名言を自分のものにする

広告

 

>  >  >

 

佐藤一斎 名言/格言

佐藤一斎

 

佐藤一斎とは(画像

日本儒学者。生誕1772年。佐藤一斎は、1772年に岩村藩の家老の次男として江戸で生まれました。幕府の直属機関である昌平坂学問所で学を修め、のちには塾長を務めます。儒学の大成者として尊敬を集める一方で、陽明学にまで及ぶ幅広い見識から「朱子陰王」とも呼ばれました。教え子には、幕末に活躍した佐久間象山や渡辺崋山などの知識人がおり、門下生は3000人にも及ぶと言われています。時間に厳しく厳格な性格で知られ、常に時計を持ち歩いていたという逸話も有名です。

 

西郷隆盛が愛読したと言われる『言志四録』は彼の後半生40年余りに渡って書かれた随想で、リーダーのための指針の書として現在に至るまで読み継がれています。「春風を以て人に接し、秋霜を以て自ら慎む」とはその書からの言葉で、自分に厳しく人には優しくすべしという趣意は、今の世にも通じる格言となっています。

 

 

スポンサーリンク

 

佐藤一斎の言葉

 

『春風をもって人に接し、秋霜をもって自ら慎む。』

 

カテゴリー:人生/生死

山本五十六は言った。『自らを処する厳、他を処する寛。』当社でも常々、『内外の寛厳のギャップを肝に銘じよ』という指示を部下にしている。

>>続きを見る

 

『少にして学べば、壮にして成すあり。壮にして学べば、老いて衰えず。老いて学べば、死して朽ちず。』

 

カテゴリー:人生/生死

若い頃から学ぶことが出来れば、後になって大きなアドバンテージ(有利性)を得るだろう。

>>続きを見る

 

『少年のときはまさに老成の工夫を著すべし、老成のときはまさに少年の志気を存すべし。』

 

カテゴリー:人生/生死

若い時に大人になろうとし、歳を取ったら若くあろうとする。これは正直、『無い物ねだり』であり、欲と執着に心を支配された、醜い人間の心の動きである。

>>続きを見る

 

『一灯をさげて暗夜を行く。暗夜を憂うなかれ、一灯を頼め。』

 

カテゴリー:人生/生死

暗い、暗い、この虚無たる儚い人生の闇の中、答えなどあるのか。正しい方向などあるのか。多様性が広がっていることは分かるが、それを一つずつ容認することで自然発生する、他の要素との軋轢や、衝突や、奪い合い。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP