『ヒト』を最適化しよう。

高橋是清『どんな失敗をしても、窮地に陥っても、自分にはいつか強い運が向いてくるものだと気楽に構え、前向きに努力した。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

昭和恐慌に苦しむ日本経済を再建させた高橋是清は、奴隷として売買される経歴も持つ。のちの東大となる大学南校で教鞭をとることもあれば、芸者の三味線を運ぶ持ち屋にまでおちぶれることもあった。そして最後は、一国の首相だ。だが、2.26事件で暗殺された。まさに、転んでは起き、起きては転びの一生だった。

 

そんな高橋是清の生涯を通して学べることは、『人生には、一喜一憂しかない』ということ。人間なんて最初から、どうせ死ぬのに生まれてきてしまう数奇な運命だ。出来ることなど限られている。喜ぶべき時には大いに喜んで、嘆くときには大いに嘆く。それが人の、一生なのだ。やれることはやれる。やれないことはやれない。高橋是清の人生とは、そんな『人生』を、全うした。そういう人生だったのではないだろうか。

 

人生

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』 『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。』 『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。』

同じ人物の名言一覧