Contents|目次

芥川龍之介『他を嘲る者は、同時にまた他に嘲られることを恐れるものである。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『嘲る(あざける)』というのは、嘲笑う、嘲笑するという意味だ。人を嘲笑い、揶揄して批判し、見下す様な態度を取る。確かに、私の周りにも『無駄に』そうする人間がいたことが、強い記憶として残っている。何しろ彼は、私の資産を横領して逃げたのだ。なぜ、彼はそんなことをしなければならなかったのか。私は、別に命に支障はないし、かつて悪童だったこともあり、私が思い浮かぶ『落とし前』の付け方は、堅気となった今、やるべきではないと考えて、彼を見逃すことにした。

 

つまり、極端なのだ。私の落とし前の付け方は、ここには書けないような内容である。しかし、それをしたら、せっかく堅気として働いていることが全て無駄になる。そんな落とし前は、堅気じゃなくなった時にいつでも出来るのだから、そう考えると逆に彼が哀れになってきたのだ。何しろ、彼は、私の仕事が永久に順調であることを願い続けなければならない。私の仕事が終わることはすなわち、私の人生の生き方が変わるということだ。それがどういうことかは、想像に任せる。とにかく『横領された』のは私なのだから、私には権利があり、しかし、それを行使しないと言っているのだから、そこに彼への愛情を垣間見てもらいたいものである。

 

さて、彼は思い返すと、芥川の言う様な人間だった。自分が何か真面目な事を喋った後は、必ずチラチラとこちらの表情を伺い、心底の声で話をせず、常に人からなんと言われるか、どう見られるかを気にしているような、臆病な人間だった。そして、それを悟られまいとして見栄と虚勢を張り、人を揶揄して蹴落として、自分の評価を上げる、という最も低俗な手段に甘んじて、自己満足していたようだった。

 

パスカルはこう言い、

 

ルターはこう言い、

 

ソクラテスは、

ソクラテス

 

こう言ったが、『プラチナ資格』を取得して天狗になった彼が必要なのは、智恵と知性である。

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

D・H・ローレンス『将来のことを考えていると憂鬱になったので、そんなことはやめてマーマレードを作ることにした。オレンジを刻んだり、床を磨いたりするうちに、気分が明るくなっていくのには全くびっくりする。』 ジョージ・エリオット『悪魔が私たちを誘惑するのではない。私たちが悪魔を誘惑するのだ。』 ジョン・スチュアート・ミル『国家の価値は、結局国家を組織する人民の価値である。』

 

関連する『黄金律

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』

『この世に価値のない人間などいない。いるのは価値がわからない人間だけだ。』

同じ人物の名言一覧

芥川龍之介の名言・格言一覧