『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

サルトル『悲しむことはない。今の状態で何ができるかを考えて、ベストを尽くすことだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

牧師、フォスディックは言った。

 

我々は最初から、『切れる』運命なのだ。ボールペンもインクが切れたら捨てるだろう。車やパソコンだって耐用年数が切れたら、壊れて捨てるしかない。

 

パソコン

 

フランスの初代大統領、シャルル・ド・ゴールは言った。

 

人生は必ず終わる。だが、だからといってそれがくよくよと下を向く理由にはならない。『だとしたら』、何が出来るかを考え抜くはずだ。終わらない人生で、あまりこういうことは考えようとは思わない。それに、人生は終わるが、『命』は繋げられる。もし、何らかの事情で子孫を遺せない人がいても、『血』ではなく、『知』を遺すことは出来る。『知』が残るという事は、『意志』が残るという事。それはつまり、『血』と同じだ。『命』と同じなのだ。

 

ドイツの小説家、トーマス・マンは言った。

 

儚く虚しいこの一生に打ちひしがれることはない。それは最初から決まっていたことなのだ。そしてトーマス・マンの言うように、『儚いからこそ、尊い』のだ。真夏の夜空に打ちあがる大花火が、もし毎日打ちあがっていたとしたら、人は本当に浴衣を着て楽しそうに空を見上げるだろうか。『儚いからこそ、尊い』のだ。そう悟れば、儚く虚しく無意味だと思ったこの人生に、尊い意義を見出すことができるだろう。

 

大花火

 

 

関連リンク:ジンベエ『失った物ばかり数えるな!!! お前にまだ 残っておるものは何じゃ!!!』ルフィ『仲間がいる゛よ!!!!』

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『それは『行き止まり』ではない。ただの『曲がり角』だ。』

同じ人物の名言一覧