Contents|目次

萩原朔太郎『懺悔者の背後には美麗な極光がある。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

しかし、その『懺悔する』という行為だけが先行し、『懺悔コーナー』の様なものが教会にあって、そこで罪を告白すれば、神はお許しになる、とかいう、わけのわからない常識が蔓延している事実を考えた時、この言葉の真意は、雲に隠れる。『本当に懺悔する』ことが重要なのだ。懺悔の部屋に入ったり、表層的な儀式を行うだけでは何にもならない。表層的なら、むしろそこに漂うのは『死臭』だ。

 

 

そこにいるのは、血の通った人間ではない。何しろ、『懺悔したフリをして罪を隠蔽する』のだから。そこに『極光(オーロラ)』などない。人間が本当に懺悔したのを見た時、魂が揺り動かされるような、そういう心の衝撃を覚える。あの、心ふるえる感動体験を姿形で表すなら、確かに極光という表現は、相応しい。

 

 

しかし、その極光が『懺悔したフリをしている人』の周囲にも現れるかと言ったら、間違いなくそんなことはない。そしてむしろ、死臭が漂う。彼が蓋をして闇に葬った罪の臭いが辺り一面に漂い、その後行われる可能性のある新たな罪の気配と共に、辺りは闇に覆われる。

 

 

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

シャンフォール『人間の価値はダイヤモンドのそれと同じであって、 大きさ、純粋性、完璧さの一定の範囲内では、値段が固定し、示される。だが、この範囲を超えると値段がつけられず、買い手が決してつかない。』 大佛次郎『自分の生き方さえ求めたら、現実の暮らしよう、生き方は必ずある。』 エラスムス『戦争は戦争を生み、復讐は復讐を招く。これに反し、好意は好意を生み、善行は善行を招く。』

 

関連する『黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』

同じ人物の名言一覧

萩原朔太郎の名言・格言一覧