『ヒト』を最適化しよう。

黒田官兵衛『武将の家に生まれたからには、しばらくも武の道を忘れてはならぬ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『たとえ世の中が治まったとしても、大将たる者が武を忘れたならば、軍法がすたり、家中の侍たちも自然と心が柔弱となり、武道の嗜みなく、武芸も怠り、武具も不足し、塵に埋もれ、弓槍の柄(え)は虫の住みかとなり、鉄砲は錆び腐って、役に立たなくなる。軍法も定まっていないから、もし兵乱が起こった場合には、どうしたならばよかろうと、驚き騒ぎ、喉がかわいてから井戸を掘るようなことになろう。武将の家に生まれたからには、しばらくも武の道を忘れてはならぬ。』

 

火は燃える。だが、いずれ消える。燃える物がなくなれば、消えるのが火だ。だとしたら『武の道』とはなんだ。そうだ。『燃え続けること』。それが『武の道』である。一度怠ければ火は消えるだろう。そう考えたとき、

 

(面倒だなあ。一生燃やし続けなければならないなんて。)

 

と思った人は、諦めた方が良い。『人生を生きることを』だ。

 

宗教家、御木徳近は言った。

 

『人生』とは、『命』である。『命を燃やし続ける間』が、人生なのだ。武の道は、それを忘れさせない人間にとってのパートナーであり、教師であり、道標である。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。』

同じ人物の名言一覧

黒田官兵衛の名言・格言一覧