『後悔したくない方』はこちら

シャンフォール『結婚は良識のある者にしか世間から受け容れられない。人の興味を惹くのは人目を惹くバカげた結婚だけであって、あとのはすべてさもしい打算である。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

後半の、『人の興味を惹くのは、人目を惹く馬鹿げた結婚』ということならわかる。クリスチャンでもないのにキリスト教の教会で牧師をつけて挙式をし、最新のウェディングソングをかけて、悦に入りながらレッドカーペットを歩き、豪華な有名人等を呼んで、盛大なパーティを開く様子は、確かに一見すると、とても豪華絢爛であり、とても充実している。

 

 

しかし、その様な式を開くカップルが早々に離婚する、という事実を何度も目の当たりにしていくうちに、彼ら、彼女らにあったのが『さもしい打算』であったことが垣間見えてくるのである。しかし、この前半部分の、『良識のある者にしか世間から受け容れられない。』というのはどういうことだろうか。あまり日本語になっていないような印象がある。わかりづらい。訳した人間のミスか、シャンフォールがあまり賢くはないということだ。これだと、『世間から受け容れられなければ、離婚してしまう』とか、そういう印象を得るわけだが、その話はあまり意味が通じない。

 

アインシュタインは言った。

 

追記:

当時の時代背景が何かしらの関係していると考えれば、つじつまは合う。そもそも言葉を断片的に抜き取っているのはこちらなのである。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『簡潔、単純、シンプルが知性だ。』

同じ人物の名言一覧

シャンフォールの名言・格言一覧