Contents|目次

芥川龍之介『阿呆はいつも、彼以外の者を阿呆であると信じている。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

カエサルは言った。

 

自分以外の人間が、自分以下だと思うことで得られる恩恵、メリットから先に考えるとわかるが、それで得られる恩恵は、優越感に他ならない。あるいは言い方を変えると、襲い来る劣等感という恐怖の闇の波を防ぐための、自己防衛だ。

 

例えば、『レッドクリフ(赤壁の戦い)』における、ある一コマで考えてみる。曹操軍の遣いが、旧友である周瑜に近づき、情報を盗もうと企んだ。周瑜は、久しぶりの旧友との再会に喜んだフリをして、酒を飲み、酔っ払い、偽の情報をさも『機密情報』かのように仕立て上げ、酔いつぶれてやむを得ず盗まれてしまった、という状況を故意に作り上げた。メタの世界』を操ったのである。

 

旧友が周瑜に騙されたのは、まさしく冒頭に書いた人間心理が深く関わっている。劣等感に陥りたくなかったし、優越感に浸りたかった。その人間の弱点たる『心の隙』を見極め、騙されたふりをしてうつけを演じ、逆に相手を操作した周瑜は、天才軍師の名に恥じない、策士であった。

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

フジ子・ヘミング名言・格言一覧 フロスト『1日8時間、誠実に働け。そうすればようやく人を使う立場になり、1日12時間働くことになる。』 鈴木敏文『顧客は常に新しいものを求める。これはわかりきったことのようにも思えます。でも我々は、いったん売り手の側に回ると、顧客の心理を忘れて、過去の経験をもとに同じことを繰り返してしまう。』

 

関連する『黄金律

『この世に価値のない人間などいない。いるのは価値がわからない人間だけだ。』

『知者?無知者?自分が振る舞っている人格はどっちだ。』

同じ人物の名言一覧

芥川龍之介の名言・格言一覧