『ヒト』を最適化しよう。

チェーザレ・ボルジア『私は生きているときに、死以外のあらゆるものに対して備えをしていた。今、私は死なねばならぬ。そして、まだなんの備えもない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

しかしこれはレオナルド・ダヴィンチに言わせれば、

 

ということであり、『生き方』を追及しているつもりが、実はそれは『死に方』だったということがある。だとしたらチェーザレ・ボルジアは『勘違い』しているだけだ。しかし、もし彼が『自分は死なない』、あるいは『死ぬだろうが、私に限ってはそれが無いかもしれない』と思っていたのであれば、それも『勘違い』だ。とにかく『勘違い』しないことが、彼の悩みを解決するカギである。

 

しかしこういう考え方もある。例えば彼が、その高い身分から推測するに、金銀財宝といった『この世で役に立つもの』をたくさん所有していた。地位も名誉もそうだ。大きなお城や、屈強な兵隊たちもそうかもしれない。

 

ダイヤ

 

しかし、それらは全て『この世をなるべくスムーズかつ豪華絢爛に生きていくための手段』であり、準備だった。死んだら全てそれらはこの世に置いていかなければならない。だとしたらとても虚しい。『死んだら全てが無駄になる』ことを、もし本当にその直前に理解したのなら、今まで積み重ねてきた努力や、舐めてきた辛酸、それらのことを考えるだけで、絶望的なショックを思い知ることになるだろう。

 

だが、ネガティブに考える必要はない。『だからこそ』彼はそこまでの地位を築き上げることが出来たのかもしれない。私のような完璧主義者は、

 

(どうせ積み上げても最後に死ぬんなら、最初から積み上げたって無駄だ)

 

として、どこかにブレーキがかかってしまうものである。

 

いいんだ。ポジティブに考えれば。

 

 

ということである。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』