)』なのである。

 

では、ここまで考えた時、『闇を劣位にし、光を優位にする』というここで考えられた発想は、どれほどまでに重要な要素として、光り輝いただろうか。

 

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

三木清『個性的な人間ほど嫉妬的ではない。』 ディルタイ『信頼は相手の為に払った犠牲の質と量に比例する。』 森信三『人間には進歩か退歩かのいずれかがあって、その中間はない。現状維持と思うのは、実は退歩している証拠だ。』

 

関連する『黄金律

『思考の力を侮る人間は、人生に敗北する。』

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』

同じ人物の名言一覧

アンドリュー・カーネギーの名言・格言一覧