『ヒト』を最適化しよう。

タモリ『友達なんかいなくていいんだよ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

私もタモリがこの発言をするのは何回も見てきている。その発言をする度に『なぜ友達がいらないのか』という理由を説明しないタモリだから、何度かは相手に反論されて首を傾げられ、タモリだけが偏屈なジジイに見えてしまい、終わってしまうこともあった。

 

そういうタモリを見ていて思うのは、単純に生放送だから時間がないということと、『言わなくても理解してほしい』という願いが他人に対してどこかにあって、説明してしまえば、間違いなく高齢であり、名の知れてしまった自分に対し、気を使い、話を合わせ、理解してもいないのに理解したつもりの、エセ理解者が現れてしまうから、そういう人間を見たくないから言わないのだ、という印象を受けた。

 

タモリ友達

 

その証拠に、『話がたまたま合った』という人を見つけた時には、いつもとても嬉しそうにしているのだ。

 

そんなタモリが、『ヨルタモリ』で言ったのはこうだ。

 

友人なんて、いなくてもいいんだ。友人なんていなくても全然やっていける。何をもって友人と定義するかだ。パーッと騒いで、お喋りするぐらいの仲をそう言うのなら、俺にも友人は数えきれないくらいいる。

 

『友達なんかいなくていい』という言葉を短絡的に捉えた人間は、特に30代以下の人間によく見られたが、必ず皆、首をかしげていた。しかし、年齢を重ねてくるとタモリの言葉の意味を理解してくるようになり、深い言葉なのだと思って、慎重にタモリの意見を聞く人が見受けられるようになる。その首をかしげた人間らは、タモリが言う『友達』の意味をよく理解していないのである。本当の、真の理解者であり、真友。それこそが友達であり、その他の人々は、単なる『顔見知り』なのだ。

 

キリストよりも100年も前に息をしていた共和制ローマの哲学者、キケロは言った。

 

太陽

 

つまり、多くの人間は、キケロの言うように『友情に依存』してしまっていて、だからタモリの意見に首をかしげるわけだが、タモリは、『依存するな』と自立を促しているのであり、『依存すると、友でない人間を友だと思い込み、結果傷つくだけだ』と、暗に助言をしているのである。

 

小説家、小林多喜二は言った。

 

本当の友達というものは、そういないのだ。最初からそう初期設定しておくことで、過度に期待したり、裏切られてショックを受けることも無い。

 

美輪明宏は言った。

 

タモリの様に、複雑な人間関係を持って生まれた人間の発想として、これは、ごく自然なものなのである。

 

また、もう一つ書き加えることがある。タモリはよくテレフォンショッキングで、

 

最近の学生は、トイレで一人で弁当を食べるらしい。一人で食事をしているところを見られたくないんだ。

 

と言っていた。つまりタモリの頭の中には『最近の若者が、友達がいないことが恥だと思っている』という考え方があるわけだ。それを考えると、この言葉はそんな若者たちに向けてのメッセージだとも言えるだろう。

 

友達なんかいなくていいんだ。それは決して恥ずかしいことじゃないんだ。そもそもが、本当の友人なんてめったにいないんだ。楽しそうに見える連中も、必ずしも強い絆で結ばれているわけじゃないんだ。だから堂々と弁当を一人で食って、胸を張ってたった一度の自分の人生を生きていこうや!

 

そういうメタメッセージ(暗にこめられているメッセージ)が、タモリのこの言葉から聞こえてくるのである。

 

追記:

ちなみにタモリは『ビストロスマップ』の最終回でもこの言葉を言った。そして、ビストロスマップ支配人の中居正広に、

 

中居正広

あの黄色いのは友達ですか?

 

と聞かれると、嬉しそうに、

 

友達!

タモリ

 

と言った。

 

SMAPの黄色。それはもちろん、草彅剛である。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『本当の友人とは。』

同じ人物の名言一覧

タモリの名言・格言一覧