『後悔したくない方』はこちら

グラッペ『女は深く見、男は遠くを見る。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

私はこれらのテーマについて考えるとき、『階段を登ることに使命を覚えるのが男』で『”踊り場”の休息に生きがいを感じるのが女』、だという風に表現してきている。そう考えると、グラッペのこの言葉の意味とリンクする為、理解度がぐっと深まる。

 

男は正直、女のガールズトークなどどうでもいい。女が、何を喋ったか、どこからのソース(情報元)だか知らないが、喋りたいことをぺちゃくちゃ喋るという会に、価値を見いだせない。女も同じだ。男のわけのわからないコレクションも、仕事優先の考え方も嫌だ。無駄な物に金を使って、仕事の為に家族をないがしろにするなど、本末転倒。もっと大事にするべきお金と時間の使い方があるはずだと考える。

 

私はこう言う事にしている。

『男よ。女が時間を止めてくれるから、人生が充実するのだ。女よ。男がいつまでも階段の上を見ているから、人生が充実するのだ。つまるところ、男女とは凸凹。その凸凹の文字通り、お互いが未熟で、未完成。だからそれに対してお互いが文句を言うのは間違いで、むしろ協力し合い、補い合い、一心同体となり、□という完成系にすることが求められているのだ。』

 

男女

 

『ソクラテス・イエス・ブッダ 三賢人の言葉、そして生涯』にはこうある。

喜劇作家であるアリストパネスは演説でこう言った。

『かつて人間は二つの肉体が背中合わせとなった存在であった。』

一体となっている二つの肉体のどちらも男である場合、どちらも女である場合、そして男と女である場合(両性具有=アンドロギュロス)があった。残念なことに、ゼウスの決定により、彼らの肉体は二つに分断された。それ以来、私たちは分離されてしまった片割れを求めている元の肉体の組み合わせにより、求める片割れは男もしくは女である。アリストパネスによると、この探究こそが私たちが愛と呼ぶものである。愛とは、失われた原初の結合を回復しようとする欲求である。愛によって自分と一体であるべき片割れを見つけ出し、私たちの本来の姿を完全に回復できた時、私たちは最高の幸せを手に入れることが出来る。

 

実にロマンチックな考え方だが、そう考えることに、罪などない。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『愛があれば全ては解決する。』